Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/246-7cc5616d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

井川式 第64回 「僕の見た秩序とかいうwebサイト」

当コラムをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか? 井川KPです。


インターネットが家庭へ完全に普及して以降、個人ブログの数がメチャクチャ増えたように思えます。

日本人の特徴って、実は割と目立ちたがりであるとのことで、自分の情報を発信するのに快感を覚えるそうです。

mixi・ツイッター・フェイスブックといったSNSが日本人の多くに受け入れられていることから、その人気が窺えます。

まぁ、今回はSNSの話とは一切関係無いんですけどね。


ブログサイトやSNSが流行る以前の話になります。

それは2000年代初頭まで遡り、フラッシュゲームサイトやFLASHムービー黄金期が一段落した頃です。

この時代は、個人でホームページを開設する人が増えてきた印象があり、インターネットの普及率が上がってきていたと言えます。


特に「テキストサイト」と呼ばれる形式のホームページが多かったでしょうか。

日々の出来事をHTML形式で文章にしてつづって日記にする、いわゆる現代のブログサイトと原型とも言える形ともとれます。

で、その中にとんでもないアクセス数を誇っていたサイトがありました。


そのサイトの名前は「僕の見た秩序。」


2001年の6/30より開設され、閉鎖されずに今も残っている珍しいテキストサイトです。

総アクセス数はなんと、1億7千万にものぼる人気サイトです。

全盛期は1日に何万ヒットものアクセスを数えたこともあるそうです。


しかし、普通の日記のようなテキストサイトでそんなにもアクセスが稼げるでしょうか?

その理由は単純明快で、掲載されていた文章の内容が面白かったからです。

では、その内容とは如何なるものだったかと言いますと。


『アザラシのタマちゃんはとある格闘家に進化している』

『カイジの顔の輪郭は現実的に再現可能であるのか』

『北朝鮮のテレビニュースの青い背景を有効活用してみる』

『アンパンマンは高速飛行している』



な ん だ こ れ KO・U・HU・N☆ 


ここのサイトの場合は、日記というよりは管理人さんの気になる出来事や時事ネタを記事にしていくスタイルでした。

何がすごいかって、ネタの着眼点もさることながら、それを面白おかしく話題を広げていくのが非常に巧いんですよ。


ひとつ引用して紹介させていただくと『フネご乱心』というタイトルの記事があります。

どんな内容かと申しますと、電車のつり革に日本郵船の広告が吊ってあり、それにはこう書いてありました。


「カツオ、将来、就職するんなら日本郵船がいいんじゃないかい」


と、フネさんがカツオに何の説明もなく突然日本郵船への就職を勧める絵と文章。

いきなり何を言っているんだと思いきや、ワカメにも同じ内容を話す広告もありました。

どんだけフネさんは日本郵船が好きなんだろうっていう話になります。


さらにはマスオさんに「いつかはサザエを世界一周クルーズに連れていってやってくださいよ」と要求する始末。

その背景にはダイヤモンドの指輪の絵が大量に描かれています。

磯野家とフグ田家ってそんな裕福じゃなかったでしょう、常識的に考えて……。

極めつけは、サザエさんに向かって発したこのセリフ。


「サザエ、あたしがいるからサザエがいるんだよ。タンカーがあるから石油も来るんだよ」


何がタンカーか。


既に何の会話なのかも判らないのに、『あたしがいるからサザエもいるんだよ』っていうのもおかしいセリフです。

フネさんのこの数々の会話……もしかしてボケ(ry お疲れになったんでしょうかね?(笑)

と言うわけで、管理人氏のいちばん好きなキャラはフネさんです!

(結論がおかしい)


……と、本家サイトではこれに写真の画像が載っているのですが、本当に2000年代初頭なのかっていうセンスの良さです。

当時にもしツイッターが存在していれば、アクセス数はもっと増えていたのでは? と思います。

もっとも、アンチも増えていたでしょうが、それは人気サイトの宿命というものです。


当時、余程人気だったらしく、あの宇多田ヒカルさんや飯野賢治さんがwebサイトの日記に名前を出していた程だそうです。

前述したタマちゃんの件も、結構なメディアに影響していた可能性があるそうで、今思うととんでもないことです。

『僕』という単語で調べると、6件目に検索結果が出てくるので、もし見たいという方がいました、調べてみると良いでしょう。


マンガ・ゲーム・小説と勧めて、とうとうwebサイトまで勧めてしまいましたが、これも面白いこと間違いなしです。

「駄文一覧」を閲覧すれば幸せになると思います!

それでは第64回は終了です。次回は『デジタルモンスターとかいう液晶携帯育成ゲーム』について書きます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/246-7cc5616d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。