Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/88-db46363c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

第1回 「SSとはいったい?アイマスSSの誕生まで 2007~2010年」

 みなさんはじめまして!サークル敷居亭のさっすまです。ニコマスは見る専なのですが、縁あってコラムを書かせていただけることとなりました。敷居亭現メンバーでは最年少ですので、こちらの編集部員のハバネロPには顎で使われております、今後も下僕のように働いていきたいと思いますよろしくお願いします。

 さて今回の企画ですが「PとこのSS(ショートストーリー)」というタイトルを付けさせてもらいました。個人サイトや同人誌のSSとは別の、2chのニュー速VIP板で主に書かれている掲示板投稿型のネット小説としてのSSの話をします。今やアイマス二次創作の中でも一ジャンルとして大きくなっているアイドルマスターSSについて、「SSってなに?」という方にもわかりやすく、「SSってどうやってできたの?」「アイマスSSの面白いところは?」ということを、SSの歴史を通してその面白さと、ニコマスとはまた違うアイマス創作世界の一端を伝えられたらなと思っています。全4回の短期連載となりますので、少しの間お付き合い頂けると嬉しく思います。

○SSってなに?


 それでは、まず「SSっていったいどういうもの?」というところから始めましょう。ここでお話するSS、ショートストーリーとは、主に2ch・ニュー速VIPを中心として、掲示板で行われる投稿形式のお話です。現在はSSまとめサイトやpixiv小説等、掲載場所が多いので触れたことのある方も多いかと思います。SSのひとつの特徴として、掲示板での投稿では書きやすさ・読みやすさの為にテンプレートが用いられることが多いです。たとえば、

小鳥「事務所で同人誌描いてたら春香ちゃんに見つかったわ…」ピヨピヨ...

律子「仕事してください!」


のような、台詞形式・台本形式で進められていくのが一般的な掲示板投稿型のSSになります。ニコマスに触れている方ならお気付きかと思いますが、要は動画のないノベマスですね。もちろん、ここに地文が入ったり、通常の小説のように進められたりと形は多種多様で、ここに安価やID遊び、乗っ取り等のVIP文化も加わったりして、各々で全く違う世界が繰り広げられています。2005~6年にテンプレートが誕生して以降いろいろな流れを辿りつつ、現在ではVIPにおける大型のカテゴリとして存在しています。アイマスSSもその一部として、現在確認できるだけで2000作以上あり、SSというカテゴリの大きさが分かって頂けるかと思います。

○アイマスSSが出来るまで、またはニコマスとの違い


 それでは「アイドルマスターSS」がどうやって出来ていったのか。その書かれるまでの過程を追っていきましょう。

 まず「二次創作SS」という大きな括りで見ると、それが書かれるようになったのが2006年後半のお話。そこから色々な二次創作タイトル、たとえば「らき☆すた」「涼宮ハルヒの憂鬱」「コードギアス」等のSSが書かれていくのですが、アイドルマスターがSSとして本格的に書かれることになるのは大分先で、2011年の後半になります。Youtube板で2007年から動いていたニコマスとはずいぶん開きがありますよね。この違いの理由は上記した作品の共通項を見て頂くとわかるのですが、二次創作SSというものは「アニメが放送される」「2chで大きく話題になること」ということが、書かれる最初のワンステップになるためです。つまりVIPの住人にそのコンテンツが広く知られる事が重要なことでした。人が多くないとコンテンツで「遊べない」からであり、この頃のSSというものは「物語」よりもスレ内の「遊び」を重視していたことが理由に挙げられます。

 2007年~2010年におけるアイマスの創作の大きなムーヴメントはニコニコ動画、ニコマスが中心にあり、Youtubeやギャルゲー、ゲームサロン板等の「あるシチュエーションに対する想像・妄想の数レスの投下」なんかは現在で言うところのSSに近いですが、アイマスを知る人々がいる板にはSSを書くという文化がなかったのでそうはなりませんでした。VIPにはそれが持ち込まれなかったし、彼らがそれを表現する主戦場は2chではなく、文章のみよりもそこに画像・アニメーションを付けて動画で投稿する、それがノベマスであり架空戦記で、ニコニコ動画でした。この「形にする場所と文化的発展」の違いが、アイマスSSの流行が後になる大きな理由です。ノベマスがあるなら、もっと早く流行したっておかしくないものですが、それはアイドルマスターというコンテンツの持つ力を発揮する場所が、ニコニコ動画にあったということですね。二次創作SSの視点から見ると、ニコマスはこういう風に表現することが出来ます。とはいっても、実はSS自体の数は流行とは関係なく意外と書かれており、現在ではログが読みやすい形で残っていないということもあって、ニコマスとは違い当時の状況を知ることが困難なのですが、それだけ愛の深い方が多かったということは付け加えておくべき事柄でしょう。2009年に僕が立てたアイマスSSもどこかにログは残っていると思いますが、それはどうでもいいですね。
 
 さて、SSが書かれるにはVIPで大きく話題にならないといけない、ということは前述しましたが、アイマスにとってこれは皮肉にも、皆さんがよくご存じの「9.18事件」になります。ゲームハード板(というかゲハ板まとめサイト)から飛び火したこの騒動に関するVIPまとめサイトの威力は大きく、これによってVIPのみならず広がったアイドルマスターはその後、みなさんもご存じの通り様々な展開をすることになりますが、それは次回にお話させて頂く事にします。ということで次回は「アイマスSSの黎明期と発展 2011」をお送りします。お楽しみに!(さっすま)


参考リンク:伊織「精一杯、甘やかしてくださいね?」|【SS宝庫】みんなの暇つぶし : SSまとめサイト アイマスSS流行前の2009年のログが残っている希少なまとめ。VIPでアイマスSSを書くという事自体が珍しかったことがレスでよくわかる。まさに「知っている人の遊び場」としてのアイマスSS。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/88-db46363c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。