Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/38-cf101453

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第32回 中南海P 「ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル/ビリー・ジョエル」

ビリージョエル
「ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル/ビリー・ジョエル」

はい皆様こんばんは、中南海と申します。
ニコニコ動画の隅っこで、ノベマスなんかを作っております。
私の一枚ですが、まずは一つ動画をご覧いただきたく。

ご覧頂くのは『ピアノ・マン』。
舞台は場末のピアノバー。
ピアノ弾きのビル君が、そこでの出会いを歌います。

英語がダメ?大丈夫、歌詞職人があなたの味方。
PVがダメ?たったの5分、ノベマスみたいなPVですよ。
興味ない?そりゃしょうがないw




こちらが、私のお勧めする『ピアノ・マン』。
これは私に「大人とは何か」という事を教えてくれた曲なんです。
この曲は、バーに集まるオトナ達のお話です(そりゃ子供はバーにいないですけど)。


この曲の出だしは、こんなフレーズ。
"土曜の夜九時、バーに集まるなじみの顔。"
バーで出会った人達を、ビル君は淡々と歌います。

なぜか一人ぼっちで、カウンターの隅で安酒をチビチビやってる爺さん。
「俺、いつかここやめて映画スターになるっすよwww」とか真顔で語るバーテン。
客からチップ巻き上げようと駆け引きするウェイトレスに、
ウェイトレスにカモられる酔いどれリーマン。

…全体的にアレなメンツですね。爺さんは良い歳こいて何やってんだ。
おまけにこの爺さんったら困った事に、自分も覚えてない思い出の曲をリクエストしやがります。
“あの甘く切ないメロディー、あの頃はちゃんと覚えてたんだがねぇ…”
もちろん爺さんの「あの頃」は、一切語られません。


そう、語られないんですよ。
皆それぞれ複雑な事情を匂わせてるのに、彼らの抱えてる物は全く語られません。

爺さんが抱えてるはずの過去への想いも、
バーテンが抱いてるはずの今の境遇への不満とあきらめも、
酔いどれる事情があったはずのリーマンの事も。

何かあるはずなのに、ビル君は何も語りません。ただ一言、こう言うのみです。
”彼らはここで、孤独って言う名前の酒を酌み交わしてるのさ。”

ホントはさみしい。しんどい。辛い。
でもそんな事は誰も口に出さない。みんなオトナですから。
ただ騒いで飲んで、胸に秘めた寂しさをごまかしてる。
そんな彼らの切ない気持ちを表してか、曲は明るいのにどこか寂しげ。

ほのかに香る寂しさが、この曲の大人っぽさ、そして魅力なんだと思います。


さて。
そんなお客さんが愛する、ビル君のピアノ。
“お客は皆日常をたった一時忘れる為に、僕のピアノを聴きに来るのさ。”
なんて豪語する彼ですが、どうやら場末のバーでピアノを弾く自分にやり切れない想いを抱いてる様です。

ビル君は、歌の中で自嘲気味に語ります。

”カーニバルの様に騒がしくて(下品な)ピアノ。
 マイクにまで沁みついた酒臭さ。
 (僕の雰囲気はこの場に似合わないのか、)
 客は皆、チップを渡しながら僕を茶化すんだ。
 「よぉ、アンタ何でこんな所にいるんだ?」”

ビル君に何があったかはやっぱり語られません。
でもビル君もお客と同様、なにがしかの挫折を抱えてバーにいる訳です。
そんなビル君のピアノだからこそ、お客の心を掴むのでしょうか。お客がビル君に語りかけるフレーズで、この曲は締めくくられます。

”一曲頼むよ、ピアノマン!
今夜も俺たちに歌ってくれよ。
みんなアンタを待ってんだ。
アンタのピアノ、なんだか気が晴れるんだ。”

心に弱さを秘めてるからこそ、お客はどこか味わい深く、
挫折を抱えた彼のピアノだからこそ、お客の心に響く。
自分の弱さや挫折だって、大人の苦味、つまり味わい。
だからしんどい経験も無駄じゃないと、私はビル君に教わりました。

辛い事があった夜には、この曲を聴いてみて下さい。
そしてお客と一緒に、ビル君に言ってみましょう。

“一曲頼むよ、ピアノマン!Sing us the song, you’re the piano man!”

疲れたあなたの心にも、ビル君のピアノはやさしく寄り添ってくれるはずです。


……あれ、他の曲を解説してない。
ま、いいですよね。このアルバムはみんな好きですけど、この曲は特別なんです。
この曲をモチーフにノベマス作っちゃう位ですし(←CM)。

さて、拙いコラムでしたがこんな文章や動画からでも。
皆様とビル君、つまり歌手ビリージョエルとの出会いがあれば、
それは私の無上の喜びです。



ピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエルピアノ・マン:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ビリー・ジョエル
(2004/12/30)
ビリー・ジョエル

商品詳細を見る





Author:中南海P
マイリスト:
洋楽系ノベマス、他 http://www.nicovideo.jp/mylist/24161701    
医療系ノベマス http://www.nicovideo.jp/mylist/29465197
ツイッター:http://twitter.com/p_chunan



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/38-cf101453

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。