Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/205-ab67420a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

8月のMONTHLY PICKUP!! 『つきみP』

 今回で第3回目となるこの企画、『MONTHLY PICKUP!!』は、当編集部としては珍しく、ノベマスPに焦点を当ててみようということで、稼働初期より様々なジャンルで動画が投稿されているアイドルマスターシンデレラガールズの中でも幸子や楓さんなどをメインにしたノベマスを投稿されているつきみPに話を伺いました。

デビュー作での新人とは思えないテキストの旨さの理由や、また幸子や楓さんの動画での世界観の共有などなど、今回の記事を読んで作品を見直すとよりいっそう楽しめるのではないでしょうか? 


(interview & text by keyfard, publish by キリキ)




『The world is all one !!』で春香さんがウィンクするじゃないですか?あそこで「あ、ちょっといいな」と思いまして……。



春香と美希が漫才をするようです
つきみPデビュー作『春香と美希が漫才をするそうです』より
春香、美希、伊織の流れるような掛け合いが見てて楽しい作品。
流石は芸人プロダクションである。全4作。


――今回は疑似m@sPのつきみPにお越しいただきました。

つきみP そうですね(笑)。

――最新作が疑似m@sなもんで……(笑)。

つきみP そうか。一番最新は疑似m@s(※1)ですね(笑)。

※1 インタビュー当時(2013年7月)、つきみPの最新作は『アタシポリンキアンドロイド』となっていた。

――とまあ、冗談はさておき。ノベマスPであるつきみPにお越しいただきました。今回は私が個人的にお話を伺いたいという願望もあり、つきみPの名前を挙げさせていただきました。

つきみP ありがとうございます。

――早速なんですが、アイマスに出会ったきっかけって何ですか?

つきみP 知り合いに「貸すから見なよ」と録画したアニマスを渡されて見たのがきっかけでした。正直、アニマス1話は構成が特殊じゃないですか?

――そうですね。アイドル一人一人の紹介に徹した1話でした。

つきみP アイマスという作品自体が、完全に初見でよく分からなくて、カメラマンの視点で話が進んでいた部分も「あまり好みではないな」、と思いつつ見ていました。……それから1話のエンディングの中の『The world is all one !!』で春香さんがウィンクするじゃないですか?あそこで「あ、ちょっといいな」と思いまして……。エンディング後に、視点が普通の物語の視点に移るんだなと分かったので、それをきっかけに継続して見始めて、テレビ放送の13話に追いついた頃にはもうドはまりしてました。

ダイスDEハルカ
つきみP『ダイスdeハルカ』より
シンデレラガールズ内のエイプリルフール企画「ダイスdeシンデレラ」のパロ絵。Twitterでこの作品を紹介しつつ、
春香さんがいなかったらアイマスにハマることもなかったんじゃないかと思います。誕生日おめでとう!!!」と綴っている。


――なるほどー。アニマスからアイマスを知ったとのことですが、ニコマスを知ったのはいつ頃ですか?

つきみP ニコニコ動画自体は以前から知っていて、ニコマスも触れていなかったとはいえ、一つのジャンルとして大きく展開しているのは知っていました。元々二次創作も好きだったので、アニマスを見始めた頃から同時進行でニコマスを見始めました。

――それから自分で動画を作りはじめたきっかけは?

つきみP 明確なきっかけがあったわけではないですが、アイマス以前から創作活動を色々やっていた人間なので、「これだけハマったなら何か作りたいな」と。動画なら比較的人の目につく機会も多そうだなぁとか、自分が作るなら物語だし、ニコマスではノベマスというジャンルがあったのでそこから始めた……という流れですね。

――デビューは13年6月となっていますが、動画を作り始めたのはいつ頃から?

つきみP 初めは真面目な話を作る気は全くなくて、脳直で打ち出した会話を動画にしたのがデビュー作となります。それを動画にするのに素材を集めだしたのが投稿の半月前ぐらいで、実際に作り始めたのは1日ぐらいなので、6月に作り始めて6月にデビューですね。

――……いやぁ、ノベマスってそんな簡単に出来るものなのかなぁと(笑)。

つきみP (笑)。素材などは色々な方が公開されていますし、素材アップローダーもありましたので、ありがたく使わさせていただきました。紙芝居クリエーターは初心者にも分かりやすいツールだったので、使わせていただきました。

――昔に比べて今は動画を作りやすい環境ですよね。PVでも多数の人が素材としてノーマルPVをアップされてますからね。

つきみP そうですね。入りが遅かった分(動画を作る)環境には恵まれていました。




初めて見た時「コイツ(幸子)、ボクって一人称合わないな」と思ったんですよ。



【自称:優等生】輿水幸子
つきみP『【自称:優等生】輿水幸子(眼鏡)』より
幸子の趣味である勉強ノートの清書をしている場面を描いた一枚


――ところで話は変わりますけど、アイマス以前にも二次創作活動をやっていたと話していましたが、例えばどんな作品の二次創作をしていましたか?

つきみP えーっと(笑)。具体名は出しませんが、RPGの二次創作だったり、二次創作に限らず一次創作で物語を書いたりゲームを作ったり色々やってましたね。

――そのニコマスP以前の作品って何処かに公開されているんですか?

つきみP 公開されてはいますが、今は人目につかないように葬ったままです(笑)。

――(笑)。

つきみP 過去の遺産です(笑)。

――文章は前から書いていたそうですが、絵の方は最近から描き始めたんですか?

つきみP 全く描いてなかったわけではなくて、前々から絵も描いていましたが、早々と挫折した人間なので……それで絵を描かなくても済む小説に寄っていった傾向はありました。動画を作り始めてからは文章以外に画と音楽もあるので、画面を映えさせる為には絵もあったほうがいいだろうと。でも頼む人脈がない。「じゃあ自分で描こう」と(笑)。それで投稿し始めてからまた描き始めました。

――個人的には眼鏡好きなので、眼鏡っ娘の絵を投稿してもらえると嬉しいです(笑)。

つきみP (笑)。僕もそんなに眼鏡好きだとは思っていませんでしたが、最近もうダメですね。眼鏡最高ですね。

――(爆笑)。
それはさておき、今現在投稿されている動画の中で、765プロなら春香伊織美希、シンデレラガールズなら幸子と楓さんなどがメインとなっていますが、動画でフィーチャーしているアイドルが好きなアイドルという認識で合っていますか?


つきみP 基本的に好きなアイドルや興味のあるアイドルについて考えてみたり、キャラクターを掘り下げていって、物語を思いついてそれがまとまり次第動画にするという形を取っています。また動画を作ると、そのキャラクターがより好きになりますね。

――いろいろな人の話を聞くと動画を作っていく内に愛着が湧く人は多いみたいですね。

つきみP やっぱり長い期間そのアイドル自身についてや、周囲の環境だったり人間関係などを考えたり……そういった過程で好きになっていきますね。

――そう言えば、シンデレラガールズはいつ頃から始めました?

つきみP シンデレラガールズはアニマス放送終了前後に稼働し始めたと記憶していますが、当時アイマス触りたてだったので765プロのアイドルもはっきりと区別が付かなかったんですよ。その状態で、さらに100人以上のアイドルと言われても分かんねぇよと思い、しばらくは触っていませんでした。それから半年後ぐらいに登録して始めましたが、ソシャゲに慣れてない事もあって早々に諦めてしまいました。でもニコマスやpixiv、同人誌などの二次創作で色々シンデレラガールズのアイドルに触れていって、そこからまた復帰しました。

――楓さんや幸子にはどんなところに惹かれましたか?

つきみP うーん(笑)。楓さんを知った時にはすでにCDデビューした後だったので、曲もいいしキャラの雰囲気もいいなと感じていましたが、一番のきっかけは陽一P(参考:タグ検索)の三部作(※2)だと思います。アレを見てからぐっと好きになりました。
……幸子の場合は、(彼女って)ボクっ娘じゃないですか?(アイマスでは)菊地真以来のボクっ娘という話がありましたが、初めて見た時「コイツ、ボクって一人称合わないな」と思ったんですよ。真のようなボーイッシュな女の子や普通の女の子が「ボク」って使っているのはアリだと思っていますが、幸子が「ボク」という一人称を使っていることに違和感があって……仮に幸子が「ボク」というのが作ったキャラだとしたら何故そうなったんだろう、と考え始めてそのまま動画にしたんです。そうやって考えていく段階で「コイツすげえいいなぁ」ってなったんですよね。幸子に関しては動画を作りながら好きになっていった、という感じです。

※2 『【モバマス】 “楓は気づかいが少ない” 【高垣楓】』、『【モバマス】 “楓温泉アドミラブル” 【高垣楓】』、『【モバマス】 “楓告白ビギニング” 【高垣楓】(修正版)』からなる三部作。Pと楓ちゃn……楓さんの会話メインのノベマス。末永く爆発しろ!

輿水幸子は顧みない。
つきみP『輿水幸子は顧みない。』より
素直照れ幸子カワイイ。
つきみPを象徴する全3部作(番外編1作)なので是非見てもらいたい作品。


――デレマスやミリマスはゲームとして描かれているアイドルの姿が、所謂本家と違って少ないからそういった面が強くなるんでしょうね。

つきみP そうですね~。やっぱりソーシャルゲームなので所々のセリフしか情報が出てこないし、キャラ同士の絡みも少ないですからね。

――デレマスやミリマスの動画を見てて感じるのが、同じアイドルでも色々なキャラの捉え方があるんだなぁと思います。もちろん765プロのアイドルでも感じますが、それが一層顕著なのかなと。Pによって色々な特徴が出ていて楽しいです。

つきみP アイドルに対する解釈の幅は広いですし、考える人によって千差万別なので。やっぱり人の作品を見ていても面白いですよね。

――……今回この企画『MONTHLY PICKUP!!』でノベマスPをお招きしようという話を編集部内でありまして、「誰を呼ぼうか」「最近ならデレマスやミリマスを題材にしたノベが多いからそういったPを呼ぼう」という流れになったのですが、こう言うと失礼ですが「あまり綺麗な人居ないなぁ」と(笑)。

つきみP (笑)。比較的ギャグ系というか、そういった方面のPが多い傾向ですね(笑)。

――やっぱりそういった路線のほうが(再生数が)伸びやすいというか人目に付きやすい、またPから見れば作りやすい印象なんでしょうか?

つきみP 僕もデビュー作は765プロのアイドルで漫才をするノベマスを作りましたが、こういう雰囲気の動画なら受け入れられやすいかな、という思いはありました(笑)。




如何に自身の描いた世界観に没頭してもらえるか考えて書いてます。



高垣楓の事情
つきみP『高垣楓の事情』より
彼の/彼女の恋はメープルシロップの様に甘いのだろうか?それとも……。
楓さんとPの(夫婦)漫才も楽しい作品。全3部作。


――先ほど楓さんを好きになった一番のきっかけは陽一Pの作品だと伺いましたが、作品を作る中で影響を受けたPや作品などはありますか?

つきみP 「この作品いいな」とか「この作品好きだな」と思うことは多いですが、それから影響を受けてはいない……つもりなんです。もしかしたら受けているかもしれません。基本的に「○○Pの様になりたい」という思いはありません。でも部分的な要素として、画面の使い方やテキストの使い方など、自分の作品に合わせて取り入れていくことはあります。

――結構頻繁に、ボン太くんさん(ボン太くんP 参考:タグ検索)やほしりんくん(星凛P 参考:タグ検索)、はぐにゃん(はぐれ猫P 参考:タグ検索)等々いろいろな人とイチャイチャ……じゃない、通話(Skypeの音声チャット)をしている印象ですが、作品を見せ合ったりしているんですか?

つきみP (笑)。ノベの構想段階で「次こういうノベを作りたいんだけど……」と話したりしていますが、構想が固まって実作業に入ってからはほとんど話すことはないです。一部の人とは出来上がった作品を見せて、粗がないか、ミスがないかの確認はしてもらいます。自分の作品では人が関わるのはあまり無いですね。逆に首突っ込むことはありますけど。

――PVPだと頻繁に作品を見せ合ったりしてるのは、編集部内でもPVPが居ますので、PVPが頻繁に作品を見せ合ったりしているのはそこそこ聞きますが、ノベマスPの場合はどうなんだろう、と疑問だったんですよね。

つきみP 今年に入ってからは楓さんの動画ぐらいしか作っていませんが、それ以前は完全に一人で作っていましたよ。出来上がり次第投稿する形をとっていました。最近では色々な人との関わりも増えてきて、動画の話をする知り合いも増えてきたので、相談をしながら作ったりします。作り方という面では、話作りに関しては動画を作る以前からやっていたので、それをそのまま引き継いだ形です。動画にする場合は小説と違って画面や音があるので、模索しながら作ってます。
ノベマスで大変だな、と思う点は「動画の尺」の問題ですね。PVだとずっと絵が動いていますし、手書き動画でも絵がコロコロ変わって飽きないですが、ノベマスだと何も考えずに作るとただ文章が一本調子で変わるだけになるじゃないですか?その上読むスピードもこちらで設定したペースで読んでもらうしか無いので、そういった部分は手探りで考えたり、知り合いの人に聞いて、少しずつ学んでいってます。

――なるほど。PVだと(例外はあれど)長くて5分程度、ノベ架空だと最長60分超えがあったりします。私自身もそうですが、動画時間が長いと動画を見ることに気後れする人も結構いるみたいですね。
ノベマスPによって様々な傾向がありますが、つきみPの作風としては、文字を読ませる……そのシナリオやキャラの掛け合いを重点に置いているという認識で合っていますか?


つきみP そうですね。僕が作っている作品はシナリオがメインだと考えているので、如何に自身の描いた世界観に没頭してもらえるか考えて書いてます。動画の画面やBGMも如何に文章を引き立たせるか考えて作っています。

――つきみPの作品では、ノベマス以外にもブロマガでもSSを投稿されていますが、読んでみると焦点を当てているアイドルが、ウサミン、楓さん、ままゆと、動画と結構被ってるんですよね。アレはなにか意図があるんですか?例えば世界観が共有してるとか?

つきみP ぶっちゃけると、SSで取り上げたキャラが動画と被っているのは偶然なんですよ。

――そうなんですか?(笑)。

つきみP 結構色々なキャラの話を書いていますが、完成したのが投稿している作品だけなので……まだ上げていないキャラSSが十数人いるので(笑)。それと、ノベマスの方では世界観の統一は行ってます。楓さんのノベマスに、幸子のノベマスで書いた「幸子」と「P」を出演させたり、事務所の設定も表には出してないですがきちんと整えてます。逆に世界観を統一してしまったがために、「一人のキャラで一つの話しか作れない」という制約にもなっちゃったんですよ。番外編の様な話なら作れますが、全く別の設定での話が作れないので……その別の設定で書きたいな、と思ったものをブロマガでSSという形で投稿しています。世界観を共有している話であれば、どこかしらにその旨を書いています。そういった記載がなければ全く別個の世界だと思っていただけたらな、と。

輿水幸子は渡せない。
つきみP『輿水幸子は渡せない。』より
所謂番外編ではあるが、世界観が繋がっているのがよく分かる一作。
幸子Pと楓さんが呑んでいる裏では、こんなお話も


――なるほどー。次からそこにも注目してみようと思います。
話は変わりますが、次回作の構想などはありますか?どのキャラでどんな作品を作りたいなどあれば。あ、別に進捗を聞いてるわけではないですけど(笑)。


つきみP 動画の方だと、先ほど言ったように共有している世界観の中で別のアイドルを描きたいという思いは常々ありまして……色々なキャラで作ってはみましたけど、諸事情でボツにしたり一時保留にしたりしています。……最近4人分ぐらいボツっちゃったんですが(笑)。現在進行形で制作しているのが、北条加蓮をメインにした話を作っています。これも最終的にはボツになる可能性もありますけど(笑)。

――(笑)。

つきみP 後は「あんきら」の話も詰めていますし、幸子も一応物語としては完結させましたが、番外編として今年の(幸子の)誕生日に投稿しようと思っています。

――おお!期待してお待ちしております。

つきみP ありがとうございます(笑)。

――今後もたくさん動画とメガネ絵を投稿してくれると、漏れ無く私が喜びますので。

つきみP はい、がんばります(笑)。

 (了) 




つきみP
2013年6月に『春香と美希が漫才をするそうです』でデビュー。765プロのノベマスでデビューしたが、最近はシンデレラガールズのノベマスを中心に投稿している。一つ一つの作品が丁寧に作られており、その世界観やアイドルの心理描写、キャラ同士の掛け合いなど、どれも楽しめる作品ばかり。ブロマガでSS、静画も投稿したりと多才な一面も。代表作に『輿水幸子は変わらない。』、『高垣楓の事情』など。




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/205-ab67420a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。