Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/95-942099d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Pとこの2chSS 第3回 「代表的なアイマス2chSSの紹介」

 早くも連載3回目を迎えました。もう折り返しですけれども、最後までお付き合いの程よろしくお願いします、さっすまです。

 前回までは、具体的にアイマスSSはいったいどんな内容なのか、というのをほとんど紹介してきませんでした。SSという掲示板投稿によって構築する物語文化の発展、そしてその中のアイマスSSにおける独自の発展性、というものについてを前回まで書かせていただきました。ちょっと小難しくて退屈だったかもしれません。

 そんな長々とした説明は前回で終わりです!今回は、実際に書かれた名作・傑作アイマスSSを紹介します。今やアイマスSSは2000作以上はあり、さらに日々書かれ続けていますので、なにから読んでみればいいのか見当もつかない、という話をよく耳にします。ということで、今回は定番中の定番、最もド安定な有名作品をご紹介。ここから読むと、すこしはSSの楽しさがわかるかも?というものを集めました。なお、時系列的にはアイマスSSのほとんどがアニマス準拠となっています。それでは早速行ってみましょう!


お前らには○○が足りない!シリーズ


 SSのPの壊れ方として、最も王道を行き、かつそれぞれネタもしっかり面白いコメディ系の中でも読み易い、はじめてのアイマスSSにもってこいな一作。アイマスSSっていうのはこういうのなのか、というのが読むと理解できます。シリーズ化しているので、SSの読み方に慣れることが出来るのもいいですね。オススメです。Say HO!


P「今日真美と亜美の誕生日なんだよ」冬馬「へぇ」


 SSでは名作が生まれると、そのインパクトの強い部分をフィーチャーしてP名のような「○○の人」という呼ばれ方をすることがあります。この人もその一人で、961勢と765Pのコメディの傑作を何本も書いた、通称「P.Kジュピターの人」。単純に面白い。こういうのもありなのか!というのも、SSの醍醐味です。


小鳥「バック・トゥ・ザ・ピヨちゃん」


 SSにも当然ながら、何かと掛け合わせたコラボ作品と言うのが存在します。そのひとつがこちら。この作品は一度投稿された後、本人が書きなおした再投稿版です。元のSSもすごく面白いんですが、こちらはよりグッとくる展開が待っていて素晴らしいです。コラボではほかに、同じ人が書いた「ジャイアントキリング(未完)」、面白い所では「内村プロデュース」との掛け合わせなどもあり、そちらも傑作です。


P「風俗嬢に恋をした……」


 オリジナルキャラが出る、というのは賛否両論ですが、こちらはそんな事とは関係なく非常に完成度の高いSS。SSならではのPの描き方も注目ですが、物語として最後まで楽しませてくれます。オリジナルが入ったことでさらに発展した世界のアイマスSSも、一度お楽しみください。


春香「765プロが倒産してもう1年かぁ……」


 正直、これを紹介するかどうか迷いましたが、やはりアイマスSSの超大作としてのこの倒産シリーズは外せません。最後まですべてにおいて素晴らしい。かなりキツい展開が続いて結構つらくなってくるんですが、読み終えた後の高揚感はたまらないです。これが、最高峰に位置する傑作のアイマスSSです。


 以上5本(+α)、今回のおすすめとして上げさせていただきました。この他にもたくさんの魅力あるSSはありますけれど、キリがないのでここまでです。なお、アイマスSSの華のひとつに、アイドル別のSSも当然入ってくるわけですけれども、そちらに関しては長くなりますので、後日キャラ別SSは拙ブログ『3LDS』にてまとめさせて頂きます。その際にはお知らせしたいと思いますので、今しばらくお待ちください。

アイマスSSキャラクター別おすすめ特選 3LDS -Love,Like,Life!! Diary@SmiLey!-

 さて、今回で一通りのアイマスSSについてのお話をしてしまいました。読者の皆様には1ミリでもアイマスSSの面白さ、楽しさが伝わっていれば幸いです。次回が最終回となりますが、今回まであえてやらなかった、いまやアイマスの話をするときに議題に上げない訳にはいかないくらいにまでなった「モゲマス」、「アイドルマスター シンデレラガールズ」のSSのお話をします。モゲマスSSは、アイマスSSとはまた違った楽しみ方が出来るものになっておりますので、その魅力をまるっと解説出来たらと思います。それでは次回、お楽しみに。(さっすま)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/95-942099d2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。