Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/222-5f1c108d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Pとこのニコマス 第6回 ほりぞ氏 『アイドルマスター 「2.O.O.S.」』(TataguP)

Pとこのニコマス(colorful) - コピー
『あなたの好きなニコマス動画について語った文章』を集め、公開していくコラム。
今日はどんな動画へのどんな思いが綴られるのだろうか?

第6回 ほりぞ氏

・アイドルマスター 「2.O.O.S.」
TataguP

Pとこのニコマス_【ほりぞ】スクショ


この動画を観終わって最初に思ったのが「悔しかった」ということ。
というのも、この曲この選曲でこんな構成で動画を作りかけてたからでして。そんな中でこんな素敵な動画が投稿されちゃったものだから即ボツでした。

自分はニコマスPではありませんが、ニコマス動画はいつも新鮮で昔からいろいろ観ています。その中でもTataguPは「NEVER BE @LONE」の頃から注目していました。刺激的な選曲と自由な編集で観てて勉強になるし飽きません。改めてニコマスは奥が深いなぁなんて思ったものです。


この動画はカットアップ面の強い曲ということで、前半はコマ割り演出。ニコマス動画ではありませんが、この演出は過去にある方が投稿された「Deck the house」というAMV(※Anime Music Videoの略でMADと近い存在)がありまして、かなり影響を受けているのだと思われます。自分の一番好きな動画でよく観ています。そんなコマ割り演出はイメージ的には割り切った「音ハメ特化」な編集です。個人的には大好物な演出なのですが「2.O.O.S.」では後半からがらっと雰囲気が変わり、撮影面に意識が向いたライブ構成に。終盤の細かさも魅入るものがあります。

全体的にアニマス全話のいろんなシーンがふんだんに使われており、動画の最後にあった「あなたにとって『アイドル』とは?」と振り返るのもいいでしょう。これはアニマス本編内では765プロのアイドル達に向けられた質問。ここでは視聴者に向けられた質問だと捉えています。


その答えがこの動画に指すものなら、前半の割りきった編集である音ハメ特化が活きてくると思います。"ほぼ"繋がりのないシーンチョイスなわけで、簡単な話、このアイドル達は色んな事してるなぁなんて思うでしょう。しかしながら完全に繋がりがないわけでもなく、動画中盤での春香のエピソードがミソで、そこからライブに発展、最後に再び振り返る。春香的にもこの中に「あなたにとっての『アイドル』」がどこかにきっとあるはずです。

別の答えとして、今度はニコマス動画全体を指してみましょう。周知の通り、ニコマス動画は様々な動画があります。Pの数だけ魅せ方が変わってくるものです。ニコマスPにとってのアイドルの魅せ方が動画にでるわけですから、「2.O.O.S.」のようなニコマス的には変わった動画もアリなのです。自分としてはこの動画に関してはAMVの印象が強いのですが。以前、アニメMADもよく作られているPの方と話をした時に「ニコマス側からしたらアニメMADは魅せ方が違って新鮮」だということを聞きました。最初の方に書いた、自分がニコマス動画対して思っている印象と同じことでした。アニマスが始まってからというもの、アニマスMADも増えました。今後もいろいろアニマスMADも出てくるでしょう。お互いいい刺激になればいいと思います。

そんな感じでいろいろな答えを考えていれば「あなたにとって『アイドル』とは?」という質問を最後に持ってきた意味があるのではないでしょうか。

簡単に観るなら「音ハメ気持ちいい、と思ったらしっかりまとめられている」「色調補正や撮影が丁寧」と楽しむのも良し、深く観るなら先述に書いたことを考えながら楽しむのも良しな素敵な動画でした。


自分は一応アニマス動画も何本か投稿しているMAD作者でありますが、今回別ジャンルの界隈から観て思ったニコマスのことという感じでつらつら書かせて頂きました。新鮮な気持ちで読んで楽しんでもらえたら幸いです。

最初にも書きましたがいい意味で悔しかったです。そんなことを思ったのは初めてで。TataguPの思惑通りかどうかはわかりませんが、自分がこの動画を観てこんなに色々書いちゃったくらいです、どっぷりハマったことには間違いありません。

それでは長文になってしまいましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました!


・・・ちなみに、「2.O.O.S. (To Our Own Sentimentality)」は元々「2005」という曲のリミックス曲で、2005年から稼働開始されたアイドルマスターと上手くかけてるなぁなんて思いました。



(了)








『Pとニコマス』のコーナーでは皆様のニコマスに対するアツいテキストを募集しています。
詳細はこちらまで





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/222-5f1c108d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。