Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/20-8a7b3cb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第16回 ライムライトP 「Cirkus: The Young Persons' Guide to King Crimson - Live/King Crimson」

おおよそロックバンドに限らずミュージシャンにライブは付き物です。
もちろん例外も多々ありますが(例えば後期ビートルズとか)、それはさておき。
ライブに行って生のバンドを体験できるというのは、それはそれはとても貴重で幸せな時間です。
しかし、邦楽ですら行けないバンドも多々あるというのに海外のちょっとマイナーなバンドになってしまうと、生で見る機会なんてのは相当限られます。
技術の進歩というのは恐ろしいものでライブをUstreamやニコ生でリアルタイムで見れるようにはなりましたが、
残念ながらすでに活動してないバンドはそれすらも許されないわけで。

となると、ライブを疑似体験するにはいわゆるライブ盤にしかすがるものがありません。
しかし、ライブ盤は生のライブで体験できる一部分を切り取ってしまっているのも事実です。
生のライブの迫力を知ってると、疑似体験というには余りにも物足りないのです。

The Young Persons Guide to King Crimson
「Cirkus: The Young Persons' Guide to King Crimson - Live/King Crimson」

http://www.amazon.co.jp/Cirkus-Young-Persons-Guide-Crimson/dp/B000F3A7LY/ref=ntt_mus_dp_dpt_5

さて、今回紹介するのはプログレ界を代表するバンドであるKing Crimsonのライブ・ベスト盤「Cirkus - The Young Persons' Guide To King Crimson」です。
バンドの紹介をしだすとこのページがそれだけで埋まってしまいますので省略させて頂きますが、プログレ界というよりロック界でも有数なライブバンド。
実際、公式・非公式問わず音源が大量に存在するバンドのうちの一つです。
そんなバンドが"若い人向け"に作ったライブ盤というのは一体どんなもんなのか。

まず、初めて聴いたときに違和感が全く無いという恐ろしさ。
1枚目は84年~95年、2枚目は69年~96年からリストアップされてるのに通して聞いて全く違和感が無い。
74年の音源から96年の音源にシームレスにつないだり、同じ日の公演の曲順を入れ替えて並べたりしてるにも関わらず。
つまり、鬼のように編集はされてるというわけです。
実際、最初は騙された。

次に、若い人向けにと謳ってるだけあって非常に聴きやすい。
もちろん、クリムゾン自体聴きやすいバンドでは決してないわけですが、音質はいいですし演奏もまとまった音源を選んで選曲されてます。
有名な曲もそれなりにきっちり入ってますので純粋にベスト盤としても評価できます。

最後にこれがライブ盤という事実が一番恐ろしい。
スタジオ盤でこれ以上に緻密な演奏をするバンドはもちろんいるのは否定しませんが、ライブでこれだけのことをやれるバンドというのは数えるほどにしかいないわけです。
しかも、面子は時期によってバラバラ。当然、曲調は時期によって全然バラバラだし、作曲した面子と演奏した面子がバラバラな音源もある。
なのに、どれも間違いなくクリムゾンのライブであると聴かせてしまうのは、決してネームバリューのせいではない。

要は「いいから聞け」なんですけれどね。
ライブを切り取ったというには余りにも手が入っているのに、ライブの臨場感とかは当然生での体験に劣るのに。
恐ろしくライブにいるような錯覚を覚えてしまう。

まぁ、ぶっちゃけて言ってしまえば他の音源(公式・非公式問わず)を聴いて比較できるからというのは否定しませんが、
このアルバムを聞いてから本格的にクリムゾン、もしくはプログレに深入りしたわけで。



奇跡としか言えないような面子とアルバムだったが故に短命に終わった第1期、レベルを上げて物理で殴るような肉体的で血の通ってる感じの第2期、重厚なリズム隊と繊細なフロントマンのアンバランスさから繰り出されるインプロを魅せつける第3期、
ザッパ門下生を手に入れて飛び出すひねくれたポップさと変な軽さと複雑なシーケンスの第4期、"ダブルトリオ"というコンセプトで更に進化を遂げた第5期、Vドラムという新しい飛び道具を手に入れて"ヌーヴォ・メタル"なる新展開を魅せた第6期(ただし、このアルバムには収録されてないけど)
そのどれもが間違いなくクリムゾンであるし、どの面子も一級(っていうのがおこがましいレベル)の"生の"演奏を魅せてくれるのは確か。



ていうか、いい加減DGMLiveはもうちょっと目新しい音源を(以下フリップ翁への愚痴



Author:ライムライトP
マイリスト:作ったもの http://www.nicovideo.jp/mylist/19851114
ブログ:ライムライトPの宮殿(仮設) http://d.hatena.ne.jp/limelightp/



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/20-8a7b3cb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。