Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/113-87087d3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

菊地真誕生祭特別企画 「真派座談会」

8月29日、季節の色が徐々に夏から秋へと移りゆくこの日に、菊地真は誕生日を迎えます。……というフレーズから記事を始めるつもりが、諸般の事情により誕生祭から一ヶ月近くが経ち、完全に秋になろうとするこの時期にお届けすることになってしまいました。まずはそれをお詫びしたいと思います。

さて、舞台の上では王子のように凛々しく、一方で仲間やプロデューサーの前では等身大の少女としての姿を見せる菊地真。彼女の持つ魅力に惹かれる人は多いと思います。
今回はそんな真派のプロデューサーの中から、きゃのんP、井川KP、2960Pをお招きし、編集部からは私ハバネロPも加わり、「菊地真というアイドル」について存分に語り合う運びとなりました。
時には「めんどくさい」とまで言われる真派プロデューサー、通称「真士」たち。その思いの丈を感じ取って頂ければと思います。

(text and interview by ハバネロP)




完全に一目惚れでした 
―2960P



MBF.jpg
きゃのんPによる『My Best Friend(真制服ver)』のワンシーン。
この一撃にやられた結果真派になったPも数多いのではないだろうか。
はい死んだ、今僕死んだよ!


ハバネロP 本日はお集まり頂いてありがとうございます。まずは、最初に真というキャラクターのどこが気に入ったか、という話をお聞きしたいなと思います。ここはデビュー順にきゃのんPから。

きゃのんP 私の場合はアーケードの最初の稼働からずっとやっているのですが、一言で言うと、やっぱり自分の好みにどストライクだったというのがありますね。その昔、ときメモの清川さんに惹かれて、ずっとそういったボーイッシュな女の子が好みだったので、最初に見た真がホントに自分の好み通りだったという……。
 プレイを進めていくにしたがって性格的にも「あ、これはいいな」というのがあってですね。そこからズルズルと今に至っています(笑)

ハバネロP じゃあKPはどうかな?

井川KP こういう場で「デビュー順に」と言われて二番目になったの初めて(笑)

(一同笑)

井川KP 確かに、最初に見て「あ、ボーイッシュキャラか。いいな」って思ったんですけど、最初はそこまで(真に対して)一生懸命じゃなかった、っていうのがあるんですよ。よくあるボーイッシュキャラって言うたら、一人称はボクで、外見がちょっと女の子っぽかったりとか、真みたいに極端な見た目じゃないと思うんですよ。

ハバネロP あー、なるほどなるほど。

きゃのんP うんうん。

井川KP でしょ?あるいは、女の子っぽい見た目だけど結構中身は快活といいますか、悪い言い方をしてしまうと、ちょびっとだけガサツな面があるっていうのが多かったと思うんですよ。でも真ってその逆を行ってるようなキャラクターだと思うんです。
 「見た目は結構どストレートにボーイッシュだな」と思ったのに、「中身は女の子っぽくっていうのを目指してるのか、珍しいタイプやな」と思いましたね。その後ぐらいにきゃのんPが上げていたPVに、すっかり心奪われてしまいまして。それを見てXbox360と箱版のアイドルマスターを購入しまして、後はもうゲームを実際にプレイして、「この子可愛いわ」っていうのが馴れ初めですかね。

ハバネロP やはりボーイッシュさが惹きつけられる要因になっている人は多いですよね。デビュー順だから、ここで僕の話をさせてもらうと、僕もそうでした。

2960P あ、俺最後になるのか(笑)

ハバネロP 最後ですね(笑)

2960P はい。

ハバネロP 僕の場合はホントにニコニコがきっかけで。これはニコマスを最初に見たきっかけ、ということでよく言っているんですけど、07年の真誕生祭の時に「まこにゃんダンス」が上がりましたよね?

きゃのんP あー、あったねえ。

ハバネロP あれがランキングの一位にたまたま入っていて。なんかエライ可愛らしいキャラが居るけど、コレ何のキャラかな、と。僕は当時アイマスの存在は知っていたんだけども、そこまで興味って無かったんですよ。でも、そこでまこにゃんダンスで興味を持って、ニコニコでアイマス動画がいっぱい上がっているから真を中心に見ていくか、ってなったときにKPのコミュ動画に行き当たって。

井川KP あー。

ハバネロP で、それを全部見て、そこからきゃのんPが上げていたノーマルPVや他のダンスPVも見まくっていつの間にやらこんな感じに(笑) だいたいひと通り見終えた翌日にはMASTER ARTIST 04を買いに行きましたね。

きゃのんP おお、素晴らしい(笑)

ハバネロP 入ったのは見た目からですけど、キャラクターに触れていく中で、内面がすごく真っ直ぐで好感の持てるキャラだというのもあって、凄く好きになってしまいました。

井川KP なるほどな。07年の真派ってやっぱり俺ときゃのんPの影響で……

きゃのんP だいたいどっちかだよね(笑) きっかけって言ったら。

ハバネロP そこで、比較的新しく入ってきた2960さんはどうなのかな。

2960P 新しい、つっても三年前ですよもう(笑) 10年デビューですし。

井川KP 立派なベテランっすよ。

2960P いやとんでもない。立派な大先輩に囲まれとるわこれ、どうしよう(笑)
えっとね、やっぱり見た目からになるのかな?完全に一目惚れでした。友達の家に遊びに行って、「お前コレ知ってる?」みたいな感じで見せられたのがニコマスだったんですよ。当時の16歳トリオの洋楽コラボPVだったと思うんですけど、それを見せられて、そこにいたわけですよ。で、「なんだこの子可愛いぞ」って思って、その場では「へー、こんなんあるんだね」くらいで済ましていたんですけど、まあ帰ってからガンガン調べますよね。

(一同笑)

2960P で、「あーなるほどね」って感じになって、そこからニコマスにドハマりして、当時は富竹さん(狡猾全裸富竹P)の『恋のビッグバンド』、あとはわかむらさんの『where to begin』、もう消されちゃったけど(カイザートPの)『Fish Fight!』とか、あの辺が大流行りしていて、その全部に真が出てるから、「この子可愛いしカッコイイぞ」ってなって。もうそこからズルズルとハマってしまいましてね。

井川KP なるほど。

2960P ゲームで最初に手を付けたのはSPかな。ちょうどいい機会だと思ってPSP本体ごと購入しました。

井川KP アイマスやる人ってハード本体ごと買うところから始まる人多いっすね。

ハバネロP 僕もPSPはアイマスのために買いましたからね。

きゃのんP 箱もPSPもPS3も皆専用機ですがなにか?(笑)

井川KP あれ、俺がいるぞ(笑)





「真はこんなに可愛いんだぞ、男とか言ってる奴はそこら辺に土下座しろ」というところを、表情を通して見せたかった
――きゃのんP

真を見てるのは俺だけでいい
――2960P


2960_vrf.jpg
VRF’11にて披露された2960Pのステージ動画からのワンカット。
あえて焦点を外した映像は、儚さと同時に
どこか理解を拒んでいるかのような印象を抱かせる。



ハバネロP そうして真を好きになった皆さんにとって、菊地真という存在はニコマスP活動のモチベーションにどういう影響を与えていますか?
 まずきゃのんPは最初期から真のノーマルPVを沢山上げてらっしゃるのですが、どんな理由からそれを始められたのでしょうか?

きゃのんP 最初は、アケマス時代からの知り合いにXbox版のアイマスを動画にして見せたい、というのがきっかけだったんですね。私はYouTubeに間借りしている頃のニコニコから入ったので、YouTubeの方に上げてそれを見てもらおうと。
 その後ニコニコが独自にサーバーを持つようになって、ニコニコでいろんなコメントを貰えると、「なんかこれ面白いぞ」って感じになって。で、「やっぱり自分が上げるなら真だよな」ということで、制服の真を上げました。当時ニコニコのほうはかなり画質が悪かったので、高画質のPVはステロク(Stage6)の方に上げていきました。そしたらその素材を使ってMADを作る人も増えて、そういったものを見て連鎖的に上げる本数が増えていったというのが最初の段階でしたね。

※Stage6:動画コーデックでお馴染みのDivX, Inc.が運営していた動画共有サービス。視聴には専用のプレイヤーが必要だったものの、当時存在した同種のサービスの中ではほぼ最高の画質であった為、高画質版のPVや素材置き場として愛用するニコマスPも多かった。しかし、運営コストがかかり過ぎて維持が困難になった為、2008年2月28日付で閉鎖された。ここから素材を調達したニコマスMADには「捨て6からお借りして候」などの表記が残っている。

ハバネロP 僕もそうでしたけど、きゃのんPが上げた素材を使って動画作ったPって少なくないと思うので、その影響はかなり大きいと思うんですよね。
 ここで質問を替えてみようと思うのですが、真というキャラクターにとって、ダンスってストーリー上でも重要な要素になってきますよね。そんな中でダンスPVを作るってことに関して特別な思い入れとかってそういうところってありますか?

2960P ダンスに関しては、そこまでガッツリ考えたことってなくて。完全に動画作成の話になっちゃうんだけど、曲があります、じゃあこの曲に合うBPMのダンスを探します……みたいに合わしてく感じなので、そこまで真本人のダンスに対する思いみたいなのって考えたこと無いな。

ハバネロP なるほど。ではきゃのんPはどうでしょうか?

きゃのんP 御存知の通り私が作る曲って音ゲーの曲がほとんどなんですが、基本的には自分の好きな音ゲー曲で、真に踊らせてバッチリ合うような曲をまず優先的に選ぶわけです。曲を選んで、真が踊っているとすればどんな感じかな、っていうのを頭のなかで色々組み合わせるわけですよ。私の場合はシンクロ合わせるのをかなり重点に置いているもんですから、音楽に合わせて真を踊らせて、気持ちよく見てもらえるようなものを心がけて作っていますね。

ハバネロP それじゃあKPには質問の方向性を変えようかな。KPは真のコミュ動画をいっぱい上げてたよね?僕みたいにニコニコで真を知りました、どんなキャラか知りたいですって場合にはコミュ動画を見た人が結構多いと思うんですよね。ニコマスっていうのは、PVをメインにする訳だけども、その中でコミュ動画を上げていった意図はあるのかな?

井川KP もちろん。当時は普通にコミュ動画がアップロードされている時代だったと思うんやけども、真のコミュ動画は無かったわけですよ。当時ぶたPって人がいましたよね。その人が全キャラのパーフェクトコミュ動画を順次アップロードしていたと思うんですよ。

ハバネロP ありましたね。

井川KP で、当時は真のコミュがまだ上がってなかった。当時、真が出て来たら「何だ男か」みたいなことがいっぱいあったと思うんですよね。だから、コミュ動画を通して「真はこんなに可愛いんだぞ」っていうのをバーンってアピールしたかったというのが大きいね。画質は悪かったけども……。

ハバネロP なるほどなるほど。じゃあまた話をPVの方に持って行くんですが、真の何を一番見せたいと思って動画を作っていますか?

きゃのんP やっぱりまず真の表情ですね。特に無印の真だといわゆる照れ顔とか、キメ顔とか流し目とか、他のキャラに比べて特徴的な表情が多かったじゃないですか。たとえば『My Best Friend』のキラーウインクとか『Here we go!』だと「ちゅっ」とかの表情、ああいうのを如何にダンスの流れで印象付けるか、というのを最初のうちはかなり意図して組んでいたし、それは今もまだ変わってないと思います。
 さっきのKPじゃないけど、「真はこんなに可愛いんだぞ、男とか言ってる奴はそこら辺に土下座しろ」というところを、表情を通して見せたかったってのがありますね。

ハバネロP やっぱり二人共、「可愛い」っていうのを意識して見せていきたいっていうのがあるわけですね。じゃあ今度は2960さんに訊いてみようかな。

2960P なんかこれすっごい緊張するね!

(一同笑)

2960P んーとね、究極の話をします。VerRockFes’11で、僕がベイサイドステージで30分頂いて、対面で律子派座談会にも登場していた94Pがステージやってたんだけど、ホントに極端なこと言うと、あの時「自分の方に誰も視聴者いなくていいや」って思ったんですよ。あのあと某鉄人ブロガーさんが、「フェスって一体になるものなのに完全にそれを拒否している」っていう風に、僕のステージに評価をつけてくださったんです。それを後々考えて、「あ、確かにそうかもしれないな」って思った。
 だいぶ返答としてはズレるんだけど、「真を見てるのは俺だけでいい。可愛いところとかカッコイイところとか、俺だけが知ってればいいや」みたいな感じでやってたので、「全部のお客さんが対面に流れたとしてもいいや」と思ったところはありました。

ハバネロP なるほどね。

2960P だいぶ話がずれたんだけど、動画の話だと、表情とかは大事にしたいと思うけど、いかんせん借り物Pだから上手いこと表情がアップで撮れてなかったりするので、そのへんはそこまで気にしてないかな。

ただ作ってる中で「ここいいんじゃね?」っていうような表情があったら、そこはカメラを寄り気味にするとかはやったりしていますけど。だいぶまとまってないよな、これ(笑)

ハバネロP このへんは面白いね。 KPやきゃのんPは「俺の知っている真のいいところをどう見せるか」っていう話になっていくけど、2960Pの話を聞いていると「真のいいところを知っているのは俺だけでいい」っていうのを感じる。

2960P ぶっちゃけて言えばそう。

ハバネロP 真派って、「真のいいところはこんなにあるんだけど、俺の知ってるいいところは俺だけが見ていたい」的な矛盾を持っていると思うんですよ。

2960P 持ってますねー(笑)

きゃのんP わかるそれ。

ハバネロP それを他の人から見ると、「真派はめんどくさい」ってことになるんですが(笑) 中から見て真派ってのは面倒くさいのかな?

井川KP 真派ねえ……俺は基本的にあまりそういうことグダグダ言わないんだけど、過剰に反応する人はちょっとアレかなって思うんだけどな(笑)

きゃのんP 俺か、俺のことか(笑)

井川KP ちょっとここで言っていいのかどうか分かんないんだけど、皆ポジションどう思ってんの?

(一同苦笑)

ハバネロP やっぱりその話題が来るわなぁ。僕はね、アレはネタとしてはまあ許すと思う。なので、あの件に関して過剰に反応したのは、真士にとって汚点だったと僕は思ってる。

2960P まぁネタとして笑って流せれば、それが一番良かったのかもしれないけども。やっぱり過剰に反応する人はでてくるわけで。それに乗っかって炎上した面々も居たわけじゃないですか。あのへんはまあ置いといて、今は僕ら四人の話ですから。アレはね、ネタとしてはあり。

井川KP うん、ネタとしてはありよね。

2960P 全然ありだと思うんですけども、そのしばらく後にアレの作者さんとニアミスしたんですよ(笑) 結局顔は合わせてないんだけども、もし顔合わせたらガチビンタしてたんじゃないかな(笑)

井川KP おい(笑)

ハバネロP ネタとしては許すけど、会ったらビンタはすると(笑)

2960P さすがにそこまではしませんよ。「そこになおれ!」ぐらいはさせたかもしれないけどね(笑) そこまで血気盛んじゃないですし。許す、許さないは別として、アレは動画としては素晴らしい再生数とマイリス数を持ってますから。

きゃのんP 正直言うとね、アレが単品で済んでりゃこっちも流せたとこあったんだけど、妙に派生しやがったなと。その現象がすっごく嫌だった。結局のところもともとの『ポジティブ!』にまでその手のコメがついちゃったりしてるわけでしょ?ニコニコという場の特性として、それはしょうがないっちゃあしょうがないんだけど、そういう所まで流して見られるほど、私はオッサンだけど大人じゃないなと思ってしまった。

井川KP 専属Pだったら、どうしてもそういう悔しい思いは絶対に通る道やと思うんよね。

きゃのんP アレに限らず、真に関しては色々とトラウマ動画ってあるからなんとも言えないけど。極端な話、一線超えなきゃなんでもアリだと思うのよ。その一線を各自どのぐらいに引くかってのが問題なんだけど。

井川KP でっかい祭りの皆が見るような場所では作らないようにしろ、というような感じにしておけばいいんじゃないかな。





掘り下げていったら、そういうどうしようもなく放っとけない一面が見えてくる
――井川KP

基本的に真って、エンジンとして引っ張っていくキャラなんですよね。

――ハバネロP


comu_este.jpg
井川KPによるコミュ動画「アイドルマスター 真 ミーティング(エステ) 【D】 虎真37」のワンシーン。
エステはそういうところじゃねーから!(笑)


ハバネロP 最初に話が出たように、ボーイッシュな見た目の中に女の子らしい内面を持っているのが真っていうキャラクターだと思うんですよね。そんな中で真の持っている魅力、「真らしさ」っていうのは何だと思いますか?

きゃのんP 自分で思うのは、真はなんでもアリだな、と。どんな曲に合わせても、可愛くもなるしカッコよくもなるし、色っぽくもなるし。そこらへんは作っている方の腕前ってところもあると思うんだけど、いろんな曲とかシチュエーションへの対応性という意味では、アイマスのアイドルの中ではかなり高い位置にあると私は思いますね。
 自分もかなりの本数MAD作ってるけど、傾向は色々とありますよね。でもみんなそれなりに合っているというか、可愛いのもカッコいいのもあるし。色気を出そうと思えば、特に2の真だとそういうところも合わせられるという。そういう意味ではMADの作りがいがあるキャラクターだと思いますわ。

ハバネロP じゃあKPはどうかな?

井川KP 時々ね、真ってとんでもなく愛おしいぐらいバカなところあると思うんですよ。L4UのDLCのアイドラで、真の休日みたいなヤツがあったんですけど、そのコミュの一つに真が病院怖がってる話があったんですよ。「なんでだ?」って思ったら、健康優良児すぎて病院行ったことがほとんどなかったそうなんです。

(一同笑)

井川KP 健康診断みたいなのに行く話だったんですけど、行ったことがないから、パワプロのダイジョーブ博士みたいなとんでもない人体改造されるんじゃないかと……

2960P アホや、アホの子や(笑)

きゃのんP 無印のコミュのエステにもあったじゃない、その手の話。「人体改造!?」みたいな感じで(笑)

井川KP それ見て「この子どうしようもなくバカだな」と(笑) だってプロデュースしてる段階では王子様というか、可愛さもあるけどカッコよさもあるっていうのに、本質コレよ?もう、頭めっちゃくちゃクシャクシャ撫で回してやりたいですよ!掘り下げていったら、そういうどうしようもなく放っとけない一面が見えてくるのがね、余計好きになってしまう要因だと思うんよ。

ハバネロP 真は、見た目はクールな割に中身は割と純粋なところが魅力の一つってのはある気がしますね。

井川KP とにかく、筋トレしてりゃ可愛くなれるって思ってるからね。

(一同笑)

2960P 「アイドルスマイル1000本ノック」とかやってるような子ですからね(笑) かわいい。

きゃのんP 2になってからの真はそこらへんがより顕著になってるかなってのはあるんだけど、基本良くも悪くも素直だね。

井川KP あの子はやっぱり、プロデューサーがハンドル握ってあげないとダメだ、ホントに。

ハバネロP プロデュースしていると凄くわかるけども、基本的に真って、エンジンとして物語を引っ張っていくキャラなんですよね。プロデューサーに対してもそうだし、ユニット組んだり、SPとかでライバル関係作ったりすると、どんどん向かっていくから相手は引っ張られていくっていうタイプ。
 ただそうやって向かっていくことしか知らないから、プロデューサーはブレーキとハンドル「両方」やらなくっちゃあいけない。

きゃのんP 美希とか亜美真美とはまた別の意味で、プロデューサーが苦労するキャラではあるね。

井川KP わかるわー、うん。とにかくひとつ言えるのは、真がセルフプロデュースしたら絶対売れない。

(一同爆笑)

ハバネロP アニメの生っすかサンデーの回(14話)で、雪歩が(真の衣装チョイスに)おもっくそダメ出ししてたしね。 でもアレは僕ら的にはすごい正解だと思うの。

井川KP ただ、俺らは喜ぶけど、アイマス世界の住民はあんまり喜んでないと思うの。

ハバネロP 劇中の反応もそうだしね。

きゃのんP でも俺はあの話見て「ふざけんなこのやろー!」って思ったぜ。「お前らどこに目ェつけてんだオラァ!」って。

2960P あのちょっとだけ上がったゲージに俺いるからね(笑)

井川KP 俺もいるぞ!

2960P 最高に可愛いじゃんね。

井川KP ただ、可愛さのベクトル考えようぜ……と。 アレが似合うのは多分伊織とかだろうよ、真は可愛くするならもうちょっと爽やかなのあるでしょ、と。

ハバネロP 少なくともフリフリではないわな。

きゃのんP でも本人はそこに気がついてないのがね。それがまたこっちのプロデュースのしがいもあったり。

ハバネロP じゃあ次2960さんね。

2960P 真らしさって何……んーとね、やっぱり性格だと思うんですよね。ド真ん中ストレートしか投げられないっていうか、バットを握ったら三振するかホームランするかしかないような感じの?

井川KP おいおいランスか。

きゃのんP おいおいブライアントか。……古いね(笑)

2960P しかも三振するにしても全部フルスイングみたいなね、そういうところにあると思うんだけど。既に二人がもう十分喋ってくれたような気もするんだよな。

井川KP ちょっと喋り過ぎたかな(笑)

2960P まあここは先輩の意見を尊重して、ね?で、今ちょうど目の前に生っすかSP04の、春香と真美と真のジャケットの缶バッチがあるんだけどさ。これがね、まあ可愛い。

ハバネロP 毎回真って、CDのジャケ絵に恵まれるよね。

2960P MASTER ARTIST2のジャケット見た時さあ……(笑)

きゃのんP あれはもう、最初に見たときは撃ち抜かれたね。

井川KP それもそうだし、MASTER ARTISTの一番最初のやつ。麦わらに白ワンピ、グッジョブ。

2960P あれは素晴らしい。

井川KP MASTER SPECIALみたいなカッコいい路線もやっぱり似合うよね、うん。

きゃのんP 好みかどうかはともかくとして、似合うとは思った。

2960P あれ着るときもブツクサ言ってたんだろうなぁ、かわいいわぁ。

井川KP 真はあの路線ですっげー売れてるだろうからね。

きゃのんP 不本意ながら(笑)

井川KP 商業的に考えたらあっちの方で行くのを薦めちゃうなあ……。

2960P 完全にあれ、ジュリーだけどね(笑) 『勝手にしやがれ』ですね。帽子斜めにかぶる感じのね。んで、生っすかSP04のジャケの写真で……可愛いなぁ、これ。

きゃのんP 見入ってるし(笑)

2960P いやあ何回でも言いますよ。これで一人だけ舌を出してるんですよね。衣装は三人おそろいだからしょうがないとして、こういうところでちょっとだけする可愛さアピールが可愛い。ごめん、話まとまらん(笑)

ハバネロP まとまらんよね、結局。真ってすごい多面的なキャラクターだと思う。見た目は男前だし、内面はすごく女の子らしくて。きゃのんPが言ってくれたように、どんな曲どんな衣装合わせても大抵似合っちゃう。凄いとらえどころがないなって。

井川KP だいぶ前の動画なんやけど、真の多面性を表したオクラ山ため蔵Pの「COLORS」。もうアレね、真の魅力というか、真そのものを表してたよね。

colors.jpg
オクラ山ため蔵Pによる「COLORS」のワンシーン。
真の一般的なイメージである「ボーイッシュさ」とは真逆の「妖艶さ」すら感じさせる。
そうした様々な面を内包していることもまた真の魅力のひとつ。


2960P あれ大好きです。

ハバネロP あの動画ってすごいとらえどころがないんだけど、逆に凄い分かりやすいところは「真ってすごく綺麗だな」って話なんですよね。

2960P おう、その話しようか。

ハバネロP もちろん顔立ちはすごい美形っていう感じで整ってるんだけど、あの動画の中で描いてる真のボディラインが美しすぎてヤバイ。

きゃのんP あぁ、なるほどね。衣装がもうボディライン出まくりの衣装だったからね。

ハバネロP 真の衣装ってどれも実は、結構露出度高めなんですよね。ゴシプリ(Vo衣装)もノースリーブでミニスカとかだし、Da衣装もヘソ出てるしね。その辺考えると、(真は)造作がすごい綺麗っていうか、人としての機能美を突き詰めた、そんなイメージなんですよ。今年の誕生祭ですごい手描きアニメの動画(【手描きアニメ】アイドルマスター菊地真_『Mechanical Girl』【真誕生祭】)が上がってて、それ見た時に「やっぱり真はすごく綺麗だ」って思いました。

2960P 美人さんですよね、間違いなく。

井川KP おそらく成人した頃にはもうすっげえ美人になってるのは間違いないよね。

きゃのんP 絶対ね。


井川KP もしかして真派って、きゃのんPみたいに自分の娘みたいな目線で見てる人って多いのかな。

きゃのんP 俺の場合は自分の年齢の関係もあるけどね。一応あれだぜ?ニコマスで最初デビューしたあたりは幼馴染つってたんだぜ?
 いつの間にか父親みたいな感じで言われて、自分でも「ああそうやね」って感じで受け入れちゃってるけどさ。自分がリアルで妻帯者っていう関係もあるかもしんないけど、真を嫁という目で見てはいないというか、見られないというか。

井川KP そうやね、俺もどっちかというと、嫁というよりはプロデューサーでありたいね。

きゃのんP 逆に言うと、あんまり恋人化したような関係だと、うまくプロデュース出来ないんじゃないかと思ってる。ある程度ちょっと離れたところから、真のいろんな良い所を見ていって、プロデュースをするっていうスタイルが自分にはいいのかなと思ってたりする。

ハバネロP 真ってすごいパワー持ってるから、あんまり近づきすぎると引っ張り込まれちゃうんですよね。プロデューサーはブレーキとハンドルにならないといけないのに、あんまり引きこまれてしまうと、その役割が果たせなくなってしまうんじゃないかなと思うんですよ。

井川KP 真という名の車のハンドルもブレーキも重いんだろうな。

きゃのんP 普通にやると直線しか走れねえ、みたいな。

井川KP それで事故っちゃうって訳ね。事故った結果が悪い方向に出た「まこまこりーん」という。

きゃのんP あれ最初に出たときは「いや、それはないわ」と思ったけど、いつの間にか受け入れちゃったね(笑)

井川KP いや、平田さん凄いわ。

2960P 平田さん凄い、あれは(笑)

きゃのんP 平田さんは天才だ。本当に真の声が平田さんで良かったと思う。

ハバネロP それは思いますね。真の声っていうか、平田さんの声はカッコいい路線から可愛い路線まで声幅を全部分けられますよね。たとえば持ち歌でも、『迷走mind』『エージェント』みたいなところから、『チアリングレター』とか『自転車』みたいな可愛い路線まで行けるし。カバー曲まで目を向けると、バラードが凄く上手いんですよね。

きゃのんP あれだね、『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』とか。

井川KP そうだよなあ、平田さん天才だわ。

きゃのんP で、『ぷちます!』を見て、まこちーで「うわあすげえこの人!」って思ってしまうというね。あれがさすがに真と同じ声だとは思わないでしょ。





男らしいっていうか王子様キャラなんて真しか出来ねえでしょ?
――井川KP

真はね、ナチュラルな状態が一番可愛いと思うのよ。
――きゃのんP


animas_17_2.jpg
アニマス17話より、春香に「アイドルとしてどう見られたいのさ」と問う真。
ボーイッシュさをアイドルとしての売りにしながらも、そのイメージと
「女の子らしくありたい」と望む内面の間で悩み揺れ動く姿は、
菊地真を語る上で欠かせない要素である。



ハバネロP これも論争の種になりそうなところかと思うんだけど、皆さんぶっちゃけた話、見た目なら無印の真と2の真どっちが好きですか?。

井川KP どっちも好きですよ、ぶっちゃけ。

きゃのんP どっちが、っていうかどっちにもそれなりの良さはあると思う。

2960P これ決めらんないですわ(笑)

井川KP せやろ?せやろ?無理やろ!(笑)

ハバネロP でも「無印の方が良かったなあ」って言ってる人も、ちょいちょい見るんですよね。

井川KP なんか2でちょっと垢抜けすぎちゃったなっていうのはあるね。確かに可愛くはなったけど、同じ制服着せたら無印の方が好きだなって人は多いと思う。

きゃのんP 俺の動画で、同じラフタイムで無印と2の真一緒に出てる奴があるんだけど、あれを見ると結構反応が分かれるのかな。作ってた自分は「あーどっちもかわいいな」って思ったからよくわかんないんだけど(笑)

2960P 制服だったら無印かな。

井川KP せやろ!

ハバネロP 制服だったら無印は同意するかな。2だと、若干セーラー服が似合わなくなってしまう。

きゃのんP それはあるね。

井川KP 見た目が変わることで、こんなに衣装の似合い度が変わるものなのかと。

ハバネロP ただ真のシナリオっていうのは、そうした見た目の変化云々ではなくて、どちらかと言えば内面の変化にフォーカスを当てたシナリオですよね。ゲームでもアニメでも、基本的には「自分はプロデューサーに女の子としての面を見てもらう、だからファンの前では王子様でいよう」という結論に至りますよね。
 じゃあ、プロデューサーとして自分はその方針でいいですか?自分は真にどうなって欲しいですか?

井川KP 俺個人としては、従来通りのカッコいい路線で売り出したいね。こんなこと言ったらあれだけどさ、別にアイドルしなくても女の子らしくなれると思うんだよね。

きゃのんP ぶっちゃけたな(笑)

ハバネロP それはもう真のアイドルやる動機とかが全部……(笑)

きゃのんP 全否定や(笑)

井川KP 765プロには女の子らしい子いっぱいいるじゃん。そのへんに詳しい子とかも絶対いるでしょう?雪歩は参考になんねーけど。

(一同笑)

井川KP だからその辺の子らにもアドバイス受けつつやれば、絶対いけると思うのよね。それにね、男らしいっていうか王子様キャラなんて真しか出来ねえでしょ?オンリーワンのそれを潰すわけにはいかないと俺は思うから。単純に俺は王子様キャラやってる時の真見てすげえニヤニヤしてること多いんだけどね。ああカッコいいな~って。

ハバネロP 確かに男の目から見てもすごくカッコいいんだよね。

井川KP サイン会のコミュがあって、客がほとんど女の子だったんだけど、受け答えする時の声がめっちゃイケメンなのよ。この子普段こんな声で営業してるんだ、と思って。ああ、これは女が惚れるわけだと。だから俺は王子様路線を崩したくないかなー。時々ちょっとかわいい感じの仕事をあげたらいいかな、と。

2960P だいたいKPと一緒かなあ。カッコいいメインで、たまに可愛い仕事みたいな感じでやらしとけばいいんじゃね?

井川KP ずいぶん投げやりだなオイ(笑)

2960P でも実際そうだと思うんですよね。あまり可愛い仕事ばっかりさせても、商業的な面で見ると落ち込んでいくと思うし。カッコいいメインにしてやってけば、それなりのファンがいるわけじゃないですか。それこそ男性でさえ、カッコいい面やイケメンボイスに惹かれるんであれば、それでいいと思うの。
 真本人の意思とはかけ離れるかもしれないけど、その仕事を続けていってある程度ファンの数をたくさん獲得したうえで、「こういうのもあるんですよ」って女の子らしいところ見せればついてくるファンがいると思うのね。「真ちゃんってこういうこともする子だったんだ、へえ~可愛いじゃない!」っていう感じでさ。

井川KP 男のファンもそれでガーッて来るね、多分。

2960P その可愛さの方向性をちゃんとプロデューサーがハンドル握ってないと、あさっての方向に行っちゃうので、そのへんはお互いやりとりしたうえで上手いところ見つけないとかな。

ハバネロP じゃあ、きゃのんPは如何でしょうか。

きゃのんP まず自分で作ってるMA Dをプロデュース活動と考えると、あんまりカッコいいとか可愛いとかどっちかに寄せずに、とにかくナチュラルなところを出していきたいなと。ていうかね、真はね、ナチュラルな状態が一番可愛いと思うのよ。

ハバネロP 作らないのが一番可愛いってのはある気がします。

きゃのんP どちらにしてもね、作るとあんまり上手くいかねえんじゃねえかなあと個人的には思うわけ。まあ、プロデュースという面では難しいと思うんだけど、出来るだけ素のナチュラルな真を見せていく方向で行きたいなと。それが菊地真というキャラが一番可愛く見える方法じゃないかと俺自身は思ってるので、出来ればそんな感じで行きたいかな。
 実際にやるとすると、それこそハンドルさばきが一番難しいんじゃないかと思うけど。真もあれで結構自己主張激しそうだから、いかにして納得さすかっていうのは難しいと思う。

ハバネロP なんか話聞いてると、真って実は765プロのメンバーの中でプロデュース一番難しいんじゃないかって気がしてきた。

きゃのんP あはははは(笑) システム的なところでいくと千早が一番めんどくせえんだけど(笑)

ハバネロP ただね、実際自分がゲームじゃなくて本当に真と引き合わされて、プロデュースするとなったら難しいんじゃないかなって気がする。

井川KP あのね、真はね、多分友達として付き合うなら一番問題無いと思うんだけど、プロデュースしてくれってなったら俺は間違いなくやよい行くよ?

(一同笑)

井川KP やよいだったらさあ、一番分かりやすいというか。ちょっと難しいことは噛み砕いて教えてあげたらいいし。真は、ゲームをやった人は分かると思うけど、無印でも2でもコミュがそこそこ難しい。わかんねーよ、っていうのがあるから。

ハバネロP そうね、KPのコミュ動画とか見てると「これでパーフェクトになるの?」っていうのが結構いっぱいあったよね。

井川KP だからあの子を、上手いことプロデュースするのは相当の腕が必要だぜ。

きゃのんP そうだねえ、あの面子で言ったらおそらくやよいが一番やりやすいだろうな。やよいか、春香だね。正直言うと、リアルだと千早とか伊織とか死んでもプロデュースしたくねえ(笑)

井川KP プロデューサーの胃に穴があくよ、間違いなく。

きゃのんP でね、亜美真美と美希は別の意味で穴があくw

井川KP 亜美真美やるときはプロデューサーがバカにならないといけないからね。

ハバネロP 亜美真美は多分一番子供の目線を要求されるキャラだと思う。やよいとか真って意外と大人なんだよね。

井川KP やよいはちょっとお馬鹿なところ除いたら立派にお姉ちゃんやってるからね。

きゃのんP 内面的にはかなり大人だと思うね、彼女は。

ハバネロP 真も、王子様役を求められたらブツクサ言うけど、きちんと仕事をこなしてくれるっていうのは、すごい信頼が置けるし大人だなって僕は思うんですよ。

きゃのんP 期待に応えようとするキャラなんだよね。

井川KP 頼まれたら断れないタイプなのかも。

きゃのんP ああいう風な性格とか見た目になっちゃったのも、結局おとっつぁんの期待を裏切らないように、っていうんで幼少時代を過ごした結果なんだろうな、と思ってしまうんだけれども。


井川KP 真ってさあ、学校でどういうふうになってるんだろうね?

(一同笑)

ハバネロP 割と学校とかでは真は素っぽいよね。頼まれたら「王子様」とかもやってそう。

きゃのんP でも、学校では、彼女はかなりイジられる対象だと思うね。まず、頼まれたら断らずに何でもやっちゃうっていうね。

井川KP 女の子からはそれもあると思うけど、同じクラスの男子から見た真ってどんななんだろうね?

ハバネロP 難しいね……でも多分、感覚としては凄く話しやすい相手なんじゃないかなって気はするんだよね。男の子からしたら。

きゃのんP なんかこう、敬遠してる派と、踏み込んで友人付き合いしてる派に分かれそうな感じはある。

井川KP それ言ったら敬介がかわいそうだよね(笑)

(一同爆笑)

井川KP これ、分かる人にしか分かんないね。無印のコミュ見た人にしか(笑)

きゃのんP まあそうなんだけど(笑)

井川KP 「ある日の風景6」で見れるんで、よかったら皆さん、俺の動画でチェックしてください。

(一同笑)

ハバネロP でも、敬介は勿体無いことしたよね~、って感じ。

井川KP 将来、絶対美人になる子をねえ。

きゃのんP 中学生くらいじゃあ、やっぱ……

ハバネロP まあ、仕方無いのかねえ。

きゃのんP 男友達感覚になるのはやむを得ないよねえと。しょうがないよね(笑)




「真がプロデュース出来なくなりました」っていうことでビービー騒ぐようなことはしない!
――井川KP
(真は)真っ直ぐだけど、直情的では無いと思うのよ。
――きゃのんP



ハバネロP ここまでは「どういうキャラだと思いますか」ということについて主に話してきたんですけど……時期的には、ぼちぼちまた公式発表がきそうな雰囲気ですよね。PS4で家庭版だったりとか、劇場版も……って感じなんですけど。これまで公式から色々な真が提示されて、我々もそれを楽しんできたわけで(笑)
 それじゃあこれからどういうふうに「真」っていうキャラクターを扱っていってほしいかと言う話をしたいんですが。例えば、ちょっと具体的な話をしちゃいますけど、もし次の家庭用のアイマスのゲームで真がプロデュース対象から外されます、あるいは765プロのキャラは出さずに全員新キャラで出します、となった場合、どうしますか?

2960P う~ん……俺はアイマスSPと2に生きるよ(笑)あ、無印もか。そんな気がする。

ハバネロP 「俺は真のプロデューサーだ」っていうことね。

2960P うん。

井川KP 俺はねえ…… アイマスというコンテンツ自体は好きやから、多分、真が出ないとかリストラされてもやると思うけど、ただ……心の傷は残るだろうなあ……

ハバネロP 一番好きなキャラクターをプロデュース出来ないのはキツイからねえ。

井川KP ただ、「真がプロデュース出来なくなりました」っていうことでビービー騒ぐようなことはしない!

ハバネロP それはやっぱね、ダメかなって気はするよね。

井川KP さっきの話に戻すけど、次も真を出して貰えるのなら、これ以上はいじって欲しくないなっていうのはあるよ。

きゃのんP あとね、ぶっちゃけた話すると、次も真が出るのであれば、見た目は2の真でいいんだけど中身は無印に戻して欲しい。

2960P あー、うん。

井川KP どういうこと?

きゃのんP 本当にぶっちゃけ話になるんだけど……俺ね、2の真は言っちゃなんだけど、イマイチ気に入ってないというかなんと言うか……。真に限らず2のキャラは全般的に、キャラ的に極端なところが出来てしまったな、と。

ハバネロP キャラの方向性として一部分をピックアップし過ぎてるかなって言うのは、無きにしも非ずですね。

きゃのんP アニマスでもそう言えるところがあったけど、キャラクターを分かりやすくするっていう意図は分かるんだけど……。言っちゃなんだけどさ、真ってあんなにむやみに人を殴ったり蹴ったりするキャラじゃないと思うの。

井川KP まあ、なあ……

きゃのんP まあ、あれもさ、ご本人だって言ってる人もいるけど(笑)

井川KP まあ、その辺の考察に関してはcha73さんが書いて下さってるから。

きゃのんP あの人のも、なかなか深い考察だなとは思ってるんだけど(笑)無印が出てから色んなCDとかドラマを経由して、色んな、極端な属性が出来てしまったのがそのまま2にスライドされてて、ちょっと自分の考える「真」からは、若干外れてしまったなあという想いがあるわけですよ。
 こういうこと言うと「古参面してる」とか言われちゃうんだけど、結局アケマスからずーっとプロデュースしてきて、無印もそれを踏まえてのところだったので、あっちの「真」が自分の中のスタンダードになってしまったところがあって。
 だから、設定が変わってるからっていうのもあるんだけど、2の真は若干そこから外れちゃったなっていうところがあって。その辺をね……。「きゃのんP」という立場からすると、かなり問題発言かもしれないんだけど(笑)

ハバネロP 僕の中では真のキーワードとして「多面性」というのがあるんだけど、「多面性」ってそのまま「人間性」に言い換えられるんじゃないかなって。
 基本的に「人」って、色んな面があるものだし、一つの面を取り出してあんまりそっちの方向にキャラ付けしちゃうと、それこそやっぱり極端なキャラになってしまう。だから、もう一度その辺をちょっと吟味し直して、次のアイマスを作って欲しいんだけど……っていうのが正直なところかなあ。
 もし真が(プロデュース可能なキャラとして)出ないってなっても、何らかの形でちょっとは絡んでくれると嬉しいかな。ライバルアイドルでもいいし、DSの時みたいに先輩アイドルみたいな形でも全然いいんだけど。

井川KP PS4って確か、スマホとかその辺のアプリと連動出来る機能って発表されてなかった?せやから、ひょっとしたらアイマスのソシャゲをPS4で連動出来る専門のソフトみたいなものが出るんじゃないかとも思ったのよね。そう考えると、普通に真は出るんじゃねーかなと思ったわけ。

ハバネロP 新作の母体がモバマスになるにしろ、グリマスになるにしろ、「765プロのメンバーはとにかく出るから、じゃあ真は出るよね」って考えね。

井川KP そういうこと。具体的な続編じゃないけど、軽い感じになるけど、出るかなって感じ。いや、ナムコだからあんまり期待しちゃいけねえのかな(笑)

(一同笑)

2960P ちょっとだけでいいから、(真の)頭良くしてあげて欲しいっすね(笑)

きゃのんP あはははははははは(笑)

ハバネロP うん、それは……ちょっとあるかな(笑)きゃのんPが言ってた話じゃないけど、元々あの子はバカじゃないし、ちゃんと空気読めるし、自分で考えて動くじゃないですか。その辺の描写が2とかでは足りなかったんじゃないのかなと。だからね、「頭良くして欲しい」ってのはちょっと分かる(笑)

2960P ちょっとでいいから!

きゃのんP そういうのは凄く分かる。自分の違和感もそういうとこかなと、今聞いて思った。真っ直ぐだけど、直情的では無いと思うのよ。あまりに直情的すぎるのはちょっとね、そっちの方に振られてしまったかなということがあって、残念。

ハバネロP 真っ直ぐだけど、結構屈折してますよね、あの子。逆に、千早はパッと見屈折してるように見えるけど、中身は割とストレートなとこがあるので、実はあの2人って好対照なんじゃないかなって僕の中では思うんですけど。
 真ってやっぱり見た目とかキャラクターの印象だと、真っ直ぐとか直情的って捉えられやすいけど、あの子、内面は結構ナイーブじゃないですか。

きゃのんP うん。

2960P うん。

井川KP そやね。真はそういう意味で、しっかりしたように見えて意外と脆い部分あるやね。

ハバネロP そういう意味では雪歩とも逆かなって気もする。雪歩はパッと見脆いけど、芯の強い子じゃないですか。

井川KP そうなんだよね。




春香さんと真って実はめちゃめちゃ仲良いと思うの。
――2960P

もう胃痛になってもいいから真と伊織を同時にプロデュースしたい!

――井川KP



ハバネロP なんかカップリングっぽい話題になってきたから、ちょっとKPに振ろうかと思うんだけど(笑)

井川KP お?お?何だ?

ハバネロP 前にウチのコラムでも「いおまこ」の話をして貰ったけど……カップリングってこれまでにも色々ありましたよね?KPは勿論「いおまこ」なのは分かるんだけど、真と組ませるなら誰がいいですか?

きゃのんP あ、じゃあ、俺言っていい?俺はまず、アケマス時代から「真と律子」っていうのを考えてる。

井川KP 「りつまこ」やね。

きゃのんP そうそうそう。まあ、2では出来なくなっちゃったけど……。雪歩とかと違って律子は性格的にはずけずけと入ってくるタイプだと思うんだけど、伊織とはちょっとまた違って、あの2人は俺の中では「悪友コンビ」だと思うのね。互いに言いたいことを言い合って、それでもう、結構深く付き合える、みたいな感じで考えてるんだわ。

2960P う~ん、誰だろう…… 春香さん!

井川KP 春香派か…… 「春菊」やね。

2960P 「春菊」!(笑) 完全にあの2人を並べると眩しすぎて……

井川KP 太陽やね。

2960P 太陽。ゆずの「夏色」という曲があるんですけど、完全にあれの世界なんですよ。春香さんには千早がいて、真には雪歩がいて、ってあると思うんだけど、春香さんと真って実はめちゃめちゃ仲良いと思うの。言っちゃえば、「青春の塊」みたいな感じよね。「2人で放課後にクレープ買ってました!」みたいな。普通に絵になるからね。
 次点って言う言い方は悪いけど、次はね、真美!これは、う~ん、特にこれといった話は無いです(笑) 「まみまこ」っていいな~、くらい。

(一同笑)

ハバネロP じゃあKP、「いおまこ」の話していいのよ?(笑)

井川KP え、いいの?(笑)コラムでも載せさせて貰ったけどね、伊織と真いっぺんステージ立たせてみ?「ゆきまこ」よりステージ映えしてると思うんよ。

ハバネロP 言葉はいらないから、もうとにかく「やれ」と。

井川KP そうそうそうそうそうそう。さっきさ、真の単体プロデュース難しいって話をしたけど、俺さあ、もう胃痛になってもいいから真と伊織を同時にプロデュースしたい!っていうくらい好きなの。多分ね、時間はかかるよ?上手くいくまでね。

ハバネロP でもねえ、軌道に乗ったら最強だと思うよ?あの2人は。

井川KP せやろ?そういうロマンもあるしね。でも、間違いなく律子に止められると思うんだよね(笑)

(一同爆笑)

井川KP 間違いなく律子にね「やめたほうがいいですよ」って言われると思うよ(笑)
 でも、このプロデュース上手くいったら2人ともスターダムにのし上がれるよ。結構、2人とも負けず嫌いな面あるし、意識も高いよ。

ハバネロP そうだと思う。

井川KP 真も、伊織っていうすっげー可愛いお手本がいるからね。そこでもうちょっと可愛さも勉強してもらいたいしね。伊織も、(真は)やよいと似たような感じでさ、率直で明るくて快活でおおらかなところあるから、存分に真に甘えればいいわ。
 ちなみにこれ、5年前から言ってるからね!

(一同笑)

きゃのんP 年季入っとるやん(笑)

ハバネロP アニマスの運動会の話(第10話)が「いおまこ」だったじゃない?あの回凄く好きで、ちょっと感動しながら見てたんだけど、その中で冷静な自分が「あ、これ絶対KP喜んでるな」って思ってた(笑)

井川KP 俺もう既に1話の時点でガッツポしてたからね(笑)

きゃのんP ああ確かに、そういう絡みあったからね。

井川KP やっとね、やっと、4年間宣伝してた価値があったなって。

きゃのんP 報われた感あるね(笑)

井川KP なかなかやりにくいとは思うけど、とりあえず組ませてみ?

ハバネロP 僕はどうだろうな。色々な組み合わせ、どれも魅力があって面白いと思うんだけど、意外と語られてないけど可能性を秘めてるのは、貴音との組み合わせじゃないかと思う。

きゃのんP おおー。

井川KP あんま無いね。

ハバネロP MASTER ARTIST2の時に真と貴音と千早がセットだったんだけど、貴音と真って割とアクセルとブレーキがかみ合ってるなってイメージがあって。貴音って、ある意味一番アイマスの中で現実離れしたキャラクターなんだけど、あの子にとっては現実離れしてるのが自然体じゃない? その辺り、真って意外と自分のあり方に自信を持ってないっていうイメージがある。そういうとこ踏まえて、貴音さんと組ませて、堂々としたあり方をちょっとでも吸収してくれたらなって。それにお姫様と王子様みたいに凄くステージ映えもすると思う。

2960P アニマスでそういうシーンあったよね。本当に一瞬だけど。

ハバネロP 2人で撮影してるシーンありましたね。

2960P 貴音の方が背が高いから、お姫様の方が背が高いっていう状況にはなっちゃうんだけど、あの対比は凄く良かったね。黒髪と銀髪の対比も凄く良かったし。あのシーンは一瞬だったけど凄く印象的ですね。

ハバネロP しかしこれも、見事にバラけたね何だか。ていうか、「みきまこ」「ゆきまこ」が1人も出ねえ(笑)

井川KP 「みきまこ」「ゆきまこ」はさ、一人歩きしまくってるからもういいんじゃねえかな(笑)

2960P ちょっと食傷気味(笑)





「真派」って良く言えば「多彩」だけど悪く言えば「まとまりが無い」
――ハバネロP

他の真派、真士の方々がいることによって、07年の2月から今までずーっと続けられてきたなあっていうのがあって、本当にいつもありがたいと思っております。
――きゃのんP



ハバネロP 「真派」ってよくひとくくりにするけど、こうやって話してみると分かるのは、共通してる部分もあるけどバラけてる部分もあるというか。良く言えば「多彩」だけど悪く言えば「まとまりが無い」(笑)

井川KP 言うなら我々、宗教の宗派と一緒でしょこんなん。「真派真言宗」とか「真派天台宗」とかそういう感じで。

(一同爆笑)

きゃのんP はははははははは!(笑)

2960P そっちかい!

井川KP これは蝉丸Pが言ったのをそのまま言っただけだからね。

(一同笑)

ハバネロP 「真派」っていうのはある意味まとまりが無いというか、色んな面があって、色んな人がいるのが魅力だと思うんだけれども。
 これを最後のお話にしようと思うんですが、これからのニコマスにおける「真のプロデューサー」でもいいし、「真の可能性」でも、そういうものに関する期待っていうのは皆さん何かありますか?「こういうのに期待!」でもいいし、「オレこういうの作るから」でもいいし。

井川KP そうやなあ、これ以上は悪くならなければそれでもいいかなとは思うけど……

きゃのんP うん、現状維持は大事。

2960P まあ、確かにね。

井川KP 自分の動画にしてもね、知ってる人は分かると思うけど、真派名乗ってる割にはそんなに真は出してないから。まあ、これには理由があるのよ。ゲームとか、動画関係無いところでは愛でてるけど、動画を作るとなったら話は別だから。
俺は春香さんを「主人公」とは考えずにノベとか架空戦記とか作ってるけど、多分そういう配役をしてるところはあるからね。真もそういう意味では、特別扱いはしてない。例えるなら、今の横浜のラミレスみたいなもんよ(笑)

ハバネロP 例えがなんかもう(笑)

きゃのんP さすがKP(笑)

ハバネロP 真って、僕の中では、好きなんだけどなかなか動画を作れない子なのよね。特に、真1人に絞ってやろうとすると凄く難しくなる。真って色んな面を持ってるキャラクターだから、その色んな面を持ってるキャラクターを1曲に込めるっていうのは、ほぼ無理なんだよね。毎年、誕生祭の度に「今年は何か良い曲を見つけて真のために動画作るんや!」ってiTunesの中を探るわけですよ。で、「これとか良いかな?でもこれじゃカッコいいの描けないしな……コッチだと可愛くなりすぎちゃうな……」とか、そんなことをずっと考えたら間に合わなくなっちゃうっていうね、毎年(笑)
 僕ね、動画をマトモに作った本数数えたら、千早の方が多いんじゃないかな?

井川KP だって、作りやすそうじゃん。

ハバネロP 千早は分かりやすいキャラなんだよ。だからそれに比べて真って、本当に「捉えどころが無い」というか、イメージカラーが黒だから色んなものを内包してるってイメージ。だから、そこを掴んでくれる人が出てきてくれると良いなと思うし、(僕自身も)そこを掴んでいけるようになると良いなと思います。

井川KP なるほどなあ。そこが一種の、真の「ゴール」なのかも知れないね。

ハバネロP 他のお二人はどうでしょう?

2960P そうだなあ……ニコマス自体も一部では「下火だ」とか言われてますけど、毎月のようにデビューしてくるPがいるわけで、その中に真派の人が少しでも増えてくれればとは思います。人がいなくなっちゃうと寂しいし、真派……ここに今いる4人はやめそうも無いしな。そこはとりあえず安泰かな(笑)

(一同笑)

2960P 真派がもっとわいわいがやがやしてればいいかなとは思います。他も勿論ね、言ってもアイマスキャラみんな好きだし。そんな感じですかね。

きゃのんP 私の場合は「毎月1本は真動画をあげる」というのをデビューからずっと続けてるんで。先月の誕生祭動画まで続いていて、今月も何か1本やろうと思ってます。まず、さっきも言ったけど、音ゲー曲に合わせてというのをずっとやってて、音ゲー曲も色んなバリエーションがあって、それに合わせた真を模索していきたいなと。
 今年の上半期20選があったじゃないですか。その中でいくつか自分のを選んで頂いた中で、cha73さんのコメントで「真のダンスで曲を表現している」というような一文があって。作ってる自分が言うのもなんだけど、「ああ、そうか。俺が作ってるMADって、要はそういうことなんだな」っていうのを気づかされたということがあって。
 結局、自分の好きな曲を選んで、それに合わせて真を踊らせて、真のダンスと曲を融合させて表現するというのを、自分でも目指してたのかなと。それをまず意識した上で色んな曲で作ってみたいし、そういうのを見て、「真ってこういう所もあるんだ。かわいいな/かっこいいな」と思って真派になって、自分でも作品を作ってくれる人が増えてくれると嬉しいな、というのはありますね。

井川KP 素晴らしいなあ。

ハバネロP 今の話を聴いてると、他人の手によって自分のやってることに気づかされるというのは、まさに真のプロデュースそのままだな、っていう。真って多分、自分自身の魅力っていうのは自分では全く分かってないと思うの。

きゃのんP うん、絶対気づいてない。真はナチュラルでかわいいのに、自分では絶対思ってないよね。「女の子らしいキャピキャピしたのがいいんじゃないかな」と思って自分ではやるんだけども、絶対に上手くいかない。そんで、可愛いのにそれに気づいてない、みたいなとこがあってね。そういうところも可愛いとこなんだだけど。

井川KP 真派にもやっぱ、結構そういう部分あんのかな?自分の動画に対してそういうのに気づいてないっていう(笑)

きゃのんP さっきcha73さんの話を出したけど、俺はあの人から、自分の動画に対して色々と教えてもらったことが山ほどあって。「そこまで考えて無かったよ!なんでアンタそこまで掘り下げられるんだよ!」っていうのが今まで山ほどあった。さっきの話もそうだけど。

2960P あの人は凄い!

きゃのんP 言っちゃうけどね、あの人、俺の動画に関しては「もう一人のきゃのんP」と言っても過言じゃない!俺本人が気づいてないところを色々掘り下げてくれるから、ありがたいし驚かされる。本当にあの人や、他の真派、真士の方々がいることによって、07年の2月から今までずーっと続けられてきたなあっていうのがあって、本当にいつもありがたいと思っております。
 まあ、そういった方々がいるお陰で未だに続けております。これからも何とか続けていきたいと思います、みたいな感じで(笑)

井川KP きゃのんPはそのままブレずに、ずっとやっていって頂きたいと思う。

きゃのんP 何か物理的な要因とか、曲を使ってるKONAMIの方から「これダメよ」と言われないうちは何とか頑張っていきたいなあとは思っていますよ、と。

ハバネロP 色々聞いてると面白い話もいっぱいあったけど、最終的には、プロデューサーって、プロデュースするアイドルに似るのかなって(笑)

きゃのんP 何かそれ言われるよね(笑)あとやっぱ、自分だけで作って自分で満足しているっていうのだと、絶対続かないと思うわ。ニコニコっていう場にあげているっていうのもあるんだけど、そういったところで色々反応して貰えるのが嬉しいから、今まで続けてるっていうのはあるよね。

2960P あるね。

きゃのんP だからね、もう、自分の動画の再生数はともかくとして、みんなもっと反応して!お願いだから!!!ツイッターでもいいから!ブログでもいいから!

井川KP コメント、草1コでもいいからね。

ハバネロP そうそうそうそう(笑) 1コでもつくと嬉しいからね。
 なんだか「ニコマスのモチベーションとは」みたいな話になっちゃったけど(笑)それじゃあ、ボチボチ〆ましょうかね。「何か喋り残した人?」って聞いたら、みんな手を挙げそうだけど(笑)

井川KP 2時間くらいじゃ短すぎるわー。
(了)




きゃのんP
2007年2月デビュー。ニコマス黎明期から真のノーマルPVのアップロードや音ゲー曲を用いたダンスPVの制作など精力的に活動を続けており、名実ともにニコマスにおける真派プロデューサーの父とも呼べる存在。代表作に「自転車-Short ver-(真ソロ) 【真誕生祭】」など。


井川KP
2007年4月デビュー。PV、野球を用いた疑似m@s、「アクトマスター」シリーズに代表される架空戦記やノベマスなど、非常に多岐にわたるジャンルの動画を制作し続けている。また、伊織と真のカップリングである「いおまこ」推しのPとしても知られる。


・ 2960P
2010年6月デビュー。東京事変、toe、the HIATUSといったバンドの楽曲を用いて、どこか儚さを感じさせるようなステージを見せるPVを多く制作している。代表作に「竜宮小町/Insomnia」などがある。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/113-87087d3b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。