Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/13-e8646363

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第11回 mizuchiP 「Ⅱ/Boyz II Men」

 えー、何か凄く楽しそうなことしてるのでぼくもまぜて!っていうわけで、まざりに来ました。みずちです。
普段はmizuchiP名義でニコマス観たりニコマス作ったりしてます。

 アルバム一枚引っさげて語る!
 カッコいいですね。
 この響きがとても魅力的だったので即座に手を上げたのはいいんですが、数多あるアルバムから1枚選ぶというのは非常に難しいですね。
 手を上げる前に気づけという話ですが。
 まあ、書きたくなったらまたアゥPに原稿送りつければいいじゃない、と割り切って、始めたいと思います。

Ⅱ
「Ⅱ/Boyz II Men」

 Boyz II Menの「II」というアルバムです。
 90年代を代表するR&Bボーカルグループの3枚目のアルバムにして、彼らが初めて全米1位を獲得した記念碑的な一枚です。
 「Water runs Dry」や「On Bended Knee」「I'll Make Love To You」などなど名曲が目白押しで売れに売れまくった1枚ですね。
 買った時期はあまり記憶にないのですが、買った理由はとてもよく覚えています。
 このアルバム、国内盤のボーナストラックにBeatlesのYesterdayのカヴァーが入ってたんですね。
 当時、大学生だったぼくはアルバイトに精を出しておりまして。
 出しすぎて学校には全然行ってなかったりするんですが、それはまあ置いといて。
 バイト先の近所に、大きなCDショップがあったんですね。
 そこの試聴機コーナーは洋楽がやたら充実してまして、常時30枚以上の洋楽最新盤が試聴できました。
 そこで出会ったのがBoyz II Menです。
 当時からBeatles大好きっ子だったぼくは、Yesterdayのカヴァーとはずいぶん大胆だな、などと惨憺たる無知っぷりを遺憾なく発揮して(あとから知ったのですが、Yesterdayは世界で最もカヴァーされている曲としてギネスに認定されているそうです)試聴機の再生ボタンを押したわけです。

 そのときの衝撃をなんと例えればいいのでしょう。
 同級生の女の子の私服を初めて見たときの戸惑いと言いましょうか。
 地味でメガネなあの子がコンタクトにしてきたときの驚きと言いましょうか。
 同じクラスで隣の席だったあの子が実はアイドルだったとわかったときの衝撃と言ってもいいかもしれません。
 え、アイツってこんなに可愛かったっけ?
 特徴といえば何もないところでこけるぐらいだったアイツが?みたいな。
 一目惚れなんてあるわけねーよ、と思っていたはずが一瞬にして惚れていた。何を言っているのかわからねーと思うが(ryというような、そのくらいの衝撃があったことを今でもよく覚えています。

 何度聴いたかわからない、歌詞だって空で覚えているはずのあのYesterdayが、全く別の音楽になって耳に飛び込んできました。
 聴きなれているはずのアコースティックのメロディラインは全く聞こえず、代わりに重厚で濃厚でとてつもなく気持ちいい声が響いています。
 しかも、何かハモってます。
 楽器の音がしないのにすんごいメロディアス。
 あれ、何これ。めちゃくちゃカッコいい。
 気づいたらCD持ってレジに並んでました。

 で、家に帰って聴いてみたらこれがもう凄いのなんの。
 入ってる曲すべてが未知の世界。
 素晴らしいメロディとそれを奏でる声の美しいことといったら、言葉を尽くしても語りきれないほどです。
 R&Bという言葉は知っていても、その音楽がいったいどういうものかは全く知らなかったのですが。
 なるほど、これがR&Bか。
 一目惚れ(一耳惚れ?)とも言うべき衝撃の体験でした。
 すっかりこの音楽の虜になり、追体験を求めてこのあとしばらくR&Bのアルバムを漁色することになります。
 瞬く間にバイト代がCDに化け、稼いでは注ぎ込む貧乏No Music No Lifeが始まりました。
 バイトがある日には当然のようにCDも購入し、CDでちょっとしたベッドが出来るぐらいの勢いです。
 おかげでCDショップの店員さんとはずいぶんと仲良くなり、ある日女の子の店員さんに「このアルバム、好きなんですか?」とか話しかけられてちょっとした恋が生まれてもおかしくなかったのですがそういったことは全然ありませんでした。

 ともあれ、当時のR&Bと言えばボーカルグループがもてはやされていた時代で、探すには事欠きませんでした。
 おかげで好きなアーティストもたくさん出来て、いよいよ洋楽スキーの道から抜け出せなくなってしまいました。
 今となってはR&B以外にもFunkやJazz、Houseなどなど、色んなジャンルに手を出してる割に聴く時間をとれずに浅く狭く上澄みを掠るようなNo Music No Lifeですが、裏打ちリズムが大好きなぼくの原点は多分ここにあるんじゃないかな、と思ったり思わなかったりのアルバム語りでした。

 ぐだぐだな上にとっ散らかった長文でしたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

 みんなもっとR&B聴こうぜ!



Author:mizuchiP
マイリスト:自作MAD http://www.nicovideo.jp/mylist/15240917
ブログ:王様は耳 http://wg2nd.blog24.fc2.com/





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/13-e8646363

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。