Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/76-2cdd113a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ラストライブ!『HaRuKarnival'13』特集第1弾 主催・せるき~Pインタビュー

HaRuKarnival(ハルカーニバル)』 というイベントは、もはやニコマスの夏の風物詩といっても過言ではないだろう。
2009年の初開催 から順調に規模を拡大し、私の記憶が確かならば(鹿賀丈史顔)、昨年は総来場者4,000人、アクティブでも2,000人の動員を記録しているはずである。2007年から続くニコマス史においても、非常に知名度の高いイベントであることは間違いない。

その『HaRuKarnival』が、5年目にあたる今年は「ラストライブ」と銘打っている。
これは記憶に残る夏になるに違いない。「ニコマスメディア」を自称する以上、この歴史に立ち会わないわけにはいかないだろう。そう考えた編集部は「『HaRuKarnival'13』特集」を組もうと決意し、第1弾として主催のせるき~Pにインタビューを申し込んだ。

(interview & text by Pボウイ)







HRKn13_main_R.jpg
べろちょろP作 ハルカニロゴ2013ver.



――6月から 『HaRuKarnival'13』 (以下ハルカニ)の募集も始まりましたね!

せるき~P もう始まったんですねー、はやいっすねー!「あれ?もう6月!?」みたいな感じですけどねw

――募集開始から1週間ちょっと経ちますけれど、応募状況はどんな感じですか?

せるき~P ビックリなんですけどね、去年の2倍くらいのペースできてます!60人近くきてますね。

――既に!? ちなみに、その60名近くの中には「ひさしぶりだなこの人!」みたいな人とか、最近表立ってはお名前を拝見していなかったようなビッグネームもいたりするんですか?

せるき~P 「この人、忙しいはずなのに……」とか「あ、いつもお世話になってます」とか、「あ、この人有名Pだ!」みたいな人とかいらっしゃいますねー。

――いやー、ハルカニ13も楽しみになってきますねー。




「生放送すげえな」って思ったんですよね。
「こういうイベント作りたいな」と。



――では改めまして……
ご存知の方もいらっしゃるでしょうし、アニマスやモバマス、グリマスからの新しいファンの皆さんには「初めて聞く」という方もいらっしゃると思います。そもそも「ハルカニ」とは?

せるき~P 『HaRuKarnival(ハルカーニバル)』というのはそもそも、「アイドルマスターの天海春香というキャラクターがLIVEをする」、その「LIVEを作る」というイベントです。

――「天海春香」というキャラクターが「LIVE」をするという、そもそものコンセプトが生まれたきっかけというのは何だったんですか?

せるき~P 一番最初は、かなり古い話になっちゃうんですけど、『如月千早誕生祭〜72時間生放送〜』 というのがあったんですよ。その名の通り「72時間放送する」という凄い放送ですw その時のOPに 西岡Pの新作 が流れた時に、コメントが左端までいかない(で消えてしまう)くらいの弾幕がブワーッて流れたんですよ。それを見た時に「生放送すげえな」って思ったんですよね。「こういうイベント作りたいな」と。生放送でこういう風にコメントが流れてて、途切れないようなイベントを創ってみたいなと思ったのがきっかけですね。

――僕は「ハルカニ」というイベントが、こういう生放送LIVEの先駆者的なイベントだと思っていたんですが、そのハルカニにもモチーフになるものがあったんですね。

せるき~P そうですね。千早72時間放送というのは本当に凄くて、当時は(ニコ生に)予約が無かったんですね。枠を取るのも「連打」でしたw いかに連打が出来るかっていう勝負で、それも(同時間帯の)枠数が50枠から100枠になったばかり。それを72時間獲り合うっていう勝負でしたw

――うわぁwww

せるき~P 生放送の黎明期に、生主が連打して獲り合うっていう伝説の放送だったんですけどねwww

――ハルカニのきっかけ、意図や趣旨としては、そういうものに触発されて「LIVEとしての空気を作りたい」というのが大きかったんですね。
自分は2010年にノベ架空でのデビューだったので、初めてハルカニを見た時には弾幕と盛り上がりと熱気には圧倒されました。そんな時に、とある知人が「ノベ架空でも生放送は出来るけど、やっぱりPVの生放送には敵わないね」と言っていたのが凄く印象的だったんです。自分もそれを肌身で感じて。

せるき~P でも自分は実はそうは思ってなくて。というのもハルカニ自体がそうではなくて、ハルカニで一番盛り上がる部分は、途中のノベマス(MC)部分なんですよ。MCのノベマス部分が一番コメントがついて、一番読みにくいんですw あそこだけはずーっとコメントが途切れないですし、一番みんなが盛り上がっているところなんです。

――そうなんですか!?

せるき~P 「盛り上がりすぎてコメントで見えないから、(MCを)作るの嫌なんだよね」なんて言う人までいるくらいでw

――PV中のコールやサイリウムの方が圧倒的に凄いと思っていたんですけど……

せるき~P そんなことは無いんですよね、実はw


西岡P4_0000
せるき~Pが影響を受けた『如月千早誕生祭〜72時間生放送〜』のOP動画(西岡P作)のワンシーン。




――さて、毎年の夏の風物詩が「ハルカニ」だとすれば、初夏の風物詩!通称「超えられないハードル」「ハードルはくぐるもの」として有名なハルカニ告知動画w 今年も艦長Pの素晴らしい動画が上がりましたね!

せるき~P いやー、びっくりしますねーw

――過去を振り返れば……
2009年は ひろ。PといちじょーP に、ノリスケPの勝手に支援動画
2010年は KenjoP
2011年は ぎょP
2012年は FRISKP
2013年は 艦長P
……完っっっぜんにくぐるハードルですよねこれwww

せるき~P 一番最初の告知動画だけは、(運営が)みんなで「誰にいこうか」「最初だから盛り上がる人がいいよね」って相談して決めて頼みにいくんですが、実はそれ以外のCM……例えば翼Pとか、RidgerPとか……ため息出ますねw そのあたりは、Kさん(ターンKさん)が勝手に頼みに行ってて、俺は知らないっていうw

――歴代の「開催のお知らせ」以外の告知・CM関係でざっと名前を挙げてみると……
翼P、けるまP、tloP、えにこP、ΣP、うしわかP、さぼてんP、えびP、under79さん、ぽP、ドリP、赤ペンP、RidgerP、ベタ塗りP……
えっと、なんですかこれ(真顔)

せるき~P や、分かんないっすwwwwww
ホントに自分は一切関与してなくて、誰に頼んで欲しいとかも言ってなくて、Kさんに「任せた!」って言ったらこうなっただけですw

――完全にニコマス・オールスターゲームになってますw

せるき~P オールスター感謝祭的なことをやってるんじゃないかなと、俺は勝手に思ってますw CMは頼む面子も上げるタイミングもKさんに一任して「好きにやって」って言ってるんです。Kさんは優しいんで、だいたい先に「○○に頼むよ」って言ってくれるんですが、人数多すぎて自分も忘れちゃって後になって「ヤバイ、この人めっちゃ有名な人来てるwwwwww」ってなってますね。
(2012年の)RidgerP に関しては主催に内緒で作ってきてくれて、Kさんから「これ流しといてね」ってポーンと渡されて、流してみたら右上(投稿者名)に「RidgerP」って書いてありまして……「主催シークレットかよwww何だこれwww」ってなりましたw

――始球式に松坂クラスみたいなw

せるき~P まさにそれw
あと「くぐるハードル」って言葉があるんですが、あれを言い出したのはハルカニだった気がするんですよ。「こんなハードルくぐったらいいじゃん!」ってコメントがあって、それを自分が面白がって拾った記憶があります。

――「ハードルはくぐるもの」は、ハルカニ発祥!

せるき~P もしかしたら他で(既に)あったものを使ったのかもしれないですけどw それで、次の年か、その次の年からは「ハードルじゃなくて鳥居だと思う」「拝んでから通るようにしてる」って言ってる人が多いですw

――なんかもうねwwwそれだけでも既に凄いイベントですよねハルカニってwww


艦長P4_0000
今年の開催告知は 『【アイマス】 Next Life 【公式曲MAD】』 で大ヒットを飛ばした艦長P!ぷちます春香曲の「SWITCH ON」にのせて、公式に振り付けあったのかとみまごうばかりのダンスシンクロは流石の一言。




――2011年で、レギュレーションが野外からドームステージに移りましたよね。あれのきっかけというのは何だったんでしょう?

せるき~P まず一番最初に、「ステージを統一したい」と思っていたんですよ。1回目からそれはずっと変わらず、ステージを統一させようと。そこで2011年から大きな問題が出てしまったんですが、それが何かと言うと「アイドルマスター2」が出てしまったのです。
2でも野外はあって、(無印・L4Uと)対応するステージはあったんですが、3人ステージだったんですよね。「2でやるのに3人ステージは微妙じゃね?」とかなり会議があって、そこで「5人ステージにもっていこう」と。そこで出てきたのが武道館とドームだったんです。武道館かドームにするかで生放送で視聴者に聞いて、決めたという経緯があります。5人ステージであり、1も2も共通で使えるということを第一に置いて、ドームになったんですよね。
でも、「春香さんと言えばドームでしょ!」というところもちょっとありました。

――「春香と言えばドーム」というのはやっぱり、決め手としては大きかったという部分はあるんですか?

せるき~P そうですね、生放送のコメントでも「春香さんと言えばドームだよね」というのがあり、野外からドームに変わってもおかしくはないかなと考えて変えたというところはありますね。

――2はせっかくクインテットがあるんだから、何のためのクインテットだよ、っていうところはありますよね。逆にL4Uでも、BBを使えば人数はいくらでも増やせるということもありますしね。

せるき~P そうですね。

――野外からドームに変わって照明効果も変わって、演出の幅が広がったのかなという気もするんですが?

せるき~P それでも、1年目(2011年)は「外の方が作りやすいよ~」って声もありましたw

――そんな中で2011年、2012年には 『まみか→にばる』 『やよかに』 といった「ハルカニフォロワー」のイベントも登場したり。

せるき~P そのうちの「まみかに」は俺が主催ですけどねwww

――はい、知ってますwww

せるき~P そうですね、「まみかに」や「やよかに」が悪いというわけではないですが、自分は「ハルカニ」が最高のイベントだとは思っていないので、もうちょっと違う形のイベントがあってもいいのかなとは思っていましたね。ハルカニを追従しなくても面白いイベントは作れるのかなと、無理に(レギュを)ハルカニに沿わせなくてもいいんじゃないかなと。
自分はハルカニを、凄く面白いイベントとは思っていなくて、「ニッチなイベント」だと思っているんですよ自分の中では。「春香さん」というアイドルに限定していますし、でかいイベントにしようともそんなに思っていないんですよ。「大多数の人が面白いイベント」ではなくて、「少人数の人が『スゲー面白い!』と思って貰えるイベント」にしようと思っているので、無理にハルカニに追従しなくてもいいんじゃないかなと思っているところはあります。
そういう意味で「やよかに」は凄いなと思ったのは、生放送中にずっと(MCが)喋ってたんですよね。「やよかに」っていう名前だけどハルカニの追従はしていなくて、すげーなと自分は思ったりしました。「ハルカニ」はハルカニで面白さがあって、でも他のイベントには絶対に他のイベントの面白さがどこかにあると思うので、新しい面白さを作ってくれたらなと思います。

――なるほど……
自然と規模が大きくなってはきましたけれども、初心変わらず、というところなんですね。

せるき~P 多くの人に受け入れて貰おうとは思っていなくて。毎年、実は目標としてあるのが、具体的に人の名前を出すのもアレなんですけどw 野武士さん(野武士P)と ぺけ丸P という、あの「春香好き」……「春香キチw」の2人が面白いと思ってくれるものを創れればなと思ってます。あの2人が面白ければ何でもいいな、と思って創ってます。

――全身からにじみ出るほどの「春香好き」が楽しんでくれれば、それでいい、と!

せるき~P あの2人さえ「面白い」と思ってくれれば、自分はそれでいい!と思ってます。だってあの2人、「明日ハルカニだな……寝ないでおこうかな」とか謎の発言をするくらいの2人なんでw そんな2人、それだけ楽しみにしてくれている2人が「最高に面白かった!」って言ってくれるようなイベントにしたいと思っています。だから、多くの人に受け入れて貰えなくてもいいから、一部の人が「最高に面白い!」イベントを、と考えています。

――えー、野武士さんとぺけ丸くんには届きましたでしょうか……!「真美派」の主催・せるき~Pからの熱いコメントです!w

せるき~P あんまり他人の名前を出すのはアレかなと思ったんですけど、こっそり、自分の中の目標です!w


dome_0000.jpg
春香さんと言えば! ドームですよっ!ドームっっ!






作ってみたくないですか?「ラストライブ」を!



――「ハルカニ13」はラストライブということで……けっこう衝撃を受けた方もいらっしゃるんじゃないかと思いますが、「ラストライブ」の理由というのを伺いたいと思うんですが。

せるき~P リアルの環境が変わってしまって、来年はもしかしたら出来ないかもしれないかというのがあったんですよ。ただ、「来年も出来たらやる、来年は出来なかったらやめる」でも良かったんですよ。その上で「ラストライブ」にしようと思ったのは、キャラクター「天海春香」にとってラストライブというのは、特別な意味を持つと思うんですよね。春香さんを好きな方だったら、誰でも「天海春香 ラストライブ」といえば特別な意味を持つと思いますし、むしろみんな「ラストライブを見たくないですか?」と思うんです。
というか、作ってみたくないですか?「ラストライブ」を!

――あ、なるほど……!「お別れ」のライブというよりは、「自分たちの考える天海春香のラストライブ」を作ってみたい、という!

せるき~P 天海春香のファンである以上は、「春香さんのラストライブ」というのを作ってみたくなったんですよ。もし来年「出来なくてやめる」になったら、(自然消滅になって)「ラストライブ」は出来なくなるかもしれない。しかも今年で5年目だ、と。今年もしもラストライブをやらなければ、次は多分5年後でしょうね。そう思ったら「ああ、“ラストライブ”を創ってみたいな」ってなったんですよね。
だから、マイナスの意味を込めて「ごめんね、来年は出来ないから今年でラストなんだよ」じゃなくて、「春香さんのラストライブ、みんな見たくない!?」ということなんです。出来なければやめるでも良かったんですけど、逆に、今年しか出来ないなと思ったんです。それが「ラストライブ」の理由です。

――何というか、本当に「後ろ向き」ではない……本当に「特別なもの」を作りたくなったんですね。

せるき~P ハルカニをやる時には一番最初に相談する人が2人いるんです。kinacoさん という春香(生)放送を毎日くさるほどやっている方と、副主催の ジャバラP、この2人には毎年必ず「ハルカニ」をやる時には相談をするようにしているんですが、その時に「今年はラストライブにしたい」「ラストライブってかっこよくね?w」って言ったら「うん、かっこいいわ。やろう!」って言ってくれたんです。

――その2人やハルカニのスタッフからは、反対意見は出なかったんですか?

せるき~P 1人も出なかったと思います。毎年スタッフをやってくれている方も「いいね、やろうよ」って言ってくれました。

――自分の記憶ですが、総来場者4,000人、アクティブでも2,000人という規模の人数が見に来るハルカニほどのイベントになると、一般視聴者の方の反応も気になってしまうんじゃないかと思ってしまうんですが、それを怖がらず「自分たち狭い範囲でまず楽しめるもの」という初心を忘れずにいられたからこその決断なのかなと思います。しかも、決して「後ろ向き」ではない決断という。

せるき~P そうですね。
それともうひとつ大事にしてることがあって、「去年と同じくらい面白く」という。去年のハルカニを見てくれた方はみんな「面白かった」と言ってくれるし、自分も去年のハルカニは「絶対面白かった」と断言出来ます。それは自分の中でも自負としてあるんですけど、でも「(今年は)去年よりも面白く」とは思っていないんですよ。じゃなくて、「去年と同じくらい面白く」したいなと。
でも、去年と同じくらい面白くするには、同じことをやっていたら同じくらい面白くはならないんですよ。飽きますから。新しいこともしていかなければ、去年と同じくらい面白くはならないんです。だから、自分の目標は「去年より面白く」ではなくて、去年が面白かったから「去年と同じくらい面白く」したいなと。
去年は去年で最高だと思うので、それはそれでいいとして、その「最高」をもう一度創りたいなと。それには「変えるべきところ」と「変えないべきところ」があるなと思っているんですよね。どんどん変えてばかりいたら去年の面白かったところがなくなってしまうし、守って守って去年と同じこと同じこと同じこと……をずーっとやり続けていったのでは、結局「なんだ去年と一緒かよ」になっちゃうんですよ。そのバランスをとって、去年と同じくらい面白いことをしたいんですよね。

――毎年、なにかしら新しいことを?

せるき~P 何かしら色々やってますね。2年目からは カウントダウンでノベマス をやったりとか、あと2年目から 生演奏をして貰って公式曲の動画 を作ったりとか。けっこう毎年、「去年はこうだったよね」みたいな反省は取り入れてやってます。あとは実現はしてませんけど、去年か一昨年には「ハルカニアプリ」作ろう、とかねw 色んなことを意外と考えてやってます。Tシャツ販売もそうですよね、「グッズ作ってみたいよね」と言って。今年はブロマガをやろうかなって、色々企画を考えたりとかしてます。もうすぐ稼動し出すかなと思います。意外と色んなことをやってますね。これが「新しいこと」。
でも、基本的な「ライブ」の感じであったりというのは変えないように。去年ダメだったこととか、今年新しくやってみたいこととか、どんどんどんどん改良を加えながら、新しいことをしつつ「ハルカーニバル」をやってるかなという感じです。

――だからこそ、こうやって5年目を迎えることが出来ているのかな、と感じられますね。傍から見てるともう「ハルカニ」という規模のイベントは放っておいても人が来るように漠然と思ってしまっていたんですが、中でそれだけやっているからこそというのがあるんでしょうね。


ハルカニTシャツ1
去年はTシャツも作りました。物販ページは ハルカニ公式ブログ より。




――勝手な勘繰りになってしまうんですが、実はアニマス以降にファンは増えているけどニコマスの視聴者数は増えていない(むしろ視聴数は減っている?)印象があったり、アニマスやモバマス、グリマスからのファンの方はニコマス、特にゲーム映像に関心がないようなイメージがあったりして、そういったところも影響があるのかなと思っていたんですが、そのあたりはどうなんでしょう?

せるき~P そうですね、あんまりそういうことは考えてなかったんですけど……むしろ自分がハルカニをやっていて嬉しいのは、「アイマスはちょっと好きだったんだけど、全然アイマスに詳しくなかった。でもハルカニを見て動画にハマったから、今年は参加したい!」って言って貰えるのが凄く嬉しいです。
さっきも言った通り、自分は凄くニッチに作ってるつもりなんですよ。ごく2人(野武士Pとぺけ丸P)だけが楽しんでくれればいいかなって思ってるような人なんでw だから、基本的には「人が減ったからやめよう」とは思っていないです。それに「ハルカニを見てMADに興味を持った」って言ってくれる人が多くいるので、自分としてはむしろ、逆かなと。そういう人に「俺はこういうこと好きなんだよ!」って知らしめてやりたい気持ちはちょっとあります。「こっちはこんなに面白いんだぞ」「なんでお前ら知らないんだよ」って言いたい気持ちはありますね。だから(ニコマスに関心ある人が減っているからやめる)というのは、全く逆だと思いました。

――そういう意味では本当に、全く「後ろ向き」なラストでは一切ないということですね。

せるき~P そうですね、自分は基本的に前向きと言うか、ポジティブすぎる人なんでw そういう風な「人が減っているからやめよう」ということは一切ないですね!

――視聴者としては「ラストライブ」だけに、とんでもない動画が登場することも期待しちゃうんですけどw

せるき~P そうですね、「ラストライブ」だからってしっとりとした動画ばっかりを欲しいなとは思ってはいないんです。勘違いしないで欲しい、って言ったらなんか上から(目線で)で好きじゃないんですけど、例えば春香さんのラストライブに行ったとするじゃないですか、そこでしっとりした曲ばっかり歌われたら「え~……」ってなることないですか?最後に、春香さんの元気な姿を見ていきたいと思うじゃないですか。だから、「春香さんのライブ」を創って欲しいんですよね。もし春香さんがラストライブをするとして、しっとりした曲がないとは思わないし、むしろなかったらおかしいです。でも、しっとりな曲ばっかりな春香さんのライブが面白いかって言ったら、自分は絶対面白くないと思うんですよ。だから参加者の方には、そんな「ラストライブだから」って言ってしっとりした曲ばっかりをいっぱい創ってきて貰うのはちょっとな……と思います。

――これはまた、参加者に向けての面白いメッセージですね。

せるき~P 自分はハルカニの参加者は「参加者」とは見ていないんですよ。「参加して貰っている」と言うよりは、「一緒に作っているパートナー」だと思っているんです。だから「ハルカニで動画を作って流して貰う」というんじゃなくて、「一緒にライブを作ってくれる人、最高に楽しい瞬間を作るのをお手伝いしてくれる人」だと思ってるんです。
あともうひとつ、ハルカニの中で自分が凄く好きな点というのが、動画の上手い・下手というのはハルカニの中では関係ないと思うんですよ。本当に「ハルカニ」というのは動画が上手いとか下手だとか全然関係なく、みんなが「ウワーッ!」って盛り上がってみんなが「春香さんかわいいー!」って言って、盛り上がれるイベントだと思うんです。動画が上手かろうが下手だろうが、春香さんはかわいいんですよ。それだけで凄く盛り上がれるんですよ。だから、みんなの出来る力を本当に振り絞ってくれれば、上手い・下手関係なく、全員がその動画を見て盛り上がれるって言う空間、これがハルカニの、自分の中で凄く良い点だと思うんですよね。そんな感じで、みんなが本当にノリだけで3時間、4時間と過ごせちゃう空間だと思うので、あんまり「動画が下手だからやめとこうかな……」とかそういうんじゃなく、この「盛り上がる空間を作るにはどういう動画がいいかな」っていうことを必死に考えてくれたら、それだけで多分ハルカニっていうのは参加出来るんじゃないかと思うんですよね。

――本当に、各々が「ハルカニに動画を持ち寄る」んじゃなくて、1人1人が「春香さんのプロデューサー」ですよね。更に今回は、各々が「自分の春香のラストライブを」と言うんですか、そういう気持ちをせるき~さんから渡されたな、と。

せるき~P なので、動画の上手い・下手じゃなくて「ラストライブを一緒に作りたいな」っていう人がいれば、ぜひ参加して欲しいなと思います。

――それにしても、なかなか熱い話になりましたねw

せるき~P 語ると熱くなっちゃいますねw

――大好きです、そういうのw


フルプレートP4_0000
参加者1人1人が「春香さんのライブ」をプロデュース、そのステージは十人十色!例えば卓M@Sで活躍するフルプレートPは、その名を体現するかのように全身鎧(フルプレートメイル)の衣装でイタリアのシンフォニック・メタル・バンドRhapsodyの 「Power of the Dragonflame」 をひっさげて参戦!





「プロデューサーの名前を前に出さないこと」



――では改めまして、「ハルカニ13」主催・せるき~Pの意気込みというものを伺ってみたいなと思います。

せるき~P そうですね……
凄く「同じもの」を創りたいと思ってて、その時に凄く注意しているものがあって。ハルカニを見て下さっている方は「LIVE感」というのを非常に楽しんでくれていると思ってて、そういうのをしっかり創りたいなと。この「LIVE感」を創るというのが意外と大変でw
まず一番最初に「ステージを統一する」。もちろん、レギュレーションにある通りなんですが。最初は「衣装」をどうにかして一緒に並び替えられないかとか考えてみたり。ハルカニのセットリストを組む時に「前の曲と同じ衣装にしちゃおう」とか。そうじゃないと「春香さんいきなり着替えたらおかしいじゃん!」と。まあさすがに、現実的には無理なんですけどw っていうことを考えてみたりとか。
次に「曲順」。しっとりとした曲から始まったら変だと思うんですよ。一番最初はノリノリの曲から始まったほうがいいと思いますし、途中で一回ゆっくりな曲を挟んで休憩を入れてから、もう一回熱い曲で跳ね返すみたいな、セットリストと曲順の作り方であったりとか、MCであったりもそうですし。
あと、意気込みからはちょっと外れちゃうんですけど、「ハルカニ」で気をつけているのは「プロデューサーの名前を前に出さないこと」。「このPさんが作ってくれたんだよ」っていうのは、「春香さんのライブ」では意味がないと思うんですよ。そんなことはどうでも良くて、春香さんが見れたらいいんですよ。春香さんがかわいければいいんですよ。だって、春香さんのライブを見に来てくれている人は、春香さんのライブを運営している人が誰かとか、照明をやっている人が誰かとか、そんなことはどうでもいいんですよ。そうじゃなくて、春香さんがかわいく踊っているところを見たいので、だから自分はなるべく、プロデューサーさんの名前を前に出さないように、放送しているこちらもなるべくコメントは打たないように、最低限のコメントだけでいこうと。そうじゃなかったら「春香さんのライブ」じゃないと思うので。もちろん終わってから「あの照明凄かったよね」とかいう話にはなったりもすると思うんですけど、基本的にはそういう風な感じでイベントを作りたいなと。

――そういう考え方、大好きですw

せるき~P 運営とか、プロデューサーさんが見えないイベントというのは珍しいと思うんです。全然考え方が違うイベントとして、『VERROCK FESTIVAL』 とか 『VERROCKIN' LIVE』 っていうのがあると思うんですが、あれは「プロデューサーさんが主体でイベントをコーディネイトする」っていう形で運営していると思うんですね。「ハルカニ」は全く逆なんですよ。プロデューサーさんが前に出ない。

――『VRF』とか『VRL』っていうのは、バンドと曲のセットリストだと思うんですよね。プロデューサーがバンドで、それぞれのPVがバンドの持ち曲っていう。

せるき~P あー、わかりやすい!それはそれで自分も大好きで、それが悪いというわけではなくて、ハルカニとは大きく異なっているというところだと思うんですよ。「天海春香というキャラクターのライブがあったら」というのを必死で考えて作っているっていうのを、今年も大事にしたいなと思っていますね。

――それが2009年から続く「初心」であり「根本」なんですね。

せるき~P そうですね。だからみんなが楽しめる場だと思うし、それをやっぱり今年も大事にして作りたいなと思っています。

――「大事なところは最初からあった」という感じですね。



――それを踏まえて、今年もきっと楽しみにして来てくださるであろう視聴者の皆さんへ、メッセージをお願します。

せるき~P はい。
視聴者の方はきっと「ライブ」を楽しみに来て下さるであろうと思うので、さっき言ったように「LIVE感」だったりというのは絶対に守って、「去年通りの面白さ」を提供していきたいなと思っています。
自分の中で去年はめちゃめちゃ面白かったから、去年よりめっちゃ面白くなったりということはしないと思います。でも、少なくとも去年と同じくらいは面白いし、春香さん好きにとって「最高の時間」であるということにはしたいと思っています。

――いやー……
凄く良い意味で言うんですけど、せるき~さん、きっと良い意味で毎年同じこと言ってるんだろうなってw

せるき~P wwwwww
なんでバレたんだろうwwwwww

――wwwwww

せるき~P 2年目も「去年が面白かったから、今年も同じようにしたいんだよ!だから新しいことを色々やっていくんじゃなくて、守っていきたいんだよ!」ってケンカ腰で言ったことを思い出して、ちょっとドキっとしましたw


艦長12-1_0000
昨年のハイライトのひとつ、アンコールで登場した艦長Pの 『【アイマス】 太陽のジェラシー 【HaRuKarnival'12】』 のワンシーン。紛れもなく「最高の時間」でした。





「ラストライブ」を全員で表現していきたい



――それでは良い感じの時間になってきましたので、トークの〆として最後に、せるき~さんに伺おうと思います。ズバリ、せるき~Pにとって」「ハルカニ」とは?

せるき~P 「ハルカニ」とは、自分と、スタッフと、参加者と、視聴者との「表現方法のひとつ」かなと思っています。みんなが「ハルカニ」という場において、表現をする場である。今回であれば「ラストライブ」というのを全員で表現していきたいなと、そういう風に思っています。

――参加者も視聴者も一体になって?

せるき~P そうですね。全員がここで「表現」出来る場かな、と。多分、視聴者の方もここでいっぱいコメントを打って表現出来る場だと思うんですよね。
(毎年)楽しんで本当に嬉しいんですけど、広告も凄い量入ってましたしねw あれはフツーにこっちも焦るんですけどねw

――wwwwww

せるき~P でもね、そういう風にみんなも「表現」していって頂けたらな、と思っています。

――「ハルカニ」という場の2013年、スタッフも参加者も視聴者も、みんなが作って、みんなが「歴史の生き証人」みたいな。そういう場になると期待したいし、楽しみたいし、というところですね。

せるき~P 参加者も6月いっぱいまで募集していますので、よろしくお願いします!!!


scrapP_flyer2.jpg
ハルカニ13の参加登録は 6/30 (日) 23:59まで! みんなで「春香さんのラストライブ」を作り上げよう!!





せるき~P
2008年3月、『アイドルマスター 『おんなの子は恋の神様』 春香・雪歩・伊織』でデビュー。自身の活動としては「マイナーなエロゲソングor同人曲専属でやっていこうかなーと思ってます。」と処女作で語っており、「アイマス×エロゲソングコミュ」 のオーナーでもある。
『ハルカニ』では初開催の2009年からの主催を務めている。それ以外にも 『G4Uコンテスト!』 主催や 『トーナメント型リクエスト対決』 副主催を務めるなど、色々な生放送企画の運営で活躍している。





HaRuKarnival'13(ハルカーニバル・サーティーン)
HaRuKarnival(ハルカーニバル)とは、バンダイナムコゲームス開発のゲーム『THE iDOLM@STER』シリーズに 登場するアイドル天海春香の架空のライブを行うというユーザー生放送 (いわゆる「ニコマス系ニコ生」) の企画である。2009年から毎年夏に開催されており、今年で5回目の開催となるが、今回が最後の開催となる。
放送日は2013年の7/27, 8/3, 8/17, 8/24の4日間(すべて土曜)。4回ともセットリストが全く異なる。
開催日の前に春香主演の新作ライブ風MADを募集し、 運営スタッフがセットリストを作成、放送当日にユーザーニコ生にて ライブ中継形式で視聴者と一緒に視聴するという形式のイベントである。
動画のレギュレーションや参加登録などは 公式ブログ を参照のこと。

HaRuKarnival-天海春香 live in ニコ生- コミュ




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/76-2cdd113a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。