Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/135-6bcd045e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

井川式 第24回 「星新一のススメ」

当コラムをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか? 井川KPです。


曲がりなりにですが、私はニコニコにて、アイマス動画を投稿するにあたって、読み物系の作品の投稿も行ってきました。

というより、そっちの方が主軸になった感があるワケなんですが。(笑)


読み物系の作品を作っていると、やはり過去に読んだ物からの影響を受けていることが判ります。

記憶というのは、経験から色々と引っ張り出してくるものなので、意識していなくても顕著に表れるそうで。

今回は、私が影響を受けたであろう、文学作家の話です。


私が学生時代、よく読んでいた作家として【星新一の作品が挙げられます。

ホラー小説のコラムの時にも、ちらっと名前だけは書いていたかと思います。


名前だけ見るとペンネームっぽいんですが、これが本名です。(厳密に言うと、本名の下の名の漢字は親一だそうです)


なんとまぁ、名前だけ見てもSFチックな名前になっているのかと思いますね。

実際、この人の書くジャンルはSFの作風が多いのですが。


具体的にどのような作家と言いますと、1957年に日本初のSF同人誌(薄い本の意味ではありません)を創刊したそうです。

また、後に「ショートショート」という分野を開拓したことで有名です。

念のために説明しておきますと、ショートショートというのは、短編小説以上に短い小説のことを言います。

厳密な規定は存在しないものの、一般的には原稿用紙10枚以下に満たない作品を指すようです。(この辺はwikiを見ました)



さて、星新一はこのショートショートという分野にてなんと1000作以上の作品を世に送り出した、レジェンドです。

書店の文庫本コーナー(主に新潮文庫)に行けば、すぐにでも見つかります。

一冊500円前後のモノが多いので、比較的手に入れるのも簡単だと思います。


私が星新一を好む理由のひとつとして、作品の舞台背景が判りやすいということがあります。

先ほど書きましたが、SF的な作風を織り交ぜ、近未来的な設定の話を書いていることが多いです。

これは、時代の流れに流されることがなく、20年前に読もうが30年後に読もうが、違和感なく読むことが出来るということです。

星新一は幅広い世代から支持されていますが、そこが大きな要因だと言えると思います。


また、単純に話が面白いからというのも大きな理由のひとつです。

ショートショートという名の通り、文庫本のページ数で言っても4・5ページで終わる話もあるほど、それは短いです。

ですが、その短さが逆に追い風になっているのか、ひとつ読み終わるとすぐに次の話が始まるので、まず飽きが来ません。

何より、話のひとつひとつのオチが秀逸で、ストンという音がするかのように、毎回オチが綺麗に決まってるんです。



昔のネ友から伺ったことがあるのですが、『現代で言うところのライトノベル。判りやすく、読みやすくて面白い』とのことで。

つまり、ラノベが好きな人であれば大いに楽しめることこの上なしということです。


ただ、だからと言って長編小説が書けないのかということではありません。

長編小説も書かれていまして、私の好きな作品のひとつに群像劇がテーマの作品があるのですが、それもまた面白いんですね。

スマートに決まっていて、流れるように話を読み進めていき、気が付いたら読み終わっていた……という。

すっかり読み耽ってしまうくらい、面白かったということなんですよ。


このコラムを読んでもし、星新一に興味を持った方がいましたら、是非書店でお探しになってみてはいかがでしょうか。

【宇宙のあいさつ】【ボッコちゃん】【ようこそ地球さん】この辺さえ押さえておけば、まず魅力が判ってもらえるかと思います。

それでは第24回は終了です。次回は『アクトマスターとかいう架空戦記』について書きます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/135-6bcd045e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。