Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/285-a2653967

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アイマス静止画PVを作ろう! 第五回「出力について・告知もあるよ!」

10thライブも近づいて界隈全体が浮き足立っているのを感じる!ハバネロPです。

いよいよコラムとしては最終回がやってきました。なんとか10th前に終わらせられてよかった。
今回は、これまで紹介しきれなかった細かな話と動画を出力する方法、そして最後に企画告知とバラエティに飛んだ内容になっています。
ラストスパートまで駆け抜けて行くぞ!


<5ー1 ソフト面以外のこぼれ話いろいろ>

さて、 ここまでのコラムでは、基本的にAviutlのざっくりした使い方と絡めて静止画PVの作り方を紹介して来ました。
故にいくつかそれ以外でとりこぼしてる部分もちょこちょこあったりするので、今回はまずその辺からやっていこうかと。
いろいろ雑多な話題がごたまぜですが、なんかの参考になれば幸いです。

●画面に動きを持たせるときに意識する「四秒ルール」の話
第二回のコラムで書いた通り、「どうやって画面に動きを持たせるか」が静止画PVの生命線であり一番難しい所であります。
そんな時に思い出すのが「四秒以上画面を止めない」ということ。数年前ネットラジオだかニコ生だかで、とあるニコマスPの方がおっしゃっていた話で、なんでもとある映像作家がそんなことを言っていたとか何とか。
……とまあ、どこまでもあやふやな記憶で申し訳無いのですが、自分の中では結構印象に残った話でした。もちろん曲の切りどころやテンポの都合もあり、必ずしも守らないといけないということはないと思います。自分は静止画PVをメインでやりだしてからだいたい2~3秒刻みでワンシーンを作っちゃう癖がついたので、最近はあまり意識することがありませんね。バラード系とか作るようになったら変わるのかも。

●フォントの話
最近自分の動画のコメントやTwitterのエゴサーチを見ていると、「フォントのセンスが良い」という評価が散見されて、とても嬉しいです。
センスがあるかどうかはさておき、動画におけるフォントの使い方はある程度ルールを持ってやっていたりします。それは、「あまり多くのフォントを使い過ぎない」ということと、「どこにどのフォントを使うかある程度決めておく」ということ。
今回作例として示した動画では、以下の様にフォントを使い分けています。

・歌詞:小塚ゴシック(太さは何段階かあるものを適宜選択)
・曲名・歌詞(一部):自由の翼フォント
・英語:Aharoni、綜藝体
・ゲーム中に登場する台詞:ヒラギノ丸ゴ


このように五種類使ってますが、歌詞と台詞はひと目で違いが分かるようなフォントにして、曲名だったりをさらに別のフォントで……ってやることが多いので、使うのはだいたい三種類から五種類くらいでしょうか。
このへんは大学の頃サークルで必要にかられてデザインの知識をかじった時に、「散漫になるから、フォントはあまりたくさん使わねえほうがいいぞ」と先輩に言われた影響があるように思います。


●製作期間の話。

僕は集中力とやる気にすごくムラがあるタイプのダメ人間なので、今回のように1分30秒程度の動画を作る場合、今までの最速だと一日、長いと一ヶ月半ぐらいかかってます。どんだけ上下動激しいねん……(セルフツッコミ)。
今回は割と見切り発車で、かつコラムの執筆と並行しての作業だったので一ヶ月半かかりました。ただ経験上、事前にある程度「どの素材をどのシーンに当てはめるか」が決まっていれば、かなり作業スピードは上がる気がします。その日のコンディションとかやる気とかにも左右されるので、一概には言えませんが……。
ちなみに、ハイスピードでハイクオリティな静止画PVを量産する化け物の一種として知られるサトウくんP(参考:タグ検索)にインタビューした時には、「自分の中でテンプレがある程度決まっていて、作れるところから作っていくから早いんだと思う(要約)」という答えでした。「決め打ち出来る部分を増やし、かつ出来るだけ手を止めない」ということがスピードを上げる秘訣かもしれません。速ければ良いという訳ではありませんが、「速さこそ文化の基本法則」という言葉もあるので、ある程度のスピードは欲しいです。


<5-2 動画の出力>

そんな具合で悪戦苦闘しつつタイムラインが埋まりました。やったぜ。
01_timeline.png
というわけで残るは出力とMP4へのエンコードです。いよいよここまで来たな……。
方法としては基本的に2つあります。ひとつは「AVIファイルで出力して、つんでれんこでMP4に変換する」という方法。もうひとつは、「MP4で直接書き出せるプラグインを使う」という方法。ここでは両方とも紹介しておきます。やりやすい方でやればいいと思うよ!

1)AVI出力→つんでれんこでMP4出力
たぶん多くのニコマス動画で主流と言える方法ではないでしょうか。Aviutlの「ファイル」メニューから「AVI出力」を選びます。
02_AVI出力

動画と音声のコーデックは適当にどうぞ。PCスペックに余裕のある方は無圧縮AVIで、そうじゃないかたはLagarith looseless Codecなんかを使うといいんじゃないかと思います。僕は何かの企画で「このコーデックで動画提出してください」と言われて導入して以来、愛用しております。準備ができたら「保存」をクリック。
AVIファイルが出力できたら次はつんでれんこの出番です。導入に関してはリンク先を参照してください。
03_つんでれんこ1
準備ができたら、フォルダ内の「ここに動画をD&D」に動画をドラッグします。

05_プラグイン出力 (2)
そうするとこんな画面が出てきますので、あとはガイドに従ってやっていけばOKです。このとき表示される文章を釘宮理恵さんをはじめツンデレ演技に定評のある声優さんの声で脳内再生すると捗ります。
質問の詳しさが三段階ありますが、これは動画の細かな設定を決めるためのものです。僕はめんどくさいのでだいたい1にしてます。


2)プラグインでMP4出力する

Aviutlでプラグインを導入すれば、つんでれんこの助けがなくとも、直接MP4ファイルを書き出すことが出来ます。
プラグインの導入などについてはこちらを参照するといいでしょう。
●AviUtlで動画をMP4で出力する方法-電脳世界

05_プラグイン出力
導入できたら、Aviutlの「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張x264出力」を選んでいきます。

設定画面はこんな感じ。
06プラグイン出力_プロパティ
特にいじった記憶もないのでだいたいデフォルトのままだと思います。ここで「保存」クリックすればMP4ファイルが出力されます


動画がMP4出力出来たら、あとはニコニコ動画に投稿するだけです。できるだけいい感じのシーンをサムネに選んで、再生数が伸びるよう動画の神様に祈りましょう。



というわけで完成です。ここまでご清聴(?)ありがとうございました。(ミラー動画はこちら


<5-3 「アイマス静止画PVをつくろう!」投稿祭 企画告知>

動画の説明文にも書きましたが、先ほどの動画の投稿をもって、"「アイマス静止画PVをつくろう!」投稿祭"の開催宣言に替えたいと思います。
簡単にいえば「初めての人もやったことある人も、どしどし静止画PVを投稿してね!」というお気楽なお祭りです。カーニバルだヨ!

●開催期間
2015年7月16日~2015年9月23日


●基本レギュレーション
1)「静止画素材をメインにしたアイマス動画」を製作
2)上記期間内に"「アイマス静止画PVをつくろう!」投稿祭"タグをロックして動画をアップロード


●その他FAQ
Q.静止画素材メインのアイマスPVならなんでもいいの?
A.なんでもいいです。
コラムではミリオンライブを例に出しましたが、シンデレラガールズ、SideM等のソシャゲは勿論、「静止画素材をメインにしたアイマスPV」ならジャンルは問いません。疑似m@sも手描きも大歓迎です。G4Uで撮った写真を素材に……なんてのも面白そうですね。

Q.他の企画やアイドルの誕生祭との同時参加は可能?
A.オッケーです。
ていうかドンドンやってくれたまえ。期間中に誕生日がやってくるアイドルの動画を上げてくれたりすると泣いて喜びます。

Q.なんか期間えらく長くねえ?
A.これから初めて動画を作る人向けに長めに期間を設けました。
あと、学生さんは夏休みにかぶって時間の出来る時期だと思うので、これに乗じて制作してもらえたりすると嬉しいかなっていう日程でもあります。9月の連休で期間を区切ったのは、その次の土日あたりに参加動画の紹介生放送が出来たらよいな、という目論見もあったり。


意図としては、当コラムの目的である「静止画PV製作者人口の増加」「静止画PVの盛り上がりに貢献する」をみんなでやっちゃいましょー!ってなかんじです。まだ企画中ですが、「ニコマスとP」誌面でも連動企画が打てたら良いなと思ってるので、そちらもやんわりご期待ください。


というわけで、全五回にわたってお送りしてきましたコラム「アイマス静止画PVをつくろう!」いかがだったでしょうか?正直ところどころガバガバな部分や分かりづらい部分などあったと思いますが、製作の参考になれば幸いです。第一回にも書きましたが、これを見て静止画PVの製作を始めようって人が一人でも増えてくれればと思います。

それでは皆様、次はまた何かの動画でお会いしましょう。ハバネロPでした。


[各回リスト]
第一回「製作前の準備」
第ニ回「はじめの第一歩」
第三回「画面に動きを持たせるには」
第四回「使いこなしたい機能」
第五回「出力について・告知もあるよ!」
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/285-a2653967

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。