Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/101-d9796637

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

井川式 第07回 「井川式・ニコマス、ノベマス架空戦記での配役」

当コラムをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか? 井川KPです。



たまにはニコマスとか動画の話をしてみます。これでも一応、動画作ってるPですのでね。

野球オンリーの芸風から、ノベマス・架空戦記方面に手を出して(これ書いてる時点で)早くも4年半の月日が経過しました。自分も07年当時はぴっちぴちな18歳の大学生だったんですけどねえ……。

まぁそんな話はどうでも良いんですが、ノベマスや戦記を作る人も作らない人も「この作品でノベ架空やったら、どんな配役になるだろうか」っていう、ただの『妄想』ですが、経験は誰しもあるんじゃないかと思います。

妄想ならいくらやってもタダですし、作らなくても別に何ら問題は無いわけですからね。

しかし、この配役っていうのはかなりのくせ者です。ノベ架空の製作者が毎回悩む要素だったりします。定番・鉄板のような配役をするのか、奇をてらったような奇抜な配役にするのか……。


と、言うわけで今回は、私自身が考える、架空戦記での配役についてコラムをつづっていきます。なお、今回は短かめの内容ですよ。


配役を進める場合、アイドル → 配役するキャラ というような形から入ると思います。

例えば、RPG物を題材にする場合だと、春香 → 主人公。千早 → クールなキャラ。やよい → マスコットっぽいキャラ。

……と、いった感じで当てはめるかと思います。いわゆる定番とか鉄板のやり方です。最もオーソドックスであり、少し面白味には欠けますが、癖がないやり方です。


他の方法としては、アイドルと配役するキャラ同士の『特徴・共通点』を見出した上で配役する方法です。

伊織を中の人繋がりで配役したり、律子をメガネ繋がりでメガネキャラにするとかそんな感じです。これも癖がない配役ですね。


ここまでやってどうしても決まらない配役があれば、全く共通点もないのに無理矢理配役させる……言わば、製作者の好みの配役という手段があります。

美希がくそ真面目なキャラ、あずささんが腹黒いキャラ……と言った感じで。


私の知る限りでは、この3つが一般的なように思えますが、最後のヤツはあまりオススメ出来ません。

配役に無理があるように見られますし、何より配役が決まらなかった感が出るのが否めません。



そこで、その配役問題を解決させることが出来るかもしれない、私自身がやっている、ある方法を書きつづらせて頂きます。

その配役方法とは、配役するキャラ → アイドル というように、最初の配役方法とは逆に考えるやり方です。

簡単に言えば、配役させる側の作品のキャラをアイマスにするなら……と言う感じで考えるんですよ。



一見、アイドル → 配役するキャラ の方法と、変わらないのではないかと思いますが、実はこれが解決のきっかけになったりするんですよ。

例えば、これも私の妄想のネタなんですが『アイドルをドラクエ5のモンスターに配役してみた』というのがあります。

ほとんどの人が「そんなの出来るかー!」って声を揃えて言いそうな気がします。(笑)


それでも、ある程度のキャラは配役が決まって行きそうですが、例えば水谷絵理はどのモンスターに配役しようか……と、行き詰まったとしましょう。

水谷絵理の性格が当てはまりそうなモンスターって、普通に考えると中々考えられないと思います。

ではここで、モンスター → 水谷絵理 で考えてみましょう。

臆病ながらポテンシャルは高く、体力は少なめである。こう考えていると、あるキャラが絵理に近いことに思い当たります。



は  ぐ  れ  メ  タ  ル (井川式観測眼で)



モンスターっぽい絵理を考えるのではなく、「絵理っぽいモンスター」を考えた結果です。

私の妄想に過ぎないのですが、配役することが出来ました。


この配役方法でなら、癖がありながらそこそこしっくりいく配役にすることが出来ますし、何よりアイドルのキャラ・性格を考慮しての配役に(結果的に)なるので、キャラ崩壊を最小限にとどめることも出来るわけなんですよ。

実際、私は過去の作品では、極力アイドルのキャラを崩壊させないようにしていましたが、この配役方法を用いたからこそ、成すことの出来たことじゃないかと思っています。

妄想をするのはタダですから、「アイマスと○○をくっつけたら配役はこうなる」というのは、いくらでもやって良いでしょう。それで製作まで着手出来たら最高ですけどね。(笑)


それでは第07回は終了です。次回は『モバマス・グリマスのキャラでこんなゲームを考えてみた(タイトルは内緒)』について書きます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/101-d9796637

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。