Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/98-1781b922

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

井川式 第06回 「井川式・コミックマーケット」

当コラムをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか? 井川KPです。

今週は予告の予定を変更いたしまして、コミックマーケット(以下コミケ)についてコラムをつづっていきます。

何故かというと、「第07回に向けてコミケの話題を書いた結果、掲載予定日が既にコミケの終わってる時だったから」という、私の凡ミスです。(笑)


このコラムが掲載される頃は、我々の界隈ではコミケのことが話の中心になっていると思います。(これを書いてるのは7月半ばです)

今年の夏は暑さが気になる所で、熱中症でぶっ倒れる人が多発してしまうんじゃないでしょうかねえ……? 参加される方は万全の準備(多量の水分・塩分・着替え・タオル等)をしておくのが良いと思います。

と言うわけで、今回はコミケについてコラムをつづって行こうと思います。



私もコミケは大好きでして、初めて参加したのは08年の夏コミでした。初めての東京へのひとり旅で、楽しみと期待と不安が入り交じっていましたね。

当時は大学生だったので、ある程度まとまった時間が確保出来る身分でした。だからこそ、兵庫県の赤穂市(岡山の県境くらいにある田舎)から遠征して上京するのを頻繁にやってたんだと思います。

ただ、東京行くのはその時が2度目だったものの、コミケ自体は初参加だったので、会場への行き方から用意しておけば良い物など、まったく判らなかったワケなんですよ(笑)


幸いにも、中学の同級生に当時から現在まで同人活動をしている友人がいまして、その彼に電話をしたんですよ。


「どうやって会場行けばええんや?」
「東京駅からなら京葉線やな。そこから新木場って駅で乗り換えて、展示場の駅で降りろや」


とまぁ、こんなのインターネットでアクセス方法調べれば一発なんでしょうが、慌て者な私は、人に直接聞かないと安心出来なかったんです。友人も最初は「ググレカス」って言ってました(笑)

なお、この友人にサークルで製作したオ××ールを同級生のよしみだから買ってくれと言われて、渋々1,000円支払って購入する羽目になったのはこのコミケ話から1年後のことです。


その頃の私は、夜バスで東京に行くという発想がありませんでした。と言うより、新幹線に乗るのが好きだったので、姫路駅から東京まで新幹線に乗って行くという交通ルートを選んでいました。今思うと、ただただお金がかかるだけです。(笑)

私はアイマスの同人誌が目当てでコミケに参加したワケなのですが、流石にぶっつけ本番で当日に臨むのは厳しいだろうと思い、コミケ2日目に現地へ赴き、その場の雰囲気を身体におぼえさせようと思った次第でした。

さて、播州赤穂駅からの始発で行くと、東京駅には10時半頃に到着します。そこからビッグサイト(国際展示場)まで行くのに30分ほどかかりますので、私が初めて聖地に降り立ったのはお昼が近くなった11時過ぎ頃でした。


「……なんじゃこの人の数!?」


開門は10時からなので、多少、人ははけていたのですが、それでも先の見えない行列がずら~っと並んでいたのをおぼえています。これ、いつになったら入れるんだろう……と、まだ19歳だった私は不安をおぼえていました。

もっとも、コミケ2日目でしたし、そこそこ時間が経過していたのもあって、30分くらいでビッグサイトの中に入ることが出来ました。その時は、気分がウキウキしていましたねえ。

人込みの規模や行列の流れの早さ、その場の気温や暑さ、移動にどれくらいかかるかをある程度そこで学習しました。お陰で翌日のアイマスサークル巡りは滞りなく出来たのは言うまでもありません(笑)

その日は先述していた、同級生の友人もサークルで売り子をしていると聞いたので、そこへも向かいました。西館の東方ジャンルのサークルで、コスプレしていたのを憶えています。
無事に友人に会うことも出来て、サークルの人とも挨拶を交わして、多少の話もして「明日頑張れよw」と、ねぎらいの言葉も頂いたの覚えています。

今思うと、この初参加した時のコミケが一番楽しかったですねえ……。



コミケ参加で学んだのは、やはり体力勝負であるということが一番に言えますね。

近場のホテルを予約していたワケでもなく、私は秋葉原のネカフェで泊まってたんですが、コミケ3日目は始発で会場まで行きました。大量の人の数に圧倒されつつも、開門から十数分で中に入れたので、自分の中では合格点でした。

この初参加のコミケで、私は80,000円くらい使ったような気がします。表紙買いをしたのもそうなんですが、コミケの雰囲気に飲まれてついつい買う楽しさを知ってしまったんです。

今となってはコミケの授業料という意味も含め、楽しい時間を過ごした良い思い出となりましたけどね。それでも使いすぎには注意しましょう。(笑)



もしこれから参加したい(ある程度本気で)とお思いの方がおられましたら、早起きして、水分補給出来るものと、タオルと着替えは絶対に持参して、ある程度まとまったお金を用意しておき、(500円玉が好ましいです)戦利品を入れるリュック等を用意してください。

これだけあれば、初参加でもなんとか戦えると思います。


しかしあれですね。こう書いていると、また私も行きたくなってきました……。(笑)


それでは第06回は終了です。次回は今度こそ『井川式・ニコマス、ノベマス架空戦記での配役』について書きます。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://aup1109.blog.fc2.com/tb.php/98-1781b922

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

『ニコマスとP』編集部

Author:『ニコマスとP』編集部
ニコマスをもっと楽しんでもらうためのブログ。編集部メンバーは次の12名です。
・アゥP
・ハバネロP
・朗読P
・キリキ
・keyfard
・ミントガムP
・メイド好きLP
・黒魔導P
・ムニエル
・じたP
・黄緑野郎

Twitter

検索フォーム

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。