Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/317-b4313f3e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『NICOM@S PUNK SPRING』主催、リベロPインタビュー

NICOM@S PUNK SPRINGが2年ぶりに開催される。

主催者は前回までのユウシロウPからリベロPへとバトンタッチされた。

そして、前回に引き続きNICOM@S PUNK SPRINGへの主催者インタビューを敢行した。

このインタビューを通じ、リベロPならではのパンクの考え――それは前主催者ユウシロウPと通じながらもまた違う熱さを持っているということがわかり、今回も面白いフェスになりそうだと予感している。

私個人として、パンクとは(対象な様々にせよ)攻めの「姿勢」だと思っている。この記事を読まれた方もその姿勢を感じ取っていただけたら幸いである。


(interview by メイド好きLP, text by メイド好きLP)



がっつりハマったきっかけがFRISKPのCRAZYですね。



リベロP-1
リベロPの『【HaRuKarnival'13】 Glory
始まりから終わりまでノリよく駆け抜けていく。ライブならではの躍動感が感じられて心地よい。


――ということで、取材を始めます。よろしくお願いします。

リベロP よろしくお願いします。

――では、リベロPがニコマスに出会ったキッカケっていうのは?

リベロP きっかけはsyu-kaP(タグ検索)のメドレーですかね。

――はいはい。

リベロP 昔……中学生か高校生の頃ですかね。(ニコニコの)ランキングに上がってて。

――ニコマス初期?

リベロP 初期なのかな。その頃はPV自体見ていなくて。メドレー聴いて「あぁ、こういうのもあるんだ」
って思ったくらいで。


――元々アイマスは好きでしたか?

リベロP アイマスは、全然興味ありませんでした。昔、流星群とか七色のニコニコ動画で聴いたことがあるくらいで。で、(syu-kaPの)メドレーを見て「おぉ!」ってなった流れですね。

――で、そこから色々と動画を見ていったのですか?

リベロP そうですね。そこからアイドルマスターSPを買って。で、スパイキーP(タグ検索)のハッピーマテリアルを見て。「おーおーおー!」ってなってハマっていって。

――凄い手前味噌なんですけど、あの動画、自分が主催したイベント参加作だったんですよ(笑)。

リベロP そうなんですか?

――ニコマスメイド祭り(※1)。

※1 メイド好きLP主催による動画投稿型イベント。メイド服を着たアイマスキャラの動画を製作することが参加条件。

リベロP そういえばタグにありましたね。

――そういうP名だからね(笑)。

リベロP (笑)。あの衣装はそうでしたね。で、ガッツリハマったきっかけがFRISKP(タグ検索)のCRAZY(権利者削除済)ですね。

――あれはアンセムですよね。それがきっかけでPVを見るようになっていったと?

リベロP そうですね。そこからPVを漁るようになっていきました。

――なるほど。で、自分で作ろうと思うようになったきっかけは?

リベロP それもFRISKPのCRAZYを見てですね。後になってFRISKPが借り物Pであることを知って。「自分でもできるんじゃないのか」と色々検索して。フリーの動画ソフトあるしフリーで動画さえあればできそうだなと思って作り始めたんですよ。

――そうなんですね。私はリベロPの動画を見てるとヨルP(タグ検索)のにおいがすると思ってて。

リベロP そのようなことを以前卓球P(タグ検索)のNRRR(※2)で言われたような(笑)。

※2 卓球Pがパーソナリティーによるニコマス動画紹介ラジオ。2013年11月にレギュラー放送終了。

――動画への熱のこめ方というか。今回のお話を聞くまでヨルPがきっかけだったのかなと思ってたんですよ。

リベロP なるほど。




DAT3Pのim@shoegazerやどらけけさんのVisual M@ster
だったり、「自分の好きなことを前に出してイベントやるのは
カッコいいな」と思ってて。



リベロP-2
リベロPの『【NRF15】 START』より。
静止画MADではあるものの、リベロPが持っている熱さは変わらずに込められている。


――今回NICOM@S PUNK SPRINGを開催する経緯を教えていただけますか?因みに前回のNICOM@S PUNK SPRINGも出てましたよね?

リベロP 2014は出ましたね。2012は出てないですね。

――元々NICOM@S PUNK SPRINGには興味があった?といっても元々そういう曲ばかりで作ってるので聞くまでもないのかもしれませんが(笑)。

リベロP もちろん興味はありましたよ(笑)。パンク大好きなので。

――でも、リベロPの動画見てるとパンクではない曲でも作ってますよね。

リベロP  初めからパンク聴いてたわけではないので。一番最初に音楽を聴いたのは小学校の時にピアノやマーチングバンドが演奏している曲とか。あとクラシックばかり聴いてたんですよ。

――へー!

リベロP ビゼーのカルメンやくるみ割り人形とか。そういうのばかり聴いてて。で中学生になったらそういったものは聴かなくなってポルノグラフィティやコブクロを聴いて。で、高校生だった当時フラっとTSUTAYA行ったらTHE BAWDIESがめちゃくちゃプッシュさていたんですよ。作品名で言うと『THERE'S NO TURNING BACK』。「HOT DOG」って曲が収録されているアルバム。それがめちゃくちゃプッシュされていて。「あ、じゃあ借りてみよう」と思って借りて聴いてみたら、全部英語の歌詞で凄くカッコよくて。そこからTHE BAWDIESのTSUTAYAにあったものは全て借りて。そこからandymoriGOING UNDER GROUNDといったロキノン系に走っていくんですよ。で、FRISKPのCRAZYでDOPING PANDAを知ってメロコア・パンク沼に。

――沼に(笑)。

リベロP ずぶずぶハマっていく感じで(笑)。

――なるほど。と、話が逸れましたがNICOM@S PUNK SPRINGを開催しようと思ったきっかけはなんだったのでしょう?

リベロP DAT3P(タグ検索)のim@shoegazer(※3)やどらけけさんのVisual M@ster(※4)だったり、「自分の好きなことを前に出してイベントやるのはカッコいいな」と思って。「自分もやってみたい」と思ったんですが、ロック系のニコマスイベントってVRL(※5)だったり夏だとNRF(※6)があって。「あ、二番煎じは駄目だ」と思いどうしようかと悩んでいたら、NICOM@S PUNK SPRINGが去年開催されていなくて。もし(自分主催で)できるのであれば、ユウシロウP(タグ検索)に連絡をとって「開催してもいいですか?」と言えたらいいなと思って。仲良さそうな人に「NICOM@S PUNK SPRINGをやりたいんですけどユウシロウPと連絡が取れるアカウントを教えてもらってもいいですか?」と、メール飛ばして。で、ユウシロウPと連絡がとれるようになり、快諾してくださって。

※3 DAT3Pによる動画投稿型イベント。動画にシューゲイザーを使用することが参加条件。
※4 どらけけさんによる動画投稿型イベント。動画にヴィジュアル系の音楽を使用することが参加条件。
※5 ニコニコ生放送によるイベント。参加(希望)者に自主的に生放送を行って頂く事で、「ライブ」のイメージでイベントをやろう、というのがコンセプト。
※6 動画投稿型イベント。動画にロックな音楽を使用することが参加条件。


――そういうことだったんですね。因みに、今回のNICOM@S PUNK SPRINGはこういうイベントにしたい、というのはりますか?

リベロP ユウシロウPがやられていた時と同じようにタグロック形式のイベントにしたいですね。あと、イベント終了後には参加作品をニコ生で流したいですね。できれば投稿順に流すのもつまらないので、曲順考えて流せたら面白いなと考えています。

――開催時期は実際のPUNK SPRINGと合わせて4月辺りですか?

リベロP そうですね。今年のPUNK SPRINGが4月2日と3日なんですよね。なのでイベントも4月2日から開催しようと考えています。

――なるほど。自分も参加……できるかなぁ(笑)。

リベロP お待ちしております(笑)。

――春を越えれば時間に余裕があるかも。

リベロP 大丈夫ですよ。遅刻上等なので。フライングと遅刻は問題ありません(笑)。

――レギュレーションは今まで同様にパンクっぽい曲で動画を作ることですか?

リベロP そうですね。

――以前ユウシロウPにインタビューした際も話したのですが、パンクは定義が難しいですよね。

リベロP そうですね。難しいですね。

――メロコアとかパンクって話になってしまう。

リベロP メロコアとパンクの違いは?って話にもなりますよね。なので、最終的にには人それぞれみんなが思うパンクの形でいいと思うんですよね。反社会や反骨精神だけがパンクとは思わないので。「俺がこう思ったものがパンクだ!」という曲で作ってもらえたらと思います。

――なるほど。

リベロP 前に、さいたまスーパーアリーナでVIVA LA ROCKって音楽フェスが開催されてて。
そのフェスにKen Yokoyamaが出演するというので見に行ったんですよ。そこで建さんが「昔と今ではパンクの定義が違ってきている。もちろん俺たちは昔のパンクもリスペクトしてるけど、俺たちは俺たちがパンクだと思ったものを演奏していく。それがパンクだから」とMCで言ってて。


――カッコいい!

リベロP 「やっぱ健さんは違う!」と思って。

――うんうん。

リベロP そのMCは凄く感銘を受けましたね。

――リベロPの動画を見ていると、ライブっぽさを意識しているんだろうなあと思ってたんですよ。

リベロP ありがとうございます。そこは意識しているので。

――凄い生々しいというか。生々しいって表現だと意味深に聞こえそうですけど(笑)。結構ライブとか行かれたりするんですか?

リベロP そうですね。ライブはよく行きますね。モッシュとかダイブも好きで。で、ライブ見てて一番「おっ!」って思うのが、逆光で演者だけが真っ黒になる時があるじゃないですか。それが凄い好きなんですよ。一瞬の静寂の後にまた演奏が始まって。そういうのが凄く好きですね。「あーいう感じの動画作りたいなぁ」と思ってて。あと一生懸命に演奏しているあの熱量も凄く好きで。

――なるほど。そういったライブでの好きな部分をニコマスで表現したいと。

リベロP 「出せたらいいな」と。そこに関してはずっと思ってますね。




(自分にとってのパンクは)何があっても前に進み続けるということですね。



リベロP-3
NICOM@S PUNKSPRING 2016 開催告知』より。
冒頭の歴代パンスプ動画から現代の、リベロPを叩きつける様が痛快な動画。
ここから新しいニコマスパンクの歩みを見てみたい。


――それでは最後に。前回主催者のユウシロウPにインタビューした時も聞いたのですが、あなたにとってパンクとはなんでしょうか?

リベロP 何があっても前に進み続けるということですね。

――おぉ!

リベロP 嫌なことがあってもへこたれても――運が悪いとか流れがあると思うんですけど、めげないで自分がこの時にできることをやって前に進み続ける。それがパンクだと思ってますね。

――無理矢理に聞こえるかもしれませんが、アイマスのキャラもみんな前向きですよね。

リベロP そうですね。みんなトップアイドル目指してますよね。

――繋がる部分があるのかな、と今思って。

リベロP そう考えるとアイマスもパンクですね。だからアイマスをどんどん好きなっていったのかもしれないですね。自分のそういった心情と被っていって。

――ちなみに、シンデレラやミリオンはどうでしょう?ミリオンだとジュリアで動画作ってますよね。

リベロP 好きですよ。ジュリアはプロフィール見た瞬間「キタ!」と思いました。

――(笑)。あと一つ、あなたにとってアイマスとはなんでしょうか?

リベロP そうですね……目標ですかね。

――目標?

リベロP はい、みんな夢を果たしてトップアイドルになるじゃないですか。自分でプロデュースして。だったら自分もいけるとこまで、頂点、目標に向かって頑張ろうと。

――お互いを刺激し合える仲間のような。

リベロP そうですね。

――なるほど。それではインタビューはここまでです。ありがとうござました。

リベロP ありがとうございました。

(了)



リベロP
11年04月に『ファンタジー』でデビュー。パンクの曲を中心にPV製作で活動中。
代表作は『【HaRuKarnival'11】 LISTEN TO THE STEREO!! 【アイドルマスター】』、
【アイドルマスター】コンプリケイション【OP風】』など。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/317-b4313f3e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。