Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/237-72896cd3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

開催直前!!『Nicom@stream!!2014』&『VerRockin'Live!!!2014』スタッフインタビュー!

今年の年末はニコマス生放送企画がアツい!!

12/12にはあの伝説のニコマス生放送ライブイベント『VerRockin'Live!!!』が『VerRockin'Live!!!2014』として復活!
そして12/12~12/22に掛けては、大型生放送企画『Nicom@stream!!2014』が開催される!

『VerRockin'Live!!!』(以下VRL’14)は主に動画製作者が自身の動画でセットリストを組んで生放送を行うイベントであり、ニコマス版ロックフェスのようなものである。
対する『Nicom@stream!!2014』は制限なく自由に組んだセットリストを事前に募集し、それをプログラムに従って放送するイベントだ。各々の選んだ珠玉の動画が奔流のように流れる10日間となることだろう。

そんな二つのイベントから、今回は『VRL’14』より主催のごPを、『Nicom@stream!!2014』よりまろーね氏、えびP、内科部長をお呼びし、話を伺った。
ニコマスの楽しさを再確認させてくれるような二つのイベント。スタッフはどんな想いをそこに込めているのだろうか。

(Interview by アゥP、text by アゥP、ハバネロP、keyfard、ムニエル)



次の動画がロードされるまでのあの時間が楽しいんだよね。
――内科部長


NSVRL01.jpg
キーボーP(参考:タグ検索)による『Nicom@stream!!2014』キービジュアル。
イベントの盛り上がりを予感させる、躍動感にあふれた一枚。
ロゴは当ブログのコラム『Pとこのニコマス』のロゴも手掛けたクローゼットP(参考:タグ検索)。


――今回は『Nicom@stream!!2014』からまろーねさん、えびP、内科部長、それと同時期に開催される『VRL’14』からごPをお呼びしてお話を伺おうと思います。まずは『Nicom@stream!!2014』の方からお話を伺おうと思うんですが、この企画の発端はどのようなものだったんですか?

まろーね 以前、naさんが企画放送というか、セットリストを流す放送をしてたんですね。春香さんの、夏の何だっけ?

えびP 水着が……。

内科部長 水着が何とかじゃなくて、夏の(笑)。

えびP あれ?なんか水着しか覚えてないんだけど(笑)。

(一同 笑)

えびP 「夏だ水着だ何とかだ」みたいな

まろーね そうそうそんな感じだった気がする。ちょっと待って今題名確認するから。

えびP 「夏だ水着だニコマスだー」みたいな。まぁその夏の物に限らず、naさんってたまーにゴツいセットリスト生をやってるんです。

まろーね そのセットリスト生を見て、丁度裏でみんなで喋ってたんですよね。

――みんなというのは今回の(メンバー)?

まろーね ぽぽんがぽんさんの所だっけ?

内科部長 そうですね。ぽぽんさんが、一応非公式ライブビューイングのはずだったけど、一応naさんに了解を得たので公式ライブビューイングになったっていう放送をやっていて。みんなでそこに押しかけていたんですよね。

まろーね そうですね。突撃してた訳ですよ。ダラダラ話をしながら、最後の方ぐらいで確か、「いや~こういう放送何日か連続でやったら面白いかもね」みたいな話をチラッとしたんですよね。

えびP あったあった。

まろーね えとね、『夏だ水着だニコマスだ』だ。

えびP やっぱりそうじゃん。当たりじゃん。

――自分もその放送、確か見てました。

まろーね 2014年の8月10日にやってた『夏だ水着だニコマスだ』の生放送の裏で、ぽぽんさんがやってたライブビューイング的な生放送で、喋ってる最中に思いついた企画がそんな感じだったんです。そこで、気分的に盛り上がってたから「これを企画でやったら面白いな。またやるか!」みたいな話になって。

内科部長 ライブビューイングが終わってからそういう話をしてたんだよね。

まろーね その時、確かえびPとかもいて、「じゃあ俺が宣伝動画作ってやるよ!」的なね(笑)。

えびP 「俺にまかせてくれよ」とかね。

内科部長 そうそうそう。

まろーね 「マジかよ~」って。

内科部長 「じゃあ俺は宴会やる金出すよ」みたいな。

えびP そこかよ(笑)。

(一同 笑)

内科部長 「焼き肉食うかー」みたいな(笑)。

まろーね 「じゃあ俺放送するよ」みたいな話になって、企画として「じゃあやるか!」という話になったんだよね。

えびP 割りとトントン拍子に話が。

まろーね すごいトントン拍子だった。

――じゃあメインの運営はその時に居た人みたいな、そんな感じで?

まろーね 基本メインはこの3人で「じゃあやるか」という話になって。PVも作れるし生放送も出来るし。金もあるし(笑)。

(一同 爆笑)

えびP 金はどうなんだって話だけど(笑)。

内科部長 金とかちょっとカットして頂いて。

えびP まぁ「裏で色々暗躍出来る人もいるし」っていう。「ああ、これはイケるな」つってみんな確信して、「じゃあやるか」と。

――まぁでも実際、冗談抜きで凄いメンツだなと思いながら、このイベントも企画会議生の時から聞かせて頂いてたんですけど。

まろーね 企画会議の最初の段階では、こんな事になるっていう予定は無かった。

内科部長 全然無かった。

えびP 軽く、2~3日やるかみたいな感じだったね。企画生やってる内に段々……。

まろーね ちょっと話がデカくなった。

内科部長 1回目の企画生に僕出そびれたんですよね。気が付かなくて。そしたらなんか、「『Nicom@stream!!2014』になりました」とかってまろーねさんから個チャ(個別チャット)がいきなり飛んで来てて、「あれ?題名が決まってる?」とかって(笑)。

えびP まず企画のタイトルを決める所から始めたんだよね。

まろーね で、企画会議という生放送をしてる時に、『Nicom@stream!!2014』という意外といい名前がポロっと出てきたんで。

えびP コメントさんで。

まろーね そうそう。コメントさんの方から、この名前がポロッと出てきたんで「これにしよう!」って決めて。で、この『Nicom@stream!!2014』という名前が決まったんですね。

――企画会議を生放送でやってしまうという、新しい形の企画だなぁと思ってはいたんですけど(笑)。

えびP 今言ったみたいに、視聴者さんのコメントでタイトルが決まるとかね。視聴者さん任せで色々決めてたんで(笑)。

まろーね 視聴者さんも巻き込んで、企画会議という名のアイデア出しをしてもらってたと。俺もそうなんですけど、企画を主催という形でやるのってほとんど無いんですね。だから、どうやっていいか分からないから、とりあえず生放送で「こういう時はどうすりゃいいのよ」みたいな感じで訊きながらやってたんですね。

――視聴者も巻き込んだ参加型企画って感じですね。

えびP 巻き込んだっていうか、まろーね君が面倒くさがりなんで(笑)。

まろーね そう(笑)。

えびP 人に決めさせるばっかりだったんで。それの延長でコメで決めさせるってな感じで(笑)。

――ハハハ(笑)。

まろーね 考えていない訳じゃなくて、喋ってると結構アイデアってポンポンって出てくるじゃないですか。それの延長上で、“企画生放送”みたいな感じで、みんなに聞かせつつ、みんなで喋りつつやるっていう方向性でやってた訳ですよ。だから、ウチらはガラス張りの運営だっていう話。

えびP そんなことやってたら、どんどん雪だるま式に話が膨れ上がっていったというのがあるんだけど。

まろーね そうそうそう(笑)。話がデカくなるのは構わないんだけど、ちゃんと企画に対してある程度期待を持ってくれているっていうのは良かったなと思います。

――先日えびPの宣伝動画も無事上がりましたが、タイムラインでも期待の声というか、反響が大きいなぁというのは、自分の目から見ても感じられましたね。

まろーね あの放送やってる最中のタイムラインって結構みんな(放送を)見ててくれて。で、その話題をちゃんとしてくれてたんで。「あ、結構みんな期待はしてくれてるんだなー」っていうのはありました。

えびP 「セットリスト生が面白い」っていうものを分かっている人達は盛り上がってるんですよ。我々の放送を見てくれている人とかは盛り上がってくれているんですけど、ただそうじゃなくて、例えば僕の告知動画を「面白そうなPV上がっているから見てみよう」って見た人が「セットリストをただ延々と何日も流す生ってそれ面白いの?」っていう感じの空気にもなってたりするでしょ。それを「面白いんだよこれは」と伝えるというのは結構難しいんですよ。

まろーね ま、俺らとしては「見てくれれば分かる」としか言い様がなくて。結局見てもらうまでに持ってくのが大変なのかなーって気はするけど。

えびP 「あ、なんかイベントやってる」って人に面白さを伝えるってのが、結構単純なだけに難しいなという。

まろーね それもあって、生放送とかで色々と喋ったり何だりしてれば、まぁある程度分からない人は「これってどういうものなの?」みたいな感じで訊いてくれるんで、それに対して答えたりすれば「まー分かってもらえるかなー」ぐらいで思ってたんで、企画会議もちょいちょいやりつつ。こないだの生放送でもそういう質問もそこそこあったんで、それにも答えたりしてたんですけど。

えびP まぁねぇ、セトリ生って見ないと面白さが分かんないんで。口で説明しても伝えきれない。

まろーね だから、ニコマスを長くやってる人だったり、見たり作ったりしてる人だったら分かるんだけど、いわゆるアニマス以降の新参の人が今は多い訳じゃないですか。新参と言うとアレですけど。その新しく参加して来た人達が、(企画に対するスタンスが)どういうものかって意外と分からないんですよね。そういう企画生とかってあんまりやってなかったんで。で、それの面白さを伝えたいというのもあったんで、やってみるのもアリかな、という感じになってますね。

えびP 挙句、僕の告知動画でも「何でニコマスを生で延々流すだけで偉そうなこと言ってんの?」みたいなコメントがついてて(笑)。

内科部長 あったあった(笑)。

まろーね 「だよなー」とか思って(笑)。

えびP 「そう考える人もいるよなー」と。

内科部長 その反論コメとかで「これを偉そうと感じるとかお前どんだけ自己評価が低いんだよ」みたいな(笑)。

えびP そうそう(笑)。だからざっくり言うと、その「偉そうな」と言ってる人の通りの生なんですけど(笑)。ただね、実際こういうことを生でやってみると、面白いんですよね。

まろーね ライブ感という、ニコニコならではの一体感というのがある訳じゃないですか。そういう所を出しつつ、セットリストを見て楽しんでもらえればなーっていうのはありますよね。

えびP そうそう。その人独自のセットリスト。

内科部長 誰が選んだセットリストか判るのが面白いんですよ。偉そうとかじゃなくて(笑)。

えびP だから、敢えてゲストさんの名前を大々的にフィーチャーして、それで「この人のセットリストどうなるかお前ら面白そうだろ?」という感じでやったんですけどね。

まろーね ま、分かってもらえない人にはまだ分かってもらえないかなーと。

――先程ライブ感という話もありましたけど、その人が選んだセットリストを公開するだけではない、という点にミソがあるんですよね。

まろーね 生放送でやるっていうのがミソな訳でね。

えびP 生放送で、「次はどんな動画だろうな」っていうのをドキドキしながら見るっていう。で、そのセットリストを選んだ動画が、ポンと生放送のプレーヤーに乗っかった時の「おおー!こう来たかー!」っていう感じ。「うわー懐かしいなー」でもいいし。

内科部長 次の動画がロードされるまでのあの時間が楽しいんだよね。

えびP そうそうそう。“nowloading”のね。

内科部長 「さて、さて、さて次は」と(笑)。「あーーこれが来たかーー」みたいな(笑)。

えびP 「ほうほう、これを選んで来るかー」みたいなね。あの感じっていうのは、ホント見てる人が楽しいんですよね。

まろーね ま、そういうのを味わってもらいたいというのはありますね。




だからもう面白いニコマスしか流れないと思って頂いて間違いない
――えびP


NSVRL02.jpg
オヤジオナ氏(参考:タグ検索)『ニコマストリーム【てんこ盛り】なお知らせ』より
画面いっぱいにフォントが踊る、まさに「てんこ盛りな」告知動画だ。


――なるほど。まさに生放送のライブ感を重視しているということですね。本当はこの次に企画の狙いなんかを伺おうと思ってたんですけど、まさしくそこがソレに当たるものですね。

えびP このセットリスト生の面白さを企画として告知して、どーんと宣伝することでみんなに見てもらって、みんなにこの楽しさを知って欲しい、と。で、しかも1日2日じゃない訳ですよ。9日間(※1)もやるという(笑)。

※1 このインタビュー後、1日の追加が決定し12/22までの10日間になりました。

まろーね 当初の予定より2日(※実際には3日)も伸びましたからね(笑)。

えびP ホントそう(笑)。

内科部長 「あれーこんな長かったかなこのイベント」みたいな感じですけどね(笑)。

まろーね えびPのあの動画でさ、日程がバーっと出てくるじゃない。あれ見ると「長ぇな」って思うもん(笑)。

えびP 僕の動画だと割とテロップとかコメントは全部パッパッと出すじゃないですか。でもあそこの日付だけはちゃんとじわじわーっと出していて。あれはだから、長さをみんなに感じで欲しい(笑)。

まろーね あれを見るとね、「あれ、長いな」と(笑)。

えびP ちゃんと音のテンポに合わせてシンクロさせてるんですけど(笑)。

内科部長 はははは(笑)。

えびP それでみんなからあそこの動画のコメで「長ぇ長ぇ」って言われて。してやったりだったんですけど。

――実際13日から21日(※実際には22日)までの9日間(※10日)ですよね。

まろーね 一応前夜祭もやるつもりなので。前夜祭と反省会を含めると11日間(※12日間)(笑)。

――2012年までは『VRF(※2)』『VRL』というお祭りがあったり、えびPも絡んでますけど『しわっす!(※3)』とか、そういう年末のイベントというのがあったりしたんですけど、去年辺りはあんまり(イベントが)なくて。自分もそれでちょっと寂しい思いをしてた部分があったんですけど、まー今年の年末はヒマが無いなと。

※2 『VERROCK FESTIVAL』の略。「ロックフェスをイメージした新しいタイプのMADPVイベント」をコンセプトに、2010年、2011年に開催された生放送イベント。出演Pごとに30分の枠が与えられ、まさしくニコマス版ロックフェスのような形のイベントとなった。また、2012年にはその流れを汲むイベント『VERROCKIN’ LIVE "STREAM"』が開催された。

※3 2007年から2012年まで行われた、12月にデビューPによるタグロック企画。もとは2007年12月にデビューしたアイマスMADプロデューサー達の合同特別企画であったが、翌年から2012年に至るまで毎年開催され、12月デビューPであれば年度を問わず誰でも参加可能のイベントとなった。


まろーね うん。今年は凄いでしょ。今年の年末年始は多分みんな忙しいと思う(笑)。『VRL’14』があって。で、ウチらの放送があって、『SingleM@ster(※4)』とか、雪歩誕生祭があって。で、その後Kさん(Turn-K氏)が連続放送をまたやってくれると思うんで。その辺の所をやると多分年末は生放送企画がキッチリ入っている。

※4 12/24に行われるアイドルマスターMADの企画。クリスマスを独りで過ごすPが12月24日PM9:02~翌朝までに「SingleM@ster」とタグに入力して固定するだけのイベント。内容はなんでも大歓迎。今年も開催予定。

えびP だから、僕らも雪歩誕生祭とかKさん生とか『SingleM@ster』とか。そこら辺を気を遣っている部分はあるんですよ。それであの日程になったっていう。

まろーね ホントはド年末になるかっていう話をしてたんですけど(笑)。

えびP 年末年始でぶっ通しでやるか、みたいな感じで。ゆく年くる年的にやろうと思ったんだけど、流石にそれはちょっとっていう(笑)。

まろーね あとみんなの都合も意外と合わないんで(笑)。

内科部長 運営のゆーいちP(参考:タグ検索)は実家がお蕎麦屋さんなんで、「僕その時期ソバ打たないとダメなんです」って(笑)。

(一同 爆笑)

まろーね 切実なところからね(笑)。内科部長は……。

内科部長 当直があるし、みたいな(笑)。

えびP 言うてもお医者さんなんでね。

まろーね 当直があって、その日俺出れないみたいな(笑)。ま、その日程を汲みしつつ結局こういう日にちになった訳ですね。

――ホントに年末はニコマスPも見る専の方も忙しい限りで(笑)。

えびP まぁ忙しいって言ったってね。それこそ『VerRockシリーズ(VRF・VRLの総称)』みたいに自分で生やる訳ではないんでね。まぁ一番忙しいのはまろーねさんなんだけど(笑)。

まろーね そうですね(笑)。当日忙しいのは俺だけなんですけど(笑)。

えびP まぁ見るのに忙しいとか言っちゃう人はまろーねさんに謝れって話(笑)。

内科部長 (笑)。2~3年ぶりですよね。忙しいニコマスの年末って。

まろーね マトモに忙しいのはたぶん2~3年ぶり位じゃないかな。震災後ってほとんど企画が立ち上がらなくなっちゃって。合作とかはあったけど、こういう生放送とかの企画って特に立ち上がらなくって。あんまり無かった訳ですけど。

えびP まぁ他人ごとで言うようだけど、やっぱり年末にニコマスのイベントが無いと寂しいですから。

内科部長 寂しいねえ、うん。やっぱりないと年が越せない感があるんですよね。

まろーね ニコ生を見て、正月の紅白じゃないですけど、ニコ生の企画を見て年始に繋ぐっていうのが、生放送が始まったのが09年だから、最初の3、4年は続いてるわけで。そう考えるとちょっと寂しいんですよね。やっぱ企画は年末って言う風に。

えびP 生で年末に企画ってなんかあったっけ?ほらたとえば新年会(※5)だと生のない時期でさ、素の動画で番組表を提示して「見に行ってください」的な企画だったじゃん。

※5 正式名称は「アイマス新年会~27時間無礼講SP~」。天然P(参考:タグ検索)主催の大型企画。TVの大型特番を模した企画となっており、27時間絶えず様々な動画を順次公開していった。アイドルマスターSP発売にちなんでPERFECT SUN、WANDERING STAR、MISSING MOONのサブタイトルを引用したジャンル分けがされている。またこの日は「世界で一番まっすぐが流れた二日間」としても有名。

内科部長 生は『VRF』、『VRL』じゃないかな。

まろーね あと、その前だと一応年末放送はみんなやってたんだよ。振り返り放送とか、俺も企画放送何回かやってたし。俺はほら、毎日やってた頃だと「通常営業」をそのままやってたんだよ、営業時間長くして。年末年始に見る放送は結構あったんだよね。

内科部長 結局今もコンスタントにやってるのはKさんなんだけど、Kさんも最近はニコマスって言うよりアイマスの人になってきちゃったんで、生放送もちょっとやっぱり昔とは違うから……。

まろーね ニコマスじゃなくてアイマスっていう放送になったね。

内科部長 ニコマスも見たいねっていうのはやっぱりありますよね。

えびP がっつりとニコマスを見たい。

内科部長 なんだかんだ言っても僕らニコマス民ですから。そういうところで楽しんでいかないと、楽しめない部分が多くなってきたんだよね。

えびP でかいこと言えばニコマスの逆襲ですよ。

(一同 爆笑)

――ほう。

内科部長 そこまで行くかなあ(笑)。

えびP 「NICOM@S Strikes Back」ですよ(笑)。だって9日間(※10日間)もガッツリ夜に総合行けばニコマスが見れるなんて、こんなニコマス好きには幸せな事ないじゃないですか。しかも色んな人がセットリスト組んで「これは僕の大好きな動画だ」「これは見ておかないとダメだよ」っていう動画を延々と9日間(※10日間)流すって、こんな楽しいことはないですよ。そこはぜひ推したいんですよ。

――今回いろんなゲストの方にセットリストを作っていただくということで、セットリストを出していただける方、ゲスト一般参加どっちも含め、なにか期待することはありますか?

まろーね 運営としては面白ければいいわけですから、どんな方のセットリストでも実際は構わないんですよ。だいたい見て面白いって思えるニコマスってみんなが見ても面白いんで。

えびP あと僕らが招待したゲストさんっていうのは、「この人がセットリスト組んだら面白そうだぞ」っていう人に片っ端から声をかけたっていうだけなんで。ねぇアゥP?

――……この記事の公開とともに私のゲスト参加は発表となっているはずなんですが、このインタビューをしている時点ではあんまり進捗がよろしくないので……(苦笑)。この記事を作りながらもセトリを組まないといけないという。

えびP まあでも一回セトリを組もうってなったら早いと思いますよ。「あれ時間足んねえ?」まであると思う。逆に。

内科部長 あのね、絶対ね時間足りなくなる。2時間枠なんて……って思ったけど最初組んだら4時間で(笑)。どうしようこれって。

まろーね アゥPは2時間だっけ?

――そうですね、2時間の枠を頂いてます。

まろーね 2時間結構短いですよ。

えびP いざセットリスト組もうかってなったらあれもこれも入れたくなるって絶対になると思う。20選のセレクトに近いと思いますよ。

――自分の見てきた限りの20選に近い感じですかね?

えびP そうそう、オールタイム20選みたいなもんなんで。

まろーね それをある程度選んでそこから削る作業に入ると楽しくなってくるから。

(一同 笑)

えびP そうそう(笑)。こっちを入れて、でもこれをいれたらあっちが……みたいな。

内科部長 でもこいつここに持ってきたらちょっとな……みたいな。

――なまうにさんに作っていただいたツールとにらめっこしながら、ですね。

えびP そうそう(笑)。

――今自分もポロッと口に出したんですけど、ツールまで作っちゃうってのもまたすごいですよね、この企画。

まろーね ツールまでっていうか、そんなことになるとは思っても見なかったんだけどね、こっちは。ただ生放送で一番きついのは生放送拒否で、それって動画は見れるけど生放送で流さないとわからなくて、確認する術って一般の人には無いんですね。全員がそういった生放送ツールを入れるかっていうと、それはめんどくさいじゃないですか。「手軽にできたらいいな」って話をしてた時になまうにさんが「あっ、作れるよ」って言ってくれたんで。

えびP 軽くね。

まろーね そしたら二日後だか三日後くらいに、ツールの第一弾が出来上がってた……という話ですよ。

――そんな軽く作れるもんなんですか。

内科部長 あのおじさんはね、たんなるエロオヤジじゃないんだよ。

(一同 爆笑)

まろーね それで何バージョンか作ってもらって、今のバージョンでフィニッシュを迎えたと。

えびP 参加者の方はぜひ利用していただければ。

内科部長 いまいくつか届いてるセットリスト見てもね、ホントめっちゃ面白いんですわ。みんないろいろ考えて作ってくるなあって思って。なんかアゥP胃が痛くなってきた?(笑)

――正直に言いますとね、こないだの告知動画公開生放送とか聞いてて、「これはヤバイもんにOKを出してしまったんじゃないか」と……。

(一同 爆笑)

えびP いやいやいやいや、絶対大丈夫だって。

まろーね みしお子P(参考:タグ検索)もかなり胃が痛いとか言う感じになってたから。

えびP なんか参加者勘違いしてるよね。別に勝ち負けを競うもんでもないし。

まろーね なにか比べたりするもんでもないし。

えびP そうそうそう。このコンセプトはだから、その人が組んだセットリストをみんなで楽しむものね、あくまで。だから、なんか突拍子もない動画選んでも「あ、これ持ってくるのか」っていう感嘆はあるわけですよ。だからド定番を持ってきても「うわああ、これ来たぁあ!」ってなるわけですよ。視聴者側からすればみんなで動画を見てみんなで感想を共有するのがとても楽しくなると思うんで、だからぶっちゃけ言ってどんなニコマス来てもみんな反応はいいと思うんです。

――このイベントはリアルタイムで感想を共有するということに重きが置かれてますからね。視聴者の話が出ましたが、この企画で視聴者の皆様に見てもらいたいことっていうのはありますか?

まろーね 「ニコマス観ようよ」ってことですね。それ以外のことはないので。

内科部長 あとちょっと個人的には、ニコマス・アイマス含めてアニマス以降入ってきた人が結構多いと思うんですよね。アニマスが2011年の後半なんで、ソレ以降はいってきた人っていうのはそこからニコマス見始めても、2011年より前の動画って遡って見てる人ってそんなに多くないんじゃないかなって思うんですよね。やっぱり2008年~2010年にすごい動画が多いんだけど、そういうのって意外と見る機会がないと思うので、色々新しい発見があるんじゃないかなって思うんで、特に最近ニコマスに入った人、アイマスに入った人にできれば『Nicom@stream!!2014』を見て頂いて、いろんな動画に興味を持っていただけると。逆に、僕ら運営人は最近のミリオン・シンデレラ系の動画になるとちょっと疎いところがあるので、そういうのを見せてもらえると嬉しいなあと思ったりして。そういう意味で見聞が広がる部分があると思うので、楽しみにしてもらえたらいいんじゃないかなって思ってます。

――じゃあ長くいる人にとっても、最近入った人にとっても新たな発見があればいいな、と?

えびP そうですそうです。たとえば、ニコマスクラシックと呼ばれる本当に初期の頃の動画を流すと、昔から見ている人は「おお、懐かしい。これが来たか」って感想になるし、今の人は「お、こんなのあったんだ。知らなかったけどすごい」って感想になるじゃないですか。だから古い人も新しい人も感動できるっていう、そういうのがオールジャンルでセレクトしたものを流していく強みだと思うんですよ。だからまあ、簡単にいえば面白くならないわけがないんですよ。

(一同 笑)

――ニコマス自体が面白いものですからそれを並べて面白くないわけがない、と。

えびP そうです。しかも、ホントに参加者が「これはいいぞ」ってセレクトしたものがどんどん流れていくんで。だからもう面白いニコマスしか流れないと思って頂いて間違いない。

――わかりました。ちょっと参加者としてもプレッシャーが出てきた感じですけども(笑)。

まろーね いやいやいや(笑)。

えびP もう、「俺のおもしろいと思ってるニコマスはこれだぜ!」と自信を持って出していただければ、確実に視聴者さんは応えてくれると思います。

――わかりました。じゃあ各々のセットリストに期待するということで。




自己顕示欲全開で来ていただけるといいなと思っています
――ごP


NSVRL03.jpg
ごP『VRL’14 (VerRockin' Live!!! 2014) 開催のおしらせと参加者募集』より
柔らかなメロディに載せられたPへと語りかけるようなメッセージが心を打つ。


――では次は『VRL』の方に話のテーマを移らせていただこうかと思います。こちらも趣旨としてはセットリストを流す生放送ということで『Nicom@stream!!2014』と近い所はあるんですけども……。

まろーね どっちかというと『VRL』のパクリがこっちですからね(笑)。

(一同 爆笑)

えびP まあ企画の段階で「『VerRockシリーズ』みたいな盛り上がりがあるといいよね」みたいな意識はしてた。

ごP そういう感じなので話を続けていただければ。

――……まあということで、パクリ発言も出ましたけども(笑)。『VRL』は動画作成者が主に自分の動画を選んで生放送をするという企画で、これに関しては10年の『VRF』からの流れを汲んで、12年に『VRL』としてだれでも参加できるイベントとして生まれ変わったものを、改めて今年復活させようという動きですね。また今年主催でやろうと思ったきっかけみたいなものっていうのは?

ごP そうですね、実は去年もやってるんですよね、僕的には。「主催者不在だけどやろうよ」みたいなことはTwitterでは言って……。で、僕はやったし何人かの人もやってくれてるんですけど、なにぶん規模が小さすぎてあったのかどうかもよく分かんない感じで。去年終わった時点で、「来年はもっとちゃんと告知動画ぐらいは作ってちゃんと呼びかけよう」とは思ってたんですね。

えびP ああ、やってたねえ。

ごP 僕も誰がやってたかうろ覚えだったんで通話の前に履歴を見て回ったんですよ。そしたら94P(参考:タグ検索)とかPボウイ(参考:タグ検索)さんとか、あとバブリシャスP(参考:タグ検索)・◆半角P(参考:タグ検索)のコンビとか。あと赤ペンP(参考:タグ検索)が自分のもやったし勝手に動画をセレクトしてあとりえP(参考:タグ検索)のVRLみたいなのも。数えたら結構たくさんの人がやってるんじゃないかと。

まろーね じゅっP(参考:タグ検索)とかビソンテP(参考:タグ検索)もやってるもんね。

えびP とにかく夜がふければふけるほどみんな盛り上がってくれて(笑)。なんつうアングライベントだと。

――そういえば自分も生放送やりたくなって編集部の仕事かなんだかをすっぽかして怒られた覚えがあります(笑)。では昨年はそういう感じでほぼ突発的にやってたものを、今年は企画としてきっちりと告知をしてイベントにしようということですね。

ごP そうですね。最低限イベントの形ぐらいにはしようかと思ったんですよ。

――私も『VRL』……というよりその前身の『VRF』を見始めたのは2011年からなんですが、私自身ロックが好きでして。そういうライブには何度も行ったことがあるのですが、各々が作った動画で生放送のライブとする形式が、まさにその雰囲気に近くて好きでしたね。なのでまた大々的にイベントを開催して頂けるのが本当に嬉しいです。今回『VRL』の名前を冠して改めて大々的に開催するというのは何か狙いがあるのでしょうか?

ごP 僕も『VRF』は初回から出させて頂いてて、すごく好きだったんですよ。年末の『VRF』を目標に、自分のセットリストを考えながら一年間動画を作っているような感じがあって、僕にとっては年末の発表の場だったので、今回の『VRL’14』がそういった場として他のPの方々にも来てもらえたらいいな、と思っています。

――例えば去年はビソンテPが自身でまとめの生放送を行っていましたけど、一年の総決算のような場が欲しいという方は結構いらっしゃるようですね。

ごP まあ、『VRL』も僕がかわりに生放送をやる訳ではないので、いつでも勝手にやってもいいですが、『VRL』として特定の日にやることで、見る人からすると「今日、こういうイベントやってるから見に行こうぜ」という気になりますよね。

――やっぱりお祭り感というのは大事で、例えばタグロック系のお祭りに関しても、期間を設けて宣伝をして、まとめ生放送をやるだけでも、イベントの盛り上がりというのは全然変わってきますよね。

ごP 去年は一応『VRL'13』があったはずだけど、お祭り感が全然足りなかったので……。

――今回「VRLやります」とごPがTwitterでつぶやいて、告知動画を上げて頂いたおかげで色々と話題に上がってますね。今年デビューしたPでも出てみたいと考えてる方は多いようですよ?

ごP Twitterでつぶやいた時の反響がちょっと予想以上でしたね。

内科部長 「ヤバイ!こっちの企画潰される!」と思いましたよ。

ごP いや、ないない(笑)。

えびP 「VRL来るの!?」

内科部長 「来るの!?じゃあやめた方がいい」

(一同 爆笑)

まろーね 「むしろ俺達がVRLになれ!」みたいな。

内科部長 そうそう(笑)。

――こちらも『Nicom@stream!!2014』も年末にあることは知っていたので、「これぶつかるなぁ」とは思ったましたけど(笑)。でもそれで一連のイベント、半分合同イベントのような感じでうまい形になったとは思っています。

ごP 勝手に寄生させていただくような感じで……。

まろーね いやいやいや。こちらとしてもありがとうございますとしか言い様が無いです。それもあって告知動画でも『VRL’14』を大々的に「こんなイベントもあるぜ!」という感じでガッツリと入れさせてもらいました。

ごP 前夜祭と書かれてましたね。

まろーね 前夜祭で良かったですか?

ごP いやいや、ありがたいです。

まろーね ありがとうございます。前夜祭と書くかは悩んでたんですよね。「俺達は『Nicom@stream!!2014』の添え物にはならねぇぜ」的な気概で来られたらどうしようかなと(笑)。

ごP いや、そのおかげで自分のブロマガの方でも前夜祭と銘打つ事が出来ました。

まろーね 本当に協力できることなら何でもします。僕達も楽しみですし、見ている人も楽しみだと思います。

ごP 以前の生放送でも告知していただいたので、何倍にも知れ渡ったと思います。

まろーね 告知動画流した時はコメントの反応がすごかったですからね。

えびP 「えっやるの?」みたいな。

まろーね 「!?」が飛び交ってましたからね。

――唯一の懸念はVRLの開催期間が1日で足りるのかなぁというところですね。

まろーね (個々の)時間の設定はしてないですよね?

ごP あってないようなものというか、大体20時から24時までというのは告知するつもりです。

まろーね 皆夜通しやるとおもいますよ。

ごP そんな来ますかね?(笑)。

まろーね だって去年がそうだったですもん(笑)。

――これ12日の29時ぐらいまでやるんじゃないですか?(笑)

まろーね リアルのロックフェスの前夜祭の様な感じが出るといいなと。

ごP 自分のブロマガにも小さく書きましたけど、自分の投稿した動画を流す生放送じゃなくてもいいので、盛り上がってもらえればと。

――そういう形式であれば、惜しくも『Nicom@stream!!2014』に出られなかった方が枠をとっても面白いかも知れませんね。

まろーね 『Nicom@stream!!2014』と違って自分でやっていただくしか無いですけどね。

ごP そりゃそうです。生放送のやり方が分からないというPの方が他の生主に依頼して放送するという形も全然OKですが、でも自分で生放送出来る方を探してくださいねというスタンスです。主催者があまり働かないのでそこはセルフサービスでお願いします。

――「場所は用意してやったから勝手に騒げよ」みたいな感じですね。

ごP 場所を用意したのも僕じゃないですが(笑)。

――いや場所を用意するというのは、別にコミュを用意するといったことだけではなく、「開催します」という宣言をして、イベントという場を提供するだけで十分だと思いますよ。

まろーね ごPは主催というよりオーガナイザーなんですよね。

ごP それこそタグロック系のイベントと一緒ですよね。「やるぞ」といった人が主催者ですよ。

まろーね ただそういった「やります」と背中を押す人が居たら(参加者の考えも)全然違いますよ。

――本当にそれだけで参加者の意識も変わりますし、イベントという特有の空間があると、普通に生放送するのとは盛り上がりが全く違うので、そういう意味ではごPが手を上げてくれたことが本当に嬉しく思います。

ごP 足りなければ一日じゃなくてもいいんですよね。もっとも『Nicom@stream!!2014』の日程が発表されるまでは二日か三日取ろうと思ってたんですけどね。凄くいいところ押さえられてるなぁって(笑)。

(一同 笑)

内科部長 すみません、すみません(笑)。

ごP 「それなら前夜祭的に金曜日一日だけでいいや」となりました。

まろーね いや、『Nicom@stream!!2014』終わった後なら全然構わないですし。

内科部長 なんだったら裏にぶつけてもらっても構わない。

まろーね 『VerRock』ってそういうもんなんですって。ぎょP(参考:タグ検索)とか蜂P(怒首領蜂P)(参考:タグ検索)とかがVRFの裏で「俺達のフェスをやるぜ」とか言って、主催者に若干苦い顔されたりね(笑)。それがロックだと思いますしね。

えびP ぎょPが「卓球P(参考:タグ検索)呼ばれてるのになんで俺呼ばれてないの?」とか言って、「よし!卓球Pの時間帯に新作あげてやろう!」とか言ってたもん(笑)。

まろーね 「また始まったなこいつら」みたいな(笑)。

(一同 爆笑)

――いやぁ、イベント特有のプロレス大好きですよ(笑)。

内科部長 ぎょPは自分からそういった企画に絡まないのに呼ばれないとそういうふうに言うんだよね。

まろーね 絡まないくせにルサンチマンだけは激しい(笑)。それがまた面白い。

――話を戻して、『Nicom@stream!!2014』と同じ質問になってしまいますが、参加していただく方に期待することはありますか?

ごP 自分の動画ばっかりを流す生放送というのはいつでもやっていいんですが、「意外と皆さん気後れしてやらないんじゃないかな?」と僕から見るとそんな気がします。『VRL』ならイベント期間中は皆そういった生放送をしているので「俺の動画見ろ」という自己顕示欲全開で来ていただけるといいなと思っています。

――自分の動画を流す生放送は何かの機会が無いと流しにくいですからね。あとは私が個人的に期待していることは、今年や去年など、デビューが若いPにぜひとも枠をとってほしいな、と思っています。『Nicom@stream!!2014』の方では、古い動画を新しい人にも見てもらいたいということが語られましたが……。

まろーね 逆も然り。

――そう、もちろん逆もあります。『Nicom@stream!!2014』と違って製作者自身が自身の動画でセットリストを作って「自分の動画スゴイんだぜ」ということをいろいろな人に発信して欲しいですね。

ごP 皆自分の動画好きですよね?僕は他の人より拙い動画しか作ってないですが、自分の動画はすごく好きです。製作者は皆そうだと思いますので、この日は「俺の動画結構いいだろ」という気持ちで来ていただきたいです。

まろーね 好きじゃなきゃニコ動になんか上げないですから。

ごP ……とは言いましたけど、自分の動画じゃなくアイマス関係の生放送なら何でもOKですので、そういった生放送で盛り上げに来てくれる方も大歓迎です。

――本当に「好きにやろう」というスタンスですね。言葉が適切かは分からないですが、『Nicom@stream!!2014』より『VRL』は敷居が低いイベントにしようということですね。

ごP 敷居が高いところといえば、自分で生放送をしなきゃいけないという部分ですね。やったことない人には高いと思います。でもやろうと思えばなんとかなるんじゃないでしょうか(笑)。

――これを期に生放送のやり方を覚えて、ニコマスの生放送が増えるという二次的な効果もあればいいなぁと思うところです。




「ここはまだまだ面白いんだよ」って所をみんなに見せておかないと
――まろーね


NSVRL04.jpg
えびP『【アイドルマスター】Nicom@stream!!2014開催告知 “Party Maker”』より
告知動画としてはもちろん、一つのニコマスPVとして非常にクオリティの高い作品に仕上がっている。


――では最後に全体に向けてお話を伺いたいと思います。この2つのイベントの共通することがニコマスの楽しみ方を提示するということだと思います。一方で、公式のコンテンツが充実してきたことから、この一年でニコマスのポジションはすごく変化しています。それらを踏まえ、このイベントでニコマスに向けて何か期待する事はなにかありますか?

まろーね 僕たちは基本、このニコマスという界隈で遊ばせてもらっている立場なので、界隈が無くならなければいいと思っているわけですよ。ということは、この界隈を保っていくために、イベント等楽しいことをやっていく。そうすればニコマスという界隈はある程度、安泰のまま進んでいくと思っています。ある意味、そういった場を無くさないように努力することが、今のニコマスで楽しんでいる人達の義務になっているのではないかと思います。だからこの界隈を無くさないように、もっと楽しめるように、やっていこうかなと思っています。

――そうですね。始めのほうで伺った話の中にもありましたけど、「楽しい物を並べたら楽しくないわけがない」、楽しいのは当たり前だからそれを続けていく努力をしていくということですね。

まろーね でもそれを維持するためにはやっぱり見てくれる人がいないとどうしようもないわけですよね?その見てくれる人を増やすなり、その場に留めておくためには面白いことをし続けるしかないですよね。結局それをどうするかと言ったら、ニコマスを使ったイベントが多くなれば言うことはないわけですね。まぁ企画放送聴いてもらってる人には分かると思うんですが、結構この企画自体は適当なんですよ。

内科部長 うん(笑)。

まろーね 「こんな俺らでもこういう企画が出来るんだ」と思っていただければ、他の真面目な人がやればもっとまともな企画になるわけですよ。だからもっと気軽に企画を考えていただいてやっていただければ、もっと面白い場にはなると思うんですけどね。
 ということで僕らはニコマスでまだまだ遊んでいくための場作りをしていくっていうので、こういうことをやっているわけです。

内科部長 ニコマス衰退論とかって定期的にずっと言われてるんですけど、確かにアゥPが言ったように、最近公式が怒涛の勢いでコンテンツを配信してくるので、それを消化するだけでいっぱいって所があって、相対的にニコマスの位置っていうのは低下しているっていうのは紛れもない事実だと思うんです。でもやっぱりアイドルマスターの中におけるニコマスっていうのはまだ重要なパーツだと思うし、ニコマスにはとっても能力やクリエイティビティが高くて、色んな意味でアクティビティが高い人がいるので、こういう人達のコミュニティを大切にして、人生豊かにしていった方がいいんじゃないかなって、いつも思ってます。僕なんかはずっと見る専で、みんなが作ってくれたものを享受してきたんだけど、「何か自分ができることをしたいな」と思って今回こういうイベントをしてます。「じゃあ(自分は)何をしてるのか」と言われると、何をしてるのかよく分からないんだけど(笑)。とりあえず何か名前はみんなに知られるようになったし、色んな人と知り合いになれたんで、色んな人にものをお願いしたりとか、そういうことは昔より出来るようになったかなと思ってます。
 アイマスがあと何年続くか分からないけど、もしあと10年続くならニコマスもあと10年続かないといけないので、楽しくやっていきたいな、と。そのお手伝いになれればいいなと思ってます。

えびP 僕は一応動画を作る人であり、またニコマス大好きな人なんですよ。元見る専のニコマスPなので。みんなが選んだお気に入りの動画を流す生をやって、その人のお気に入りの動画がまたその放送を見た人のお気に入りの動画になっていく。そういう場っていうのを本当に作りたかったんですよ。だから願わくばお気に入りが連鎖していく動画ってのが僕の動画であってほしいなっていうのは本当に思うんですよ。言うても僕らニコマスPは自己顕示欲の塊ですから(笑)。そうじゃなければ動画配信サイトに動画なんて投稿しないわけですよ。だったら、見て楽しんでもらえるっていうっていうのが大前提にあるので。じゃなきゃ動画なんて作らないし、上げないんですよ。作る方としてもテンションを上げてもらえる場になってもらえれば本当にいいなと思うんですよ。
 例えば最近作ってないPさんでも、我々の『Nicom@stream!!2014』で(その人の動画が)流れて、みんなが「やっぱこれ待ってたんだよ!」って反応をしてくれて、「この感覚忘れてたけど、また久々に動画作るか!」って言ってくれたら最高じゃないですか。そういう場であって欲しいと、作り手としても思ってるんですよね。もちろん見る専さんにも楽しんでほしいんですけど、その見る専さんが楽しんでる連鎖の輪が作り手にも影響してるんだよって所を是非意識していただきたいな、と思ってます。
 そう考えたら最近告知動画作ったんだけど、凄いテンション上がったんですよ。これがみんなで楽しむ第一歩なんだなって感覚になったんですよ、僕。「楽しく作れたなぁ」と思って。この感じがニコマスを作る人の原点だと感じたので、これは大事にしたいなと思います。

内科部長 えびPの動画が上がった時に(ツイッターの)タイムラインが「ヒャッハー!!」って感じになったんですよね(笑)。

(一同 笑)

内科部長 「やっぱりみんなニコマス好きなんだ」と思って。失効してたえびPのニコマス免許も再び有効になりましたので……

えびP それはいいよ!(笑)

(一同 笑)

内科部長 まろーねさんと二人で言ってたんだけど、「えびPがこの動画を上げたってことだけで、少なくともやった価値はあったよね」って。自分達で自画自賛じゃないけど、あの告知動画は告知ってことを超えて、ニコマス動画として素晴らしい出来だったと、僕は見てて思ったので。これを上げる一つの手助けになったと思ったら、「やっぱりやってて良かったな」「いいニコマス動画を見ると気分があがって幸せだな」って。

えびP 僕は今、顔真っ赤なんですが……(笑)。

(一同 笑)

内科部長 かゆいでしょ、今?(笑)

えびP かゆいッス(笑)。

まろーね でもそれがあったからこそ、「俺らも12月のイベントに向けて頑張らないとな!」「この動画に負けないようなイベントにしないとな」って思ったわけですよ。

えびP 僕まだOP動画とか作ってるんですけど、ハードル上がってるんですけど大丈夫ですかね……?(笑)

(一同 笑)

――イベントと動画製作者の良い連鎖というか、そういうものがどんどん繋がっていけばいいな、と。

えびP やっぱ動画見てもらって褒められるのが最高に幸せなんですよ、作ってる方も。そういう場でもあるんですね、『Nicom@stream!!2014』って。だって、選んでくれたってだけで光栄なことなんですよ。ニコマス大好きで見てくれてる人が自分の動画を選んでくれて生に流してくれるってだけでも、本当「ありがてぇ!ありがてぇ……!!」ってなるわけですよ。そういう企画でもありますよってこと。「やっぱニコマスって楽しいわ」って思わせたら勝ちだから。

まろーね そのために日々頑張っております。

――ごPは何かありますか?

ごP 僕はPVばっかり見てる人ですけど、やっぱり数は減ってるし、再生数も取れなくなってるなって気はしますけども、今作ってる人って好きで残ってるんだなって感じが凄くよくわかるんですよね。それぞれ味のある感じで、今のまったりしたニコマスPV界も凄く好きですね。こんな感じで続いて、今年も新人さん出てますけど、来年も新しい人とか出てきてくれるといいですね。今の感じで続いてくれれば僕は良いです。

――先日うちのブログでも『2014年デビューP合作 『Welcome!!』インタビュー!!』という記事を組ませていただいたり、あとは『MONTHLY PICKUP!!』っていうここ最近で動きが活発な人にインタビューする企画を行っているんですけど、やっぱりそういう人達の話を聞くと、凄くニコマスを楽しんでるなって感じるんですよね。さっきイベントと動画製作者の連鎖って話もありましたが、面白いと思うものを作って、それをまた面白いと思ってくれる人が新しく出てくれればいいなって、今ごPのおっしゃってることを聞いて思いましたね。

ごP 2014年P合作面白かったですね。

えびP あれ凄くほっこりしちゃった(笑)。だって「14年デビューで合作やろうか」ってこの流れって凄いと思うんですよ。

――自分もそれに感動して、編集会議がちょうど公開の近くあったので「これは取材に行って!」って言ってkeyfardさんに言ったんですけど (笑)。

えびP 今年でもまだまだ楽しんでニコマス作ってる人達が出てきてるってのは凄いほっこりしますよね。

――しかもそのテーマが「ニコマス作ろうぜ」っていうね。

えびP おじさんニヤニヤしちゃったね(笑)。

(一同 笑)

えびP そういう風に、新しく出てくる人達のきっかけになればいいなと思うんですよ、『Nicom@stream!!2014』と『VerRockin'Live!!!2014』が。

――イベントなんかをたまたま見て、それをきっかけにニコマスに興味を持つって人は決して少なくないと思うんですよ。

ごP 昔からそうですよね。「新年会(※5)からです」とか。

内科部長 (自分は)本当に1人でこっそり見ていた見る専だったんですけど、本当に名前が知れたのは『VRF』からじゃないかと思うんですけど。『VRF』があまりにも楽しすぎて広告をぶっこみまくって……(笑)。

まろーね まぁそのあとにあった『街道生』(※6)もぶっこみまくって(笑)。

※6 街道P(参考:タグ検索)主催による生放送イベント。様々な動画を、音や映像の繋ぎを意識したDJ方式で流していくのが最大の特徴。当ブログの過去記事(これとかこれ)も参考のこと。

内科部長 記憶にないなぁ(棒)。

(一同 笑)

まろーね 部長砲という新しい名前も出たくらいですから(笑)。

内科部長 ……『VRF’10』の時ってちょうど9.18ショックの直後で、一番ニコマスの雰囲気が暗かった時にああいう楽しいことがあって、「ああやっぱりニコマスって終わらないんだ!」みたいな、そういう感じが本当に嬉しくて、「ずっと続いたら応援したいな」って思ってて。今年も『VRL’14』があって、それと連動して自分達が『Nicom@stream!!2014』をやれて凄く幸せだなぁって、今思ってます。

――さっきも衰退論なんて話もありましたけど、なんだかんだずっと今日まで7年間続いてきているものなんで、そうそう無くなることはないんじゃないかって感覚はありますね。

まろーね でもなくならなくても衰退はしてるわけで。その衰退を止めるために何かをしなきゃいけないわけだよね、やっぱり。そこで何か出来ることって言ったら、こういう生放送企画だったり、そういうことをやって行って、ある程度盛り上げておくことかと。「ここはまだまだ面白いんだよ」って所をみんなに見せておかないと、そのまま衰退していってしまうので。何年か分からないですけど、まだまだこれから続けていくためには、そういうことを続けていかなきゃいけないんだなぁとは思ってます。

――それは自分も同じ思いです。最後に読者の皆様に一言などあれば。

まろーね プロデューサーの人達には、これからもニコマスの動画を作り続けて頂きたいのと、見る専の人達にはそれをまた楽しんで見て頂ければと思っていますので、こうした企画生もあれば是非応援していただければと思います。『Nicom@stream』を是非、よろしくお願いします。

――さて次は……

内科部長 えびPどうぞ、えびPどうぞ。

えびP あ、僕ッスか。……まだまだ、ニコマスとか詳しい方だったら(企画に関して)「こんなんやるんだ、楽しみだな」って言ってもらえるんですけど、そんなに詳しくない人に面白さを伝えるのが大変ってのはさっき言った通りなんですけど、ざっくりと言うとですね、『Nicom@stream!!2014』っていうのは、番組を構成していただけるイベント。『VRL’14』っていうのは、ライブでパフォーマンスするイベントになるんですね。どっちもセットリスト組んでニコ生で流すっていうのは同じなんですけど、若干違うっていうのだけ押さえて頂きたいな、と。『Nicom@stream!!2014』ってのはいただいたセットリストを日程組んで流しちゃいますけど、『VRL’14』ってのはいくつかある専用のステージ(コミュニティ)で勝手に自分でセットリスト組んで生放送やってもらうっていうその違いがあるってことだけ押さえて頂ければ。でも本質的には、「ニコマスいっぱい、てんこ盛り!」なんで、楽しいです(笑)。

まろーね お前……(笑)。

えびP 「ニコマスてんこ盛り!」ってのをどっかに入れておきたかった(笑)。

(一同 笑)

えびP というわけで、どっちも盛り上がるといいなと思います。逆に「盛り上がらないわけないな」っていう自負もあるので。是非皆さん楽しんでください。あと告知動画とかも、見てね(笑)。

(一同 笑)

――じゃあ今の所にリンク張っておきます(笑)。

えびP ありがとうございます(笑)。

――じゃあ次は内科部長、何かありますか?

内科部長 多分これが公開になるころにはもうマイリストの選考とかが終わってる頃じゃないかなと思うんですけど、今来てるのを見てもすっごく面白いんですよ。色んな趣向を凝らしてマイリストを作ってくださってるんで、絶対面白い放送になります。そういう意味では色々テーマを持ったり、セットリストを流す生放送って、今まであまりなかったと思うんで、色んな種類の色んな動画が見れると思うんで、皆さん楽しんで見て頂けたらなと思います。

――ありがとうございます。最後にごP、お願いします。

ごP 『VRL’14』には、「我こそは!」と思う人がきっとたくさん来て盛り上げてくれると思いますので、是非見に来てください。

――わかりました。じゃあ今日はありがとうございました!

一同 ありがとうございました!

(了)



まろーね
主にニコマス総合コミュなどで動画紹介、雑談生放送を行っている生主。氏の生放送には馴染みの出演者が多く、アットホームな雰囲気の雑談が人気を博している。またイベントの際には突発のライブビューイングを行うなど、昨今のニコマスには欠かせない人物の1人である。


えびP
07年12月 デビューのPVP。ガチな選曲と緩急を鋭く織り交ぜた映像で、アイドルが”アイドル”として輝く瞬間を見せてくれる。『iM@S KAKU-tail Party』や12月デビューP達による『みんな、しわっす!』などのイベント、合作などへの参加も精力的である。代表作に『【アイドルマスター】”イオリキラリ”PV【伊織誕生祭】』、『【アイドルマスター】”リヴィング・オン・ジ・エッジ”PV【千早】』、『【アイドルマスター】“BORDERLINE”PV【春香】』など。


内科部長(循環器系)
主にニコマス動画や生放送イベントへの広告を行う見る専の広告勢であり、特に生放送イベントの際には氏の手により一つ桁の違う広告が撃ちこまれることも。また本職の医師でもあり、彼の講演にのスライドには雪歩がほぼ毎回に登場する。

ブログ:内科部長室

ごP
09年2月デビューのPVP。他のPが製作したMADPVを再編集し、新たなMADPVを作り出す「丸借りP」という独自のスタイルを持つ。また子供向け楽曲でのPVを作る『キッズソングM@ster』の提唱者でもある。代表作は『おばけなんてないさ』『【きゅんパイア】エロティカ・セブン 伊織美希千早【アイマス2】』『FRISKPのお肉食べようのうたで 『1974』 TMネットワーク』など。



―広告欄―
・Nicom@stream!!2014~The endless stream of idols.~



僕らの身近にあるニコマスから、未来への奔流を。

Nicom@stream!!2014
~The endless stream of idols.~

2014年12月11日(木)~21日(日)
22日(月)追加開催決定!!


nicom@stream_taiki2.jpg

【企画概要】
多数のゲストと公募によるゲストにニコマスのセットリストを作成してもらい
それをニコ生で放送してみんなで楽しもう!
セットリストのテーマは自由!


【ゲスト】
内科部長(循環器)
オヤジオナ
dragontwo2P
卓球P
na
やらしい
なまいか
みしお子P
妖狐P
ミントガムP

(順不同・敬称略)
……and more!!

【放送日時】
11日(木) 前夜祭 21:00~25:00

13日(土) 20:00~25:00
14日(日) 21:00~25:00
15~19日(月~金) 21:00~25:00
20日(土) 20:00~25:00
21日(日) 21:00~25:00  

22日(月)追加公演 21:00~25:00

23日(火)後夜祭 21:00~
ニコマス総合コミュ(co43)にて連日生放送!



詳細はNicom@stream運営のブロマガ
.




・VerRockin'Live!!!2014


―伝説の夜が、帰ってくる―

VRLロゴ
VerRockin'Live!!!2014 12/12開催。


47259757_p0.png


VerRockin'Live(VRL)とは?:
2010年と2011年に行われた VRF(VerRock Festival)のコミュニティ跡地を使って行われる、
アイマス/ニコマス生放送。
他人の動画を流す放送もあるが、動画制作者(ニコマスP)が自作動画中心のセットリストを組んで流すことが多い、言わば”ニコマスのライブ”。
『VerRockin'Live!!!2014』はそんなライブを集めるイベントである。

参加方法:
参加の条件は、当日にVRLコミュニティで生放送をすることのみ!
(必須ではないが、生放送予約や主催のごPに連絡しておけば、ごPのブロマガで公開されるタイムテーブルに掲載される。)

詳細はごPのブロマガ


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/237-72896cd3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。