Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/3-1e36d92e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第2回 朗読P「Addison Road / Addison Road」

床を転げまわるほど散々悩みに悩んだ末、今回はこの一枚を選びました。

Addison Road
「Addison Road / Addison Road」

 Addison Roadは、アメリカのテキサス州ダラスにルーツを持つ、オルタナティブ・ロックやエモーショナル・ロックのバンドです。元々はリードボーカルをつとめるJenny Simmons(旧姓:Chisolm)が、大学時代に現在の夫であるRyan Simmonsと始めたバンドが母体となっています。なお、バンドとしては2001年から活動しているものの、インディペンデントでの活動歴が長く、自身のバンド名のセルフタイトルにしてメジャーデビュー作であるこの「Addison Road」をリリースしたのは、2008年を迎えてからでした。

 さて、このアルバムの紹介に入る前に、まずは彼女たちの作る歌についてその背景や特徴を書いて行きたいと思います。彼女たちは敬虔なキリスト教徒であるため、曲調としてはややポップス色の強いオルタナティブ・ロックの形式をとりながらも、その歌詞はキリスト教的世界観をベースにして表現されています。

 ここで言うキリスト教的世界観とは、「いくら現実でつらいことがあっても、それを乗り越えて走り抜けた先には、必ず安らぎの得られる場所や差し伸べられる救いがある」というような強い信念の表現などです。このあたりは、輪廻の概念や盛者必衰のはかなさへの共感がごく自然に存在する日本とは、やはり異なる文化的背景があることを感じさせます。ただ、そのあたりの思想・教義の解釈は厳密に突き詰めるとキリがないので「神様への信仰が当たり前のように日常に根付いている」くらいの感覚で大体あっている気がします。

 一方で声質について注目すると、これらの曲を歌うJennyの声は非常に力強く芯が通っているため、ハスキーボイス寄りのガールズロック好きな方々にはたまらないのではないでしょうか。私は直球どストライクでした。前述したように、曲の形式や旋律はあくまでロックの枠を外れるものではありませんが、その歌詞で表現される世界や朗々と歌い上げるJennyの声を聴いていると、これもある種の「賛美歌」であるように思います。発音が明瞭で、私たちノンネイティブでも歌詞が聞き取りやすい、というところも気に入っている理由の一つです。

 では、続いて収録曲で特におすすめのものを二つほど紹介しようと思います。

 ひとつ目は、トラック5「Start Over Again」です。ニコマスPVでも使いました(※1)。静かに始まり、サビで一気に盛り上がる高揚感がたまらない一曲です。

Every moment is a second chance (いつだって二度目のチャンスさ)
At starting over, at starting over (何か始めるには、何か始めるにはさ)

ここです。このフレーズ。「おいおい、ふてくされてんじゃねえぞ」と頭を引っ叩かれるような簡潔にして爽快な表現が鮮やかです。

 ふたつ目は、トラック9「Run」です。これもニコマスPVで使いました(※2)。こちらはStart Over Againとは少し趣が異なり、曲の進行は淡々としているのですが、やはり共通して「自分を信じて、あきらめないという感覚」がとてもよく出ている一曲です。

I am not alone in this great big world (このすっごく広い世界で、私は一人ぼっちじゃない)
And you are not alone in this great big world (あなたも、一人ぼっちじゃない)

Run now don't you look back (今は振り返らずに走ってみな)
Run towards the light straight ahead (光に向かって、ただまっすぐに)
Where the lost souls make a beautiful sound (失われた魂がきれいな音を鳴らすところへ)
And new life is finally found (そしたら最後は、新しい生き方が見つかるんだ)

最初は「もうだめだー、無理。どこへ向かえばいいんだよ」というような悲観的視点から始まるのですが、最後の方は上述した通り非常に前向きな歌詞になっています。

 これら2曲は、落ち込んだ時に口ずさむと、明るい気分になったりなんだか泣けてきたり、それでも最後は元気になる。そんな曲です。人生でそういう「感情の波長が合う曲」に出会える機会は、本当に稀なことなので、このアルバムを見つけられたことは幸運だったな、と思います。


 なお、このアルバムの後、Addison Roadは「Stories」というセカンドアルバムをリリースし、そして今年の8月には活動を終えています。大好きなバンド(※3)が解散したり活動を停止したりするのはファンとして非常に悲しいのですが、来年にはJennyがソロ名義で新譜を出すというニュースもあるので、まだまだ追いかけていきたいと思います。


※1:アイドルマスター 「Start Over Again」(伊織・亜美・あずさ・律子)
※2:アイドルマスター 「Run」(春香)
※3:東京事変とかSchool Food PunishmentとかOCEANLANEとか


[公式サイト]: http://addisonroad.com/





Author: 朗読P
マイリスト:つくったものhttp://www.nicovideo.jp/mylist/10643779


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/3-1e36d92e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。