Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/25-95cfb52d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第23回 daisukep216 「GIFT of SMAP/SMAP」

(注意:この解説には12月に行われる『GIFT of SMAP -CONCERT TOUR'2012-」』の札幌公演のネタバレ並びに12月に発売される同ライブDVDの感想が少し入ってます。参加・購入されるスマップ好きの方は注意して読まれてください)

先日、このブログを読んでみて面白そうと感じたので参加させてもらいます。
と、いっても自分はロックナンバーには興味が無いのでアイマス以外の専門であるジャニーズの中からSMAPのニューアルバム『GIFT of SMAP』を紹介させていただきます。
さて、なぜこのアルバムを選んだかというとこのアルバムにはアイマスのキャラ達(シンデレラガールズ含む)に合う作品がほとんどを占めていたという事でしょうか。
なお、この企画では申し訳ないのですが、所属プロダクションの関係上写真等が出せないのでご了承ください。

ディスク:1
1. Theme of gift -prologue-
最初から菅野ワールド全開なインスト作品。
ライブでのイメージは、天使・・・、白蘭子な感じがしますね。
2. Just Go!
『アイドルマスターシャイニーフェスタ』の イメージソングってところですね。
今年のコンサートでも冒頭に流れたので南国に合う曲の一つです。

3. さかさまの空
梅ちゃん先生の主題歌でもあるこの曲。流石に、医者はいないけど、看護士なら柳清良さんなんてどうだろうか?

4. HIKARI
タイトルの通り、衣装がヴィジュアル衣装なこの曲。
眼鏡プリンセスな時の上条ちゃんと荒木さんが似合うとおもったのはじぶんだけだったのだろうか・・・。

5. おはよう
これは、ヒャダインにしては正統派過ぎるバラード。ヒャダインの作品は、あんまり知らないのですが、しっとりしています。
あずささんと律子さんの『シャララ』な感じですね。

6. 君とBoogie Woogie
シャウト系なロックナンバーで真や響に歌ってほしい曲です。

7. gift
ギフト・・・、ギフトと言えば、クリスマス・・・。つまり『イヴ・サンタクロース』のイメージソングです。

8. 真夏の脱獄者
脱獄者という事もあって、イメージ的に古澤頼子ちゃんなイメージもあったんだけど、個人的には、柊志乃さんや高橋礼子さんっていった大人な女性と北斗のデュエットなんてどうだろうか・・・?

9. イナクテサビシイ
歌詞の内容からしてアイマス終盤のイメージソング・・・。特に美希との関係だった場合になりますね。
1番のAメロはお別れコンサートが決まった時の様子。
そして、最後のこの歌詞
『永遠なんて所詮戯言 終わりを告げる・・・
 だってわすれられない 信じてたこと全て悲しく響くよ』
これは、Pの告白になります。
そして、サビの
『キミがいなくて さびしくなって
 ボクの愛をさがす
 ボクはいなくて さびしくなって
 キミの愛をさがす
 キミがいなくて さびしくなって
 ボクの愛をさがす いつまでも
 ボクはいなくて さびしくなって
 キミの愛をさがす』
で告白に成功したED後のあのシーンになります。
えっ、キミとの部分はミキのアナグラムじゃないかって!?
ばれたか・・・。

10. I Wanna Be Your Man
『ファンキーノート』メンバーのイメージソングですね。特に、亜美真美かな?
イメージは、『おとなのはじまり』に似てるんですが、コンサートで聞いた時、ステージ上の演出でステージ裏で着替えてる中居君と木村君のセクシーショットが流れました。
もし各アイドルのライブのステージ裏でこういうイタズラをしてそうだなと。(まぁ、あったとしたら律っちゃんに怒られるか・・・。)

11. エンジェルはーと
この曲と『らいおんハート』は、歌詞に出てくるカップルが秋月涼と桜井夢子を思い出させる
まさに、彼と彼女のイメージソングですね。


12. 前に!
これは、ディアリ―スターズのテーマといっても良いです。
過去に、『ススメ』という同じような曲もありましたが、こっちは、愛ちゃん向きだけど、この曲は3人で歌ってるイメージが強いです。
13. Theme of gift -epilogue-
最後も菅野ワールドで終わる。

ディスク:2

1. ねぇ…
断言します。はるちはです。
特に、アニマスにおける伝説の千早回の頃のはるちはと言っていいでしょう。
この作品のサビの歌詞にこう書かれてます
「ねぇ・・・きみのそばにいるからね
 僕は 君のために 君は僕のために
 優しくなれるからね・・・。」
これ、完全にはるちは意識してますよね!?

2. La + LOVE & PEACE
毎回かなりの大物と組む我らがキャプテンこと木村拓哉のソロは、今回も大物でした。
というのも、作曲と編曲がMarty Friedman (元MEGADETH)!!
とくれば夏樹の出番かと思いきや、これダリーのイメージソングなんですよね。
何故かというと、この作品が生まれたのは、人気バラエティ番組の『SMAP×SMAP』内のコントで『デスメタル ブラックパイレーツ』という作品が有ります。
この内容は、売れないヘビメタバンド『ブラックパイレーツ』が稲垣さん演じるマネージャーの提案で『最後に愛は勝つ』や『会いたかった』といった前向きな名曲をヘビメタアレンジして木村拓哉がシャウトするコントです。
(ちなみに、このメンバーがこれまた豪華で さっき言った元MEGADETHのマーティーと元SIAM SHADEの淳士と元アニメタルのMASAKIさんとね、凄すぎでしょ?)
話を戻して、ライブのジャンクションで梅ちゃん先生のダイジェスト映像と梅ちゃん先生がリハーサルスタジオを訪れるシーンの最後で『ブラックパイレーツ』のCDを持っていたので、ダリーならこのバンドをロックだろうと感じると思ったからです。

3. Special Thanks
これは、コンサートの時にダンサーさんが手話を用いているので、真のギターをバックに雪歩が歌い智恵理ちゃんとかなこが手話を用いたダンスをするイメージが浮かび上がりました。

4. 唐獅子牡丹
1965年に発売された高倉健さんの名曲をカバーしたこの曲
歌詞の内容から任侠ヘルパーに登場する彦一のイメージが強いこの曲。(けど、コンサートでは、舞台はカジノで声の感じが普通の声で歌っていたのでちょっとがっかりしました。)
『任侠』とくれば、村上巴嬢の出番だけど、ココは、あえて『アニマス特別編』で流れた『果てしなく仁義ない戦い』の挿入歌なんてどうだろうか?
着流し姿で歌う千早なんてかっこいいと思わないかい?

5. MONSTERS
現在ドラマも絶好調の『MONSTERS』のデビュー曲。聞いてるとK-POP系なイメージで正統派なアイドルソングという事は、ユニットにあわせて『jupitear』の翔太と冬馬なんて似合うかも。

6. CRAZY FIVE
トリを飾るは、天海春香(アケマス)、星井美希(箱&SP)、日高愛(DS)、天ケ瀬冬馬(2)、島村卯月(シンデレラガールズ)の5人・・・なんだけど、この曲は、ところどころで『な~に~?』って聞き返す歌詞があるので(ドヤ顔で・・・。)冬馬にとってははずかしいだろう・・・。

となってます。
間もなくSMAPコンサートも最後の札幌ドームを残すばかり・・・。
以前、ラジオで木村さんも言ってましたが、「タメて出した方が…気持ちいい」と、下ネタで終わってしまいましたが、札幌ドーム公演に行かれる方は是非楽しんで東京ドーム公演のDVDを予約した人はこの解説を元に本当に似合ってるか一度見てください。


オマケ
ココには、入ってないけど、同時期に発売されたシングルのモーメントの通常版カップリングである『手をつなごう』は、個人的に『シンデレラガールズ』のイメージテーマソングだと思ってるので一緒に紹介します。
ジャニーズの公式情報によると、この曲を歌う時一緒に手をつなぎながら歌ってほしいとの事だった。
そして、この歌詞にこう書かれてました。
『見失わないで ひとりぼっちでも
 君は独りじゃない』
これをシンデレラガールズの主役級クラスに当てはめると、最近高レア化の可能性が出てきた本田ちゃんを既に高レア化してる島村さんが手を差しのべてる二人な感じがしてきました。
そして、サビのこの歌詞。
『同じ世界 同じ人 年齢も肩書も
 関係無い
 さあ手をつなごう』
これは、同じ世界はシンデレラガールズの世界、同じ人はシンデレラガールズのアイドル、年齢も肩書は自分達プレイヤーの事。無課金や課金兵など言ってるけどそんなのは関係ない。
手をつないでいこう。そんな感じの曲だと思いました。

 


Author:daisukep216
ツイッター: https://twitter.com/daisukeP216

ブログ:DaisukePのブログ http://ameblo.jp/daisukep216/

ザ・インタビューズ:http://theinterviews.jp/daisukep216




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/25-95cfb52d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。